尺八工房まつもと 松本浩和

★ 尺八を制作・演奏しております松本浩和の活動情報 ★

★ 玉松会という団体で保育園の訪問演奏もしています ★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1月の堺出張日

2010年01月31日 | 大阪堺の出張所
暦を繙いてみますと、今は旧暦で師走に入ったところです。
明日から大寒で「寒さは厳しいが、陽射しは強まり、春の足音を感じる頃」とのこと。
確かにそんな感じですね。

皆様お住まいの地域では如何でしょうか。
こちらではこのところ寒いものの昼間の陽射しは暖かく、良い気候が続いております。

ーーーーー+ーーーーー+ーーーーー+ーーーーー+ーーーーー

先日1月17日は「阪神・淡路大震災」15周年の日でした。
当時私は京都に住んでおりました。
古い町家に下宿しておりましたが、幸いたいした被害は有りませんでした。
大学が試験日で念のため登校しましたが、試験は中止、その後続々と増えていく被害状況が伝わってくるに、愕然としておりました。

ーーーーー+ーーーーー+ーーーーー+ーーーーー+ーーーーー

さて、昨年12月はお休みになりましたが、今月はまた参ります。

1月30~31日に滞在致します。

稽古日は1月31日(日)

です。

午前から午後にかけて稽古時間です。

稽古(琴古流での三曲および古典本曲、等)致します。
稽古見学も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。


ぜひ松本浩和制作の尺八をご試奏ください。
尺八全般の修理調整を承りますので、無料で診断、見積もり致します。

*場所は堺市堺区五月町、南海高野線「堺東駅」徒歩5分です。

場所等はこちらもご覧下さい。

30日も大阪におりますので、ぜひお声がけください。

+ー+ー+ー++ー+ー+ー++ー+ー+ー++ー+ー+ー++ー+ー+ー+

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三味線演奏会『随之会』ごあんない

2010年01月26日 | 演奏会のご案内
玉松会のたまこが参加している、『随之会』の演奏会をご案内致します。

今回が第1回目の演奏会です。

メンバーは本條秀五郎、浅井太郎、太田その、松本優子(たまこ)の4名です。
普段はそれぞれの分野で活躍している4名ですが、この会でどのような演奏になりますか、私も楽しみです。

浮世節『たぬき』がテーマです。

浮世節とは・・・説明すると長くなりますので、ぜひお越し下さい!!

ゲストは演芸評論家の山本進先生です。
昭和の寄席・演芸界、また今回取り上げられる、西川たつ師のお話も伺えるのかな、と思います。


日時:1月26日、午後6時30分開演
場所:すみだトリフォニーホール、小ホール(JR錦糸町駅より、徒歩3分)

チケットのご予約は当ブログで受け付けております。

皆様のお越しをお待ちしております。


詳しくは下記チラシをご覧ください。


(((((チラシ表面)))))



(((((チラシ裏面)))))
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まもなく『随之会』です!!

2010年01月23日 | 演奏会のご案内
たまこが参加している、三味線演奏家4名のグループ「随之会」第1回演奏会が来週の火曜日(26日)開催されます。

間もなくです!!!

稽古にもいよいよ熱が入っているようです。

おかげさまで多数の方々にお越し頂けると、ご連絡を頂いております。

チケットは当方まで、ご興味のある方は、ぜひぜひご予約ください!!

++++++++++++++++++++++++++++++

番組は

端唄「所変われば」「都々逸(七味唐辛子)」「足りないだらけ」
演芸評論家、山本進先生によるお話「西川たつの芸と人」
寄席囃子
端唄「綱は上意」
俚奏楽「廓の夢」
端唄「二上り角力甚句」「二上り新内」
俗曲「大津絵(両国)」
小唄「神楽囃子」
端唄「あけそめて」
浮世節「たぬき」

以上です。

+++++++++++++++++++++++++++++++

三味線や落語・演芸に興味がある方にはもちろん、皆様にお楽しみ頂けるプログラムになっていると思います。

同じ三味線とはいえバックグランドの異なる4名がどのように競演するのか、私も楽しみです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1月の尺八ミニライブ

2010年01月15日 | 出演情報
新年はじめ、1月の『尺八ミニライブ at Mrs. Santaclaus』
15日、来週の金曜日です。


2時の部は、三味線のたまこにも季節の唄を弾いてもらいます、お楽しみにどうぞ!

今月から、手作りお菓子がサービスになります!!
(わたしが作るわけではありません・・・)



昨年より月に一度、ミニライブを開催しております。
1時間程の演奏とお話です。ドリンクのサービスがございます。
ゆったりとしたひとときをお楽しみ頂けましたらと思っております。

尺八伝承曲(虚無僧曲)をはじめ、おなじみのメロディー、子守唄や創作曲などなど。
また毎回、万葉集から一種選び、その印象を曲にして発表しております。

すべて尺八の独奏です。
尺八演奏 : 松本浩和

*日時:1月15日(金) 午後2時と午後7時の2回公演
(それぞれ15分前開場)    

*場所:Mrs. Santaclaus(千葉県 市川市 市川南1-8-30 セレストビル 5F)
(JR市川駅南口、信号まで出て右手、黄色い看板の《カレーハウスCoCo壱番屋》のあるビル、徒歩1分)

*チケット:1,000- / 3枚組 2,400-(次回以降もご利用頂ける回数券です)

15名程でちょうどの空間です。
お電話、メール、ブログ左欄「メッセージを送る」から、ご予約頂けますとありがたく存じます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋田の子守唄(こぼしこやまの)

2010年01月14日 | YouTube
自分の録音をアップロードしました。
YouTubeに登録して、初アップロード。
アップロードの過程で随分、音も圧縮されるようですね。

工房でボイスレコーディング程度の機器で録音。
macのソフトで編集しました。

明日のミニライブでも演奏する秋田に伝わっている子守唄です。
ミニライブでは毎月、子守唄を取り上げております。


秋田の子守唄(こぼしこやまの)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

月琴・・・小曽根蔵太師

2010年01月10日 | Weblog
読売新聞のサイトから・・・

「月琴・手紙・龍馬との絆…「お龍」の愛用品展」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100110-OYT1T00279.htm

「お龍が約8か月間過ごした長崎の豪商・小曽根家所蔵の桐製月琴(縦約50センチ、幅約30センチ)」
月琴と言う楽器が展示されているのですが、この『小曽根家』というのは尺八名人、小曽根蔵太師と関係ある家なのでしょうか?

ご存知の方がございましたら,ご教示ください。

小曽根乾堂、という方が、勝海舟や坂本龍馬と親交があり、また月琴の奏者でもあったそうです。
「明治4年、明治政府から御璽・国璽の刻印を拝命される」篆刻の大家。
事業家としても活躍したそうです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする