味園博之のブログ-文武両道「空手道と南洲翁遺訓」他古典から学ぼう

平成の今蘇る、現代版薩摩の郷中教育 
文武両道 「空手道」と『南洲翁遺訓』を紹介するブログ

春秋の大義は数十なり。

2018-01-12 10:41:11 | ブログ
第3299号 30.01.12(金)

春秋の大義は数十なり。其の義大なりと雖も、炳として日星(じっせい)の如く、乃(すなわ)ち見易し。惟其の微辞隠義(びじいんぎ)、時措の宜しきに従ふ者は、知り難しと為す。或は抑へ或は縦(はな)ち、或は與え或は奪ひ、或は進め或は退け、或は微かにし或は顕はにす。而うして義理の安き、文質の中なる、寛猛(かんもう)の宜しき、是非の公なるを得たるは、乃ち事を制する権衡(けんこう)にして、道を揆(はか)る模範なり。『近思録』216

 春秋に述べられた大きい道は数十ある。その道は重大だが、日や星のように輝いているので見やすい。ただ湾曲な言いまわしや隠された道、よろしきに従ったそのときどきの措置、それらは分かりにくい。抑えたり自由にさせたり、与えたり奪ったり、進めたり退けたり、微かにしたりはっきりさせたりして、道理の安らかさ、文蝕と質樸の調和、ゆるやかさと激しさの適正、是非の判断の公平さが得られているのは、事を定める際の計器であり、道を計る際の鋳型である。

 【コメント】大変高度な論理ですが、文蝕にも質樸にも片寄らず、全体の調和がとれるように配慮すれば物事はより円満に行くと思われます。

 論語雍也篇に「子曰く、質、文に勝てば則ち野なり。文、質に勝てば則ち史なり。文質彬彬、然る後に君子なり。」とあり、まじりあって調和・平均するさまの良さを言っていると思います。

 昨夜は今年初めての空手道教室でした。南国では大変寒く冷たい風が吹き、凍えました。寒いと言えば荘内の先生方からは笑われるかも知れませんが、本当に寒い一日でした。

 それでも子供たちは一同に会して空手道と『南洲翁遺訓』の勉強に挑んでくれました。私は午後4時過ぎには道場に入り、『書経』と『近思録』を拝読しました。

 特に『近思語』の中身に吸い込まれて行きました。今までも何回が読んできたのですが、これほど素晴らしいものであったかと感嘆の念を禁じ得ませんでした。

 道場の子供たちにも将来漢籍を読んでくださいと案内しました。終盤には佳那子様を中心として大声で『南洲翁遺訓』を発表してくれました。

---------------
『不動心』(第17回)

 人生の墓は閉じたとして、今からどう生きるか
 
 今日で私は死んでしまい、人生の物語も幕を閉じた、というふうに思いたまえ。そして今からの時間は特別に与えられたのだと考えて、自然と調和しながら生きてゆきたまえ。

----------------
「日本の婦道」---第17回

 そして巧みな会話や流行の服装が「覚めたる婦人」に対する勢力も亦著しい。神秘家の言葉をかりると、さういう婦人はコヂテーション(假見)に止まって、内観中観も無い。ゆえに到底真の人格価値を悟ることが出来ないのである。真の人格価値はやはり至純なる内生に待たねばならぬ。純真な女性であって、始めて大丈夫(ますらお)を恋するであろう。男の意気の分らぬ女にまことの恋のあろう筈は無い。
----------------
コメント
この記事をはてなブックマークに追加