goo

足利フラワーパーク

バラの花満開 のパーク

5月9日 PCクラブ主催春のイベント バスハイクに参加しました。
今年は 何もかも一気に花開いた。やはり足利の藤の花も同様でしたね。
次に進んだ季節のバラの花が真っ盛り。
前日からの残り雨で 花びらに 露 が光っていた。

        昨年の満開の藤の花 夜のライトアップ

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

2018年 春から初夏 にかけて

春から初夏に歩く

今年の天候には例年になく振り回され 心と体が追い付かない。
季節外れに 急に暑く 又 急に寒く  晴れたり 曇ったり 雨がと不安定な陽気。
桜の開花 桜花爛漫と共に 忽ち百花繚乱となりました。
思わず出会ったり あ~遅かったりとその時々 出会った景色 をUPします。

ネモフィラの咲く常陸海浜公園で


 

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

春の訪れ

春の景色

寒い寒いと唄っていたら 一気に春がやってきました。
天気予報では 日本中さくら開花報道。
残念ながら長野県は置いてけぼり。
早くも みどり湖に水芭蕉が、そして 山梨県実相寺の神代桜を。
春爛漫の景色が広がっていました。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

平成30年 名残の冬

30年の冬の景色

今年は 格別に寒い寒い冬でした。
炬燵にしがみつき、オリンピック観戦の日々でした。
そんな折たまに誘われ、出かけて撮りだめた冬の写真です。

 

 

 

 

 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

2017年 新年の風景

寒中お見舞い申しげます

新年早々には暖冬かしら? と思いきや,小寒 大寒 になるや 
寒波に見舞われて、氷点下10度近い厳しい寒さの日々。
諏訪湖の 御神渡り 確認も期待できそうでしょうか。

河口湖周辺の  どんど焼き祭りの飾り物  を観に出かけました。富士山は拝めず。

又後日 雪の松本城へ。明日から 氷彫フェスティバルとかで賑わっていました。

 

 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

11月に 雪の朝?!

突然冬がやって来ました!

ゆ~ったりと小春日和の日々を気分良く過ごしておりました。
目覚めて突然の 大雪 に震えあがる程、真冬並みの寒い一日でし。

秋の景色を 何もアップしないで 冬? 大変です。
ごく最近の 秋最後の撮影 銀杏林の シーンを 急きょアップすることに。


朝 雪を被ったパンジー

 

 

 


 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

秋 東北 の旅

9月 半ば 東北3県へ2泊3日の旅をしました。

 山形県ーー宝珠山立石寺(山寺)、銀山温泉 泊   
 宮城県ーー ニッカウィスキー工場、正宗山 瑞鳳寺、五色沼(毘沙門沼) 会津若松 泊
 福島県ーー 会津飯盛山。大内宿

              銀 山寺(立石寺)・・・参道は鬱蒼とした急な石段が1千段以上続く。
               銀山温泉・・・大正ロマンの趣き漂う三峡の温泉。 
               政宗山。瑞鳳寺・・・伊達政宗公が眠る。
              大内宿・・・茅葺き屋根の民家が連なり 長閑な山里風景です。

               台風上陸 長雨の続いた9月でしたがこの3日間は好天気で幸いでした。                                 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

夏の風物 その2

全国新作花火大会

諏訪湖畔で約30万人の人出の賑わいの中
新作花火競技大会 が開かれた。

締めくくりにふさわしく 1万8000発の大輪の花火が夜空を彩りました。
度重なる台風到来の合間をぬって、
最終日にふさわしい締めくくりとなりました。



湖面に映る

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

夏 の 風物

岡谷市 灯籠流しと 花火
    諏訪の夜景  稲妻 

暑さに参りそうな日々 でしたが そろそろ夏も終盤。
秋を呼ぶマツムシが 奏ではじめました。
駆け込み夏の景色。 サラリと単発花火 と
やっと捉えた 今年の 稲妻 です。

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

夏 です

梅雨の行方は??  いつの間に  本番。

6月末 梅雨のさ中に、ほたる祭りに行きました。
良く跳んでいましたが、どうにか撮れた一枚です。

7月、古くから伝わる 塩尻市 阿礼神社例大祭 を観に行きました。
市内の 7町内から 豪壮な山車が繰りだします。
塩嶺峠の向こうにこんなお祭りが あったなんて・・・感動しました。

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ