味園博之のブログ-文武両道「空手道と南洲翁遺訓」他古典から学ぼう

平成の今蘇る、現代版薩摩の郷中教育 
文武両道 「空手道」と『南洲翁遺訓』を紹介するブログ

凡そ語・孟を看るに、且く須らく熟玩味すべし。

2018-01-02 09:55:06 | ブログ
第3290号 30.01.02(火)

凡そ語・孟を看(み)るに、且(しばら)く須らく熟(つらつら)玩味(がんみ)すべし。聖人の言語を将(もっ)て己に切ならしめよ。只一場(いちじょう)の話と作(な)して説く可からず。人只此の二書を看得て己に切ならしめば、身を終ふるまで儘(きは)めて多からん。『近思録』190

 凡そ論語・孟子を読む際には、よくよく玩味することが、まず必要だ。聖人の教えを自分の問題として見よ。その場の話とだけ考えてはならぬ。この二部の書を自分のことがらとして読むならば、ためになることが生涯ははなはだ多いであろう。190  

 【コメント】この解説にある通り、論語・孟子を読むだけで、生涯において大変役立つとしてありますが、まさしく仰せのとおりだと思います。

 私の空手道教室に學ぶ子供たちは『南洲翁遺訓』を覚え、そして漢籍の言葉を頭に身体に叩き込むのです。漢籍はすぐにはわかりませんが、長年学び続けていれば、人間を創る上においても、そして長生きにも資すること間違いないものと確信いたします。

 先程、ガソリンスタンドなどで、金銭収納箱をこじあげて金銭を盗む窃盗犯の追跡劇がテレビ報道されました。こういう事件に手を染める人は性の問題もあるとは思いますが、二度とない人生清く正しく生きようとお思いにならないのでしょうか。

 折角の人生を自ら汚し、そして刑務所暮らしをするために生まれてきたのでしょうか。大変悲しい事だと思います。

 年賀状を早々と賜りました藤本先生、お元気なのですね。元気な様子を承り大変うれしく存じました。

----------------
『不動心』(第153回)

 危機に立ち向かう気概
 「アテナイ人諸君、ことの真相はこうなのだ。
 人がいったん自分の居場所を決めたら、そこが最善と思えたにしろ、単に命令に従っただけにしろ、その場所に踏みとどまって危険にたち向かうべきである。そして死ぬことより何より、まず不名誉ということを考えてみる必要があるのだ」

 上に書いた窃盗を繰り返す人間たちに、こういう文言を読んで貰いたいものです。
----------------


 
コメント