鹿児島市の司法書士喜山修三のブログ

相続や売買の不動産登記,会社設立や役員変更,債務整理,成年後見等を業とする司法書士事務所の所長の法律や日々の雑感を掲載。

セミ

2013年08月15日 | Weblog

 

お盆です。クーラーの効いた部屋から外に出ると,白い素肌と残り毛の少ない頭頂部に太陽の光が差し込んで,まるでオーブンに入れられた鳥ようです。
 鳥は,こうやってオーブンに入れられてじりじりと焼かれるのかなぁ,と想像すると鳥に産まれて来なくて良かったとしみじみ思います。 

 女房が時々「私も金持ちの家に産まれればば良かった」というので「バカ。ムカデやヘビに産まれなくて良かったと思いなさい」と諭すのですが,今度からは「直ぐに丸焼きにされたり,竹串で刺される,鳥でなくて良かったと思いなさい」と言うことにしましょう。

 さて,道を歩いていると,けたたましい声で泣いているセミの声がします。せみは体力があります。それに,セミにはお盆休みがありません。

 セミは求愛のために鳴くと言います。長い土の中の生活から解放されて(成長して),やっと地上に出ることができたのだから(それも約1月という期間限定付き),あれだけ必死に鳴いて彼女を捜すのでしょう。

 人間の場合は,間限定とは言えセミの何百倍も余裕があるから,ついつい高齢になるんでしょうね。私自身がその最たる者でまだまだ子育ての真っ最中です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「ほっ」とする習慣。人に道... | トップ | お盆の夜に息子と散歩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事