尺八工房まつもと 松本浩和

★ 尺八を制作・演奏しております松本浩和の活動情報 ★

★ 玉松会という団体で保育園の訪問演奏もしています ★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

甲ロの吹き方

2016年05月15日 | 尺八入門教室
あまり投稿出来ていませんが、、、堺でも毎月稽古しております。
本日(2016/05/15)も稽古日でした。

【甲のロの吹き方・甲ロの4孔のかざし】

初心者の方で、ロの甲と呂(乙)を吹き分け、安定させるのは難しいものです。

人によって違いますが・・・
呂で吹きたいのに、どうしても甲になってしまう。
その逆も然り。

しかし、甲を吹きたい場合は、確実に吹ける(甲に出来る)方法があります。
吹き慣れている方ならどなたでもする方法かと思いますが・・・

《甲ロの4孔かざし》

「4孔を少しかざす」と、それまで呂だったロも、自動的に甲になります。
4孔をかざして吹けば自動的に甲になりますので、
甲ロが苦手な方は、この方法でしばらく吹き込んで、
甲ロの息の入れ方をつかんでいけば良いでしょう。

「甲ロの4孔かざし」は、初心者の慣らしに良いのですが、
慣れた方でも、かざす方法と閉める方法、両方使い分けるのが、一般的かと思います。

私自身は、4孔を閉めて、しっかり管に息を満たすのが好みですが、
もちろん、かざすこともあります。

かざす・閉める、それぞれ音色が違いますので、
双方を試してみてくださいね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 16年、2月、堺稽古日 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

尺八入門教室」カテゴリの最新記事