鹿児島市の司法書士喜山修三のブログ

相続や売買の不動産登記,会社設立や役員変更,債務整理,成年後見等を業とする司法書士事務所の所長の法律や日々の雑感を掲載。

父の日にカルピス

2016年06月19日 | Weblog

 父の日の今日,鹿児島で有名な焼き肉のチエーン店行ったら,紙パックのカルピスをくれた。
 そう言えば母の日には,一輪の赤いカーネーションだった。
 父の日,カルピス,エッ,牛の乳で「父の日」だろうか?
 昨日のテレビで,関係者がカルピスの製造方法を「ぶっちゃけ」ていましたっけ。

コメント

雨靴

2016年06月14日 | Weblog

 昨日と違って今日は,青空の広がる良い天気である。東京都知事の桝添さんは,天気が良いの悪いのと言っている余裕はないだろうなぁ。
 でも折角苦労して都知事になったのに,どうしてあんなせこいことをしたのだろう。報酬も十分あるにも拘わらず。おまけに前の都知事も猪瀬知事もお金で失敗してるというのに。金の使い方に関しては,学歴は関係ない。
 昨日雨の中を傘を差しながら散歩をしていたら,雨靴を履いて通勤している女性を見かけた。考えてみたら,もう何十年も雨靴を履いていない。小学校のときが最後だったかなぁ,と思ったが,社会人になって,土地測量の助手でかり出されたときに履いたことを思い出した。そのときは,水溜まり対策と蛇対策だったような気がする。
 たまには雨傘を差して,雨靴を履いてみたいと思うのだが,雨靴を入れとく靴箱がない。ということは,よほどのことがない限り雨靴を履く機会はない,ということか。

コメント

 爽快な総会

2016年06月06日 | Weblog

総会続きである

  5月28日は朝から「鹿児島県司法書士会」,翌29日の午前中は,「公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート」「鹿児島県司法書士会政治連盟」。
 6月4日の午後1時から「九州ブロック司法書士協議会」,翌日の午前中は「相続協議会のシンポジュウム」と続いた。

 総会には,一般会員として参加したものと執行部側として参加したものがある。執行部側として参加する総会の場合は,数ヶ月前から準備をして迎えるので,時間的あるいは精神的な負担から考えると,一般会員として参加する方が圧倒的に楽である。
 桜満開の咲く土曜日に,十数人の役員が集まり,文章の一文一文あるいは一語一語について意見を出し合う作業は,決して楽ではない。しかし,「あーその言葉は,その表現は,そういうことだったのか」と新たな発見があるので,別の楽しみもある。
 私の場合,総会のための文章を書くことはないが,その役目を担った役員は,一人事務所に籠もって,文章を書かなければならないのである。その熱意には,本当に頭が下がります。

 昨日でほとんどの総会が終わったので,後は研鑽を重ね,日常の業務に精進するだけです。ん~~ん,なんだか答弁みたいになってますねー

コメント