尺八工房まつもと 松本浩和

★ 尺八を制作・演奏しております松本浩和の活動情報 ★

★ 玉松会という団体で保育園の訪問演奏もしています ★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

横網町公園、東京都慰霊堂

2009年03月30日 | 訪問記
私の工房は最寄りの駅、両国駅の南側ですが、北側には大きな建物、施設が多数あります。
江戸時代は幕府の蔵があった地域ですが、現在は、両国国技館、江戸東京博物館、旧安田庭園、NTTドコモの看板が掲げられてあるタワービル、第一ホテル両国、等々があります。
それらよりも更に北側、縦の清澄通りと、横の蔵前橋通りの交差する所に、横網町公園があり、その中に東京都慰霊堂や復興記念館があります。

慰霊堂は築地本願寺の建築でも知られる伊東忠太氏のもの、なかなかの偉容です。
関東大震災後、その遺骨を納めるために昭和5年に建てられ、その後東京大空襲の殉難者の遺骨もあわせて納められる様になったとの事です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/横網町公園
http://ja.wikipedia.org/wiki/東京都慰霊堂

3月10日は昭和20年、東京大空襲があった日です。
一夜にして10万人もの人々が亡くなり、多くの家屋財宝が失われました。

工房がある辺りもまさに火の海の現場です。

公園自体もですが、特に慰霊堂は慰霊施設特有の冷気(霊気)があり、なかなか近づきがたいものがありますが、堂内にお参りし、お線香を上げさせて頂きました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1尺3寸管

2009年03月20日 | 尺八
新管ではありませんが、画像を載せます。

長さは1尺3寸(実寸はもう少し長い)と短いですが、太さは普通にあります。
これ位短くなると、どうしても音色が、笛に近くなってしまいますが、これはしっかり尺八の音色がします。
延べ竹です。







根が一つ多いです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジョン・ギロック オルガン・リサイタル

2009年03月18日 | Weblog
++ 奈良の率川地蔵さん下から見るとこのようです ++

ラジオでメシアンのオルガン作品リサイタルの放送を聴きました。
ジョン・ギロックというオルガニストの方の日本公演。
この方はメシアンにも師事し、演奏家として大変信頼されていたそうです。

以下プログラム
+++++++++++
■2009年 3月16日(月)
■午後7:30~午後9:10(100分)
番組情報
ベストオブクラシック -ジョン・ギロック オルガン・リサイタル-
- ジョン・ギロック オルガン・リサイタル -

「聖霊降臨祭のミサ曲」 メシアン作曲
(38分29秒)
「前奏曲」 メシアン作曲
(11分14秒)
「キリストの昇天」 メシアン作曲
(31分05秒)
(オルガン)ジョン・ギロック
~神奈川県・ミューザ川崎シンフォニーホールで収録~
<2008/9/15>
++++++++++++
昨年はメシアン生誕100年という事で、いろいろ特集コンサートがあり、いくつか行きましたが、このようなコンサートがあったとは知りませんでした。

とりわけ「聖霊降臨祭のミサ曲」に面白みを感じました。

以下の5曲から構成されています。
聖霊降臨祭のミサ
I. 入祭唱〔火の舌〕
II. 奉献唱〔見えるものと見えないもの〕
III. 聖別〔智の賜物〕
IV. 聖体拝領唱〔鳥たちと泉〕
V. 閉祭唱〔聖霊の風〕

オルガンの音色ってこんなに複雑なんだ、という事を改めて知らされました。

オリヴィエ・メシアン

思えば私自身が取っ付きにくかったメシアン作品へ、すんなり入って行ける様になったのは、メシアン自身のオルガン演奏による録音「キリストの昇天 L'Ascension」がきっかけでした。

キリストの昇天
全4楽章からなり、演奏時間は約32分。
第1楽章 自らの栄光を父なる神に求めるキリストの威厳 ホ長調
第2楽章 天国を希求する魂の清らかなアレルヤ ヘ長調
第3楽章 トランペットとシンバルによるアレルヤ イ長調
第4楽章 父のみもとへ帰るキリストの祈り ト長調

それぞれ取っ付きにくそうなタイトルですが、とても幻想的、瞑想的で聴きやすいです。
晩年のシューマンに近いものも感じます。

直感的に思い、また語弊があるかもしれませんが、メシアンの音楽はチャクラに関連が深い様に思います。


以下のサイトにメシアンとオルガンのとお話があります。

http://www.messiaen100.jp/profile_organ.html

それにしても、こんな有用なサイトがあるとはこれまた知りませんでした。

以下トップページへのリンク。
作曲家 オリヴィエ・メシアン 生誕100年
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4月、東京稽古日

2009年03月17日 | 東京墨田区千歳(両国)の尺八工房・稽古場
+++ フリージアの一種、スノーフレーク +++

今日(3月17日)はとても暖かく、穏やかな一日でした。
工房は暖房を点けなくても20℃程ありました。
桜のつぼみも随分と膨らんできました。

4月の東京稽古日は
・・・3月30日(月)夜
・・・4月20日(月)夜
です。

実際の稽古風景をぜひご覧下さい。
松本浩和制作の尺八の試奏や他管の修理・調整のご相談も随時承りますので、お気軽にお問い合わせどうぞ。

*場所はJR両国駅もしくは地下鉄森下駅徒歩7分です。

詳しくは 工房・稽古場のご案内 もご覧下さい。


ところで、工房のごく近くにありました劇場、ベニサンピットが解体されました。
いつも面白そうな公演が掛かっており、演劇の世界では欠かすことの出来ない劇場だった様に思いますが、「諸般の事情により閉館」との事。

以下ベニサンのサイトより転載
++++++++++++++
<お知らせ>
染め屋である紅三が、1983年にベニサン・スタジオを開設し、1985年にはベニサン・ピットを多くの皆様のお力添えによりスタートし、25年の間ご愛顧をいただいておりしたが、諸般の事情により平成21年1月25日をもちまして閉館とさせていただきました。皆様方には、長い間ご愛顧を賜り、また、多くのご支援をいただきましたこと改めて感謝申し上げます。
2009年1月25日
++++++++++++++

かなり大きな更地が出来ますが、跡地には何が出来るのでしょうか。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4月の堺出張日

2009年03月15日 | 大阪堺の出張所
 ++ ふきのとう(蕗の薹)も大きくなりました ++

全国的に春の嵐で大変な強風だった昨日とは打って変わって、今日(3月15日)は晴天、暖かく穏やかです。

さて、まだ一ヶ月以上先になりますが、4月の堺出張日は26日(日曜日)とその前後を予定しております。

ぜひ松本浩和制作の尺八をご試奏ください。
また尺八全般の修理調整を承りますので、無料で診断、見積もり致します。
稽古(琴古流での三曲および古典本曲、等)も致します。

*場所は堺市堺区五月町、南海高野線「堺東駅」徒歩5分です。

場所等はこちらもご覧下さい。

また関西圏で出張も可能な場合がありますので、お気軽にお問い合わせください。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中野欽二郎「暮らしの器展」

2009年03月13日 | Weblog
過去記事でもご案内した事があります、知人の陶芸家、中野欽二郎さんから展覧会のご案内を頂きました。

「暮らしの器展」、欽二郎さんの人柄、作陶を思わされるタイトルです。

今日から週末の三日間、3月13日から15日、午前10時から午後6時まで(最終日はお昼12時まで)奈良市大倭町の大倭紫陽花邑、大倭会館での開催です。
場所は地図もご覧下さい。

奈良市近辺の方はぜひお運びください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

桜さくらサクラ・2009 ーさよなら、千鳥ヶ淵ー

2009年03月12日 | 美・博物館
縁付く、という事が時々有ります。
年に一回行くかどうか、という所なのに、続けて何度も訪れる、という事が有ります。

先日久しぶりに山種美術館に訪れたという記事を書きましたが、所用で近くまで行った事もあり、もう一度行きました。
「桜さくらサクラ・2009 ーさよなら、千鳥ヶ淵ー」という桜の名所、千鳥ヶ淵に引っ越ししてから恒例になっている展覧会です。

山種所蔵の桜を描いた名作が並べられてありましたが、私は常より好みの小林古径翁の作品が特に気に入りました。
三作品が展示されておりましたが、大作「弥勒」には特に感じ入ります。
奈良は室生、大野の磨崖仏を描いた作品ですが、私も室生を訪れたおりに実際に見た事が有りますが、風化もあり、なかなかはっきりとは伺えなかった様に思います。
「弥勒」ではなかなか見えない磨崖仏の弥勒菩薩が線描でよみがえっております。

また前記事でも取り上げた、吉川霊華さんの「春光」という作品が掛かっておりました。
何ともいいにくい作品ですが、微妙な雰囲気がありました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

奈良へ

2009年03月11日 | 訪問記
先日(3月7日)所用があり、奈良に参りました。
東京駅からJR奈良駅、夜行バスで早朝に着きました。
時間がありましたので、久しぶりに奈良を散策しました。

写真は猿沢池のほとり、流れの中にある「率川(いさがわ)地蔵」さんです。
石橋の上からお参りする様になっておりますが、とても気持ちのよい所で、この辺りに行った時はよく訪れます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3月、堺出張日

2009年03月08日 | 大阪堺の出張所
++ ぼけが咲き揃ってきました ++

冷たい雨が降ったり止んだりしておりますが、皆様お変わりございませんでしょうか。
(2月24日記)
3月も堺に参ります。

3月8日(日)のみですが、堺に滞在致します。
12時から20時におります。
よろしければ個別に時間を設定致しますのでお気軽にご連絡ください。

松本浩和制作の尺八をご試奏頂けます。
また尺八全般の修理調整を承りますので、無料で診断、見積もり致します。
稽古(琴古流での三曲および古典本曲、等)のご相談等、お気軽にお問い合わせください。

*場所は堺市堺区五月町、南海高野線「堺東駅」徒歩5分です。

詳しくはメール、もしくは電話でお問い合わせください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

茶の湯から人形

2009年03月06日 | Weblog
先日NHK教育テレビで「茶の湯 裏千家 点前を楽しむ」を見ていましたら、「辻村寿三郎 人形が教えてくれた」が始まり、丁度第一回目でした。
寿三郎さんの満州での生まれから、終戦前に養母の郷、広島は三次市(みよしし)へ行き、そこで前進座と出会う。
河原崎国太郎丈を見たお母さんの「あの人は名優だよ」との言葉を胸に東京へ。
そのまま丈の所へ転がり込む、という所まででした。

どちらの番組もあと三回有ります。
テレビは普段は仕舞い込んでいて、たまにしか見ないのですが、これは二つの番組が一気に楽しめる良い時間です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中継ぎの補修

2009年03月04日 | 尺八の修理、メンテナンス
尺八で最も多く修繕が必要な所がこの中継ぎです。

中継ぎにつきましては【尺八の中継ぎ】をご覧下さい。

修理法と致しましては、基本的に漆を塗り重ねるのですが、ほぞ上下が出来るだけ一部分だけでは無く、全体で接する様に、何度も擦り合わせを致します。
それによって補修してもまたすぐに緩くなる、という事を防ぎます。
また使う黒漆(黒呂色)も特に良質のものを使用しております。

完全にスカスカ状態でも漆の塗り重ねによって、問題なくきっちり接合出来る様になります。

古い尺八ですと稀にほぞ竹が下管から外れて上管にくっついてしまう、という事も有ります。
(中継ぎは明治以降本格的になり、また主流に成りましたが、江戸期の中継ぎ管は今とは逆に上管にほぞが付いていたようです。)
このような状態でも、再びほぞを下管に接着する事で問題なく修理出来ます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする