ひろこの山旅

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

会の山行   西御殿岩~唐松尾山~笠取山

2017-05-30 02:23:22 | ブログ

平成29年6月3日(土) 快晴     計 3 名

谷保駅19:40=道の駅たばやま21:50/4:33=中島川口・駐車5:15/21→将監峠登山口5:45

→七ツ石尾根分岐6:16→四差路7:21→牛王院北7:35→山ノ神土7:46→西御殿岩・分岐8:20

→西御殿岩8:45/57→西御殿岩・分岐9:12→唐松尾山9:41/50→2024m黒エンジュ山11:01

→笠取山・分岐11:32→展望地・笠取山の肩11:42→笠取山・山頂11:52→昼食12:04/30→

水干分岐12:43→水干12:53→中島川口・分岐13:02→シラベ尾根・道標13:17→黒エンジュ道標

13:32→休憩14:00/10→馬止14:21→中島川口・駐車14:33/50=谷保駅18:02

地形図 雁坂峠 柳沢峠   行動時間 9 時間 1 5 分

                                         下山路 に  黒エンジュ尾根 を 

       予定の 日曜日に  雨マークが 付き    一日  前 倒 しで  実行

 

                                    中島川口・駐車地

   一之瀬高原へは  土砂崩れで  通行止め      犬切峠 周りで  入りました

 

                                将監峠 登山口

 

                               七ツ石尾根・分岐

 

                                  牛王院 北

 

                                 山ノ神土 へ

         

                                   山ノ神土

 

                                西御殿岩・分岐 へ

 

                                  西御殿岩・分岐

  この道標 見落としがちと  ありましたが  はっきり  分かりました

         

                               西御殿岩 へ

 

                                  西御殿岩 へ

                                                      シャクナゲ の   お 出 迎 え

 

                                      西御殿岩 へ の  登 り

                     厳しそうに   見えますが    大丈夫 

 

                                      大展望 の 西御殿岩

    

                                    唐松尾山 へ

 

                             唐松尾山・山頂

 

                                      2 0 2 4 m  黒エンジュ山 へ

         

                           予想 に  反して  安心 の   心 和 む   登山道 です

    

                                20 2 4 m   黒エンジュ山 へ

 

                           2 0 2 4 m   黒エンジュ山 

      登山道 は  黒エンジュ山 を  巻いて しまいます

        記念 に  北 へ  わずか   直登して   黒エンジュ山・山頂 に  タッチ 

 

                                    笠取山・分岐 へ

 

                               笠取山・分岐

 

                              展望地・笠取山 の 肩 

 

                                     笠取山・山頂

 

                              笠取山 の 稜線 歩き

 

                                  笠取山 の  稜線 歩き

 

                              笠取山 の  稜線 歩き

    

                              振り 返って 笠取山

 

        水干分岐                                            休憩地

         

         水干                                 水神社 の 額縁

                                                  多摩川 の  源頭  なの です

 

                                 中島川口・分岐 

 

                                シラベ尾根・道標

 

                                   源流 の  みち

                                      落ち着いた    静かな   ルート です

    

                                  黒エンジュ道標 

 

                                      休み処

 

                                         馬止め

 

                                     中島川口・駐車地

    シャクナゲ ツツジ にも  出会え  すばらしい  コース でした 

              山での  事故 に  備え 

                  お互いの 様子を  見守りながらの

                      山行 スタイルが   我が会に   定着する事を  願って


神の川ヒュッテ 檜洞丸北尾根 源蔵尾根 

2017-05-29 06:49:50 | ブログ

平成29年5月30日(火)  快晴  田島  計 1 名

自宅4:00=日蔭沢橋5:40/50→広河原6:42/50→第五堰堤6:54→ドラム缶広場7:45/52→

檜洞丸・山頂9:20/45→青ヶ岳山荘9:49→源蔵尾根・入口10:30→鞍部10:55→

1244m10:58→尾根下降分岐11:42→堰堤11:55→広河原12:03/05→

日蔭沢橋12:24/35=エビラ沢橋・下見少々12:46/13:10=自宅14:50

地形図 大室山 中川 大山 青野原   行動時間 6時間35分(自転車使用)

                 今日 は  直接   檜洞丸 へ  突き 上げる  北尾根 の  探検 です

 

             日蔭沢橋 に  駐車        広河原まで 自転車を 引っ張って 行く

 

                    神ノ川林道 の  土砂災害 の  様子

 

   神ノ川林道 の  土砂災害 の  様子                    檜皮橋

                                

                  地蔵尾根 入口 に  自転車 を  デポ

 

                               源蔵尾根・檜洞丸北尾根 入口

         

            源蔵尾根  入口 の  堰堤                左の  堰堤への 道を  見送り  まっすぐ 進む

 

         五つ目 の  堰堤が  見えて くると   登りの  始まり です

                                 はっきりした  登山道 で   一 安 心

    

     日蔭沢橋の  駐車場で  挨拶を  交わした方 が   同じ コース です

                            色々  教えて くださり   大助かり

         

                                ドラム缶 広場

二手に  登山道が  ある 場合  高みに 行く方を  取る事    平坦道は  仕事道で ある

      

                                      ブナ林   美しいー

 

                               白ヤシオ

 

                               ミツバツツジ

 

                                           素晴らしい 風景

                                

                                                   バイケイソウ の  中 を

    バイケイソウ の 中 の 道 は    不明瞭 だが   左 右 に   ウロウロ  せず 

                           まっすぐ   進むと   ロープ を  跨いで 山頂 に  着きます

 

                                ここ    檜洞丸・山頂 の  一角 に  出ました

 

                                                        檜洞丸・山頂

              

                                                         檜洞丸・山頂

                                

                                                          蛭ヶ岳方面へ

    

                                                              蛭ヶ岳方面へ

         

                                                              蛭ヶ岳方面へ

                    なんと 素晴らしい  風景  でしょう ー

 

                    源蔵尾根・入口                    入口は この  景色 の  手前 です

  丁度 一週間前 この 源蔵尾根 を  登って  蛭ヶ岳 へ  行きました

    様子 が  分かったので  今日は この  源蔵尾根 を  下って 見ようと 思います

              

                                                   崩壊地 も   問題 なく  通過

 

                 1225m 鞍部                                1244m 辺り

      1244m 辺り やはり 分かりずらいです          

         不明瞭 を  感じたら   左 方 面 に  ルート が  ある

                     尾根を  乗り 変える  よう な   感覚 で   道 が   ついて います

 

                  堰堤への  分岐                                                   堰堤へ

       標高  8 5 0 m を  意識 して  下って   行きますと  

                                  堰堤への  分岐 は    すぐ  見つけられます

 

                                                     堰堤 上 に  出ました

    

             枝 で  見にくい    ミラー

                                                往路  通った道 で    広河原 へ

                             

                                           地蔵尾根 入り口 に   デポした 自転車

    半分は    砂利 の 道          自転車 で  がたがたと   快適 では ありませんでした

 

          日蔭沢橋・駐車地 満杯                              手前 の  駐車場 も  満杯

 

                                                              エビラ沢橋 

 

                                                          袖平山への 道標

             風巻ノ頭 北尾根 の  末端 の  様子 を  見 に   いきました

                          下 調 べ  不足 で   あっけなく   敗退

             再度 調べに  行きたいが   私 の  力量 では   無理 そ う ー

                                                    お助け  ロープ が   必要 なの です

                                                                     どうしたものか ー


源蔵尾根~蛭が岳~袖平山~風巻ノ頭

2017-05-21 10:08:38 | ブログ

平成2年5月23日(火) 快晴  田島  計 1 名

自宅13:15=日蔭沢橋・駐車地15:09/2:55→神ノ川林道・広河原4:05/15→堰堤4:28→

稜線4:42→1244m先鞍部5:45→ガレバ始まり5:50→稜線6:17/27→神ノ川乗越7:04→臼ヶ岳

7:35/50→1421m8:19→蛭ヶ岳9:22/30→地蔵平10:35→原小屋平10:46→姫次11:08/20→

袖平山11:40→風巻ノ頭13:00/05→神ノ川公園橋14:12→日蔭沢橋・駐車地14:30/32=自宅16:30

地形図 青野原 大室山 中川 大山    行動時間 1 1 時間 30 分

  神ノ川 ヒュッテ までの  通行     可能か  どうか ネット でも よくわからず ー

         神ノ川 キャンプ場 から    関係者 以外    通行  不可 の  看板 が

    

                                 帰りに   車中から 撮った  写真 です

 

            車 1台 通れます      工事 は して いません でした

 

    日蔭沢橋まで  行って  見ると    登山者 の 車 が   4 ~ 5 台

               明日 予定 通り 行く ことに する

           広河原 で  明るく なるよう 未明 に  歩き 始めます

    

  広川原 の  源蔵尾根 の  入口

    はじめの  1~2 m  のみ   草 が  かぶって いますが   すぐ  明瞭 な 道 に

         

      踏み跡 は  まだ  先 に  進んで いますが   堰堤 に  降りる  踏み跡 で   ここ へ

      右 に  茶色 の  堰堤 が  見えます             堰堤 の  右横 を  歩いて 

    

           小川 を  一跨ぎ                                最後   堰堤 上 の  先 が   入口

         

                                   もう    迷い よう が  ない     一本道

         

     ブナ の  美しさ に   感動

        1 2 4 4 m 前後   少し   踏み跡 が  消え  コンパス を  振る

         

            心配 していた    ガレバ の  始まり

              

                                              こんな 所 を  通って

     

                                        普通 に  歩ける   ガレバ で    一 安 心

              

                                           美 し い   風景

 

               稜線 に  出ました    今日 の  難関 突破  です          後 は  一般道

 

                                                             美しいー

 

    丹沢 で  雲海 とは     下界 は  曇りかな ー                         山 は  快晴 ー

 

       神ノ川乗越                       シロヤシオ の  お出迎え

 

                                             臼ヶ岳 へ

 

        臼ヶ岳                                         臼ヶ岳 から  蛭ヶ岳

 

                   蛭ヶ岳へ                                             コイワサクラ の 群落

 

                  臼ヶ岳 を  望む                               蛭ヶ岳への  ザレの  厳しい  登り  

         

         蛭ヶ岳へ                  コイワサクラ の 群落

 

                                                                   蛭ヶ岳へ

 

                                               蛭ヶ岳・山頂

          長丁場ですので   ポイント ポイント で  エネルギー を  補給

 

                                                              姫次へ

 

                              地蔵平 

 

                              原小屋平

 

                                                                姫次

 

                                                                袖平山へ

 

                                                                 袖平山 

 

                 袖平山・山頂                             袖平山 から  蛭ヶ岳

 

                                                                 風巻ノ頭へ

                    

         

                                                                     風巻ノ頭へ

                        1 1 3 5 m の  下りで  厳しい  急下降 が 

 

                                                               風巻ノ頭

       

          この  風巻尾根 は  丹沢山塊 でも  屈指 の  急下降 

    始めは 危なげのない 道でしたが  途中から ザレの 注意力がいる 下降となる

     疲れた 体 に   ゆっくり  事故らないよう    慎重にと   言い 聞かせ    

         

                   フィナーレ 近し                                        神ノ川公園橋

 

       神ノ川公園橋                            神ノ川林道 に  出ました      

 

   神ノ川林道 も 土砂崩れ 3 ~ 4 箇所                日蔭沢橋・駐車地

    1 1 時間  30 分 の  長丁場    スロー の  マイペース で  歩き 切る

 


武甲山   表参道 周遊

2017-05-21 00:23:16 | ブログ

平成29年5月19日(金) 快晴  田島 本郷   計 2 名

谷保駅7:00=一の鳥居・駐車場9:45/10:00→シラジクボ分岐10:21→十五丁目10:25→

不動ノ滝10:33→武甲山御嶽神社石柱10:39→大杉の広場11:07/11→シラジクボ分岐11:56→

武甲山御嶽神社11:59→武甲山・山頂12:06/12→休憩広場12:15/40→シラジクボ分岐12:39→

武甲山の肩12:42/44→シラジクボ13:02→持山寺跡・ピストン分岐13:25→持山寺跡13:28/31→

合流点13:55→一の鳥居P14:11/36=武士平・自転車デポ15:33/36=浦山大日堂・駐車場16:08

 地形図 武蔵日原 秩父   行動時間  4 時間 1 1 分

       生川 から  初めて  武甲山表参道 を  歩きます

                            持山寺跡コース で  周遊 して きます

  

                                                                 一の鳥居

 

                                                        一の鳥居・駐車場

        すでに ほぼ 満杯 です             トイレも あり 立派な 駐車場 です

         

             一丁目 から  歩き 始め です  

               五十二丁目 が   武甲山御嶽神社  山頂  です

                                               十五丁目 まで  コンクリート道 です

    

                                                十八丁目 不動ノ滝

              

ボランティア で  水 を  山頂まで  担 ぎ 上げます                       小枝 で  持ちやすく ー

 

                       木橋                              緩やかな  ジグザグ 道

     5 分 と  歩かないで  丁石 が  現れるので 励みに なります

                                                 気分 を  楽 に  して くれますね 

 

   二十丁目 に  武甲山 御嶽 神社 石柱              時代 を  感じさせる 石祠

           さすが 表参道です    とても 良い  雰囲気 です

     

                                                三十三丁目  大杉の広場

                          たくさん の  登山者 と  すれ 違い ます

 

               武甲山 休憩広場                トイレ

      

                 五十二丁目 武甲山 御嶽 神社

 

                                              ご苦労様     水 は マンホール へ

 

                                                     無事 を  祈り 山頂 へ

 

                                                         武甲山・山頂

 

                                                新緑 の 中  シラジクボ へ

  

                                                          武甲山の肩

 

      武甲山表参道 と 雰囲気 が  変わり 明るい  尾根 です

                                            もの すごい 急下降 です 

 

                                                      シラジクボ

                        シラジ とは  すり鉢 の  事 らしい

 

            自分達 が  行く  方向 を  道標 で  慎重 に  チェック して 進む

   ここら 辺 り   守屋さん の  地形図 と  コース が    違う ような  気 が  するが  ー ー

 

                                  ここは 持山寺跡・ピストン 分岐 です

             5 0 m ~ 6 0 m 位   先 が   持山寺跡 でした

    

                     持山寺跡です                  立派 な  宝篋印塔

 

                                       分岐 に  戻り  生川 基点 に  向かいます

 

                                        表参道 に  合流 しました   十二丁目 です 

 

                                                        一の鳥居・駐車場 へ

 

           二丁目                       ガラガラ に なった     一の鳥居・駐車場

 

                                                            武士平

                    明日 の 下山口 武士平 に    自転車 を  デポ します

 

  明日 の  出発点 を  確認 し   浦山大日堂バス停・駐車場 で  今日は  沈没 です           

     


大持山西尾根~タカワラビ尾根~タワノ尾根

2017-05-21 00:21:12 | ブログ

平成29年5月20日(土)  快晴  田島 本郷   計 2 名

浦山大日堂バス停・駐車場4:32→大持山西尾根登山口4:35→16号鉄塔5:08/13→鉄塔5:26

→焼山5:34→赤杭5:57→1142m峰6:28→大持山7:00/15→雨乞岩7:22→展望台7:30→

小持山7:55→高わらび尾根分岐8:05→覗き岩8:10→1160m峰8:23→巣山ノ頭8:42/9:05→

五色岩滝分岐9:34→岩場のトラバース9:36/44→タワノネ10:10→一軒家(車道)10:20→

稲荷神社・自転車デポ地10:27→大神楽沢橋10:50/11:00=浦山大日堂11:05/32=谷保駅14:13

地形図 武蔵日原 秩父   行動時間  6 時間 3 0 分

       

       今日は     長年 の    念願  コース を   やっと 歩く こと が できます

                                         大変   楽 し み で す

 

   浦山大日堂バス停から  1 0 0 m 位 戻り ここが  大持山西尾根 登山口 です

    

  この 小坂 を  上ります                            古屋敷 の ヒイラギ

         

この 黒袋階段 を  登り切ったら  黄柱 1 6 号 鉄塔 に  したがって   左に  曲がります

                        まっすぐ  行っては  だめですよ

 

       1 6 号 鉄塔                                 こんな 感じの 所を  歩いて

    ワラビ が  採り放題       つい 摘みとり に  夢中 に  なって しまった

 

                               二つ目 の  鉄塔 です

 

      展望 が  開けて                                焼山

 

                                         焼山から の  下り 痩せ尾根 でした

   入山者が  少ない  コース なので  踏み跡 が  はっきり しない 所 も  あります

 

             赤杭                                            だんだん 新緑 が  美しく なって きました

      ぼけっと して いて  変な  トラバース道 に  さそい こまれた 所 も  ありました

                                                       尾根 を  歩く ように

 

                           大持山・山頂

   さすが 素晴らしい  山頂 です        ゼリー と  みかん で  休憩 です

         生川 を  基点 に  大持山~小持山 を  周遊する 方 と  お会い しました

 

                                           小持山へ

    

                                      雨乞岩

                        真ん中 の  割れ目 を  通ります 

                                

                                 展望所

    

                                           武甲山 を  望みながら 小持山

         

                   小持山への  素晴らしい  登山道

                        岩場 など  あり 楽しい ルート ですね

 

        小持山・山頂                                小持山から

    

                         小持山 から  5 分 位  先 が  武士平・分岐 でした

 

                覗き岩                                                        覗き岩 から の  展望

 

                                      こんな 所 を   通って

 

                                                 1 1 6 0 m 峰

 

                                 巣山ノ頭

    休憩 で  焼きそば を  食べました 

8 年前 浦山口駅 で  仮眠し 末端から  高ワラビ尾根 を  歩いた 時 見た 道標 です

       この  武士平 が  気 に  なって   しかた なかったの です                    

 

   半端で ない  急下降 です                    五色岩滝・分岐

                   直登 する  岩 が   どこ だろうと  慎重 に  下って  行く

 山での 事故  減りませんね    先日 身近な方が  丹沢で   滑落で  亡くなりました

    事故を 防ぐ 要素の 一つに マイペースで  歩く事を  ヤマケイでも  取り上げて いました

         脚力の  違いで  姿が  見えない まで    先行 されると

      マイペース が  くずれ  地図読みも 落ち着いて  でき なく なり

                                  ルート ミス に  つながり               危ない ー 危ない ー

 

 行き 詰まり   左 の  踏み跡 を  追って  とても  危ない  トラバース道 を  巻き  終わる と

    なんと ここが 直登すべき 大岩  だったの です

                                    まあー  巻いて   しまった 

          穏やかな  登山道 に  なったは  いいが    今度は 地図 読み です

               よく 見ると 印 は  あるの ですが  4 ~ 5 回  コンパス を  振りました

長い  赤テープ で   ストップ を  かけ   左 の  尾根へ   誘導して くれる 所 が   ありました

         

                                無事 タワノネ に  着きました

  巣山ノ頭 から  ここまで  距離 は  短いが    肝 を  冷やす  急下降 と

        大岩 の  危険 な  巻き道      そして  地図 読み の  世界 でした

       

            素晴らしい 張り紙 が  ありました  

    山 は 自己責任     まさに  この  張り紙 の   通りです 

                                                 よい  ことが  書いて  あります

          山 の 遭難 を  なくしたい 者  さん  へ     拍手 ーーーーー

 

     フィナーレ 近し                              一軒家 から  舗装路 歩きに なりました

                                                                               犬 に  吠えられて

 

      稲荷神社                 相棒 は  デポ して  おいた  自転車 で 車 を  取りに

                             しかし 後半 上り坂で     自転車 も   大変 だった  ようです 

                                         私 は   大神楽沢橋 まで   2 0 分  歩く                    

 

    ここで  車 の  お迎え を  待つ            浦山大日堂バス停・駐車場

   長年の  懸念 コースの  様子が  分かり     大変 楽しい 山行と  なりました

           だいぶ 早い  下山 と  なりました が    

                       相棒 は  明日 も  山なので 良しと しましょう 


明見湖~堂尾山・富士見台~庫見山~杓子山~陸橋

2017-05-08 10:51:33 | ブログ

平成29年5月12日(金) 晴れ  田島  計 1 名

自宅・前日13:10=鉄橋・下山口 調べ16:00/23=堂尾山公園・登山口 調べ16:35/17:27

 

 明見湖公園 P 17:27/4:15→堂尾山登山口4:37→堂尾山 富士見台・道標5:00/05→

相定ヶ峰・稜線6:22→庫見山・山頂6:40/42→ベンチ6:50/55→相定ヶ峰・稜線分岐7:11→

向原峠7:36→不動湯・分岐9:48→杓子山・山頂9:55/10:10→不動湯・分岐10:16→鉄塔11:09

→不動湯・分岐11:23→鉄橋12:35/40=自転車で=明見湖公園 P 12:50/13:40=自宅16:30

 地形図 富士吉田  行動時間 8 時間 3 5 分

 

 今日は  我が  山の会が  1 5 年前  忘年会をした  明見温泉  近くの 明見湖公園が 拠点です

 

          堂尾山 登山口 の 道標            下山口 の 陸橋

 不安が あり     登山口 と   下山口 を    事前に  調べて  おく

 

           明見湖公園 駐車場 で  車中 泊 し    ここから  歩き 始め です

 

   はす池体験工房 の  駐車場 と  トイレ は  1 7 時 以降  施錠 され  使えません

    

         堂尾山 富士見台 の  道標            堂尾山 登山口

 

                                                        堂尾山 富士見台

                               

                                                              富士山

 

               赤松 が  多い です                                          穏やかな  登り で  楽で す

  相定ヶ峰 論ヶ尾根と言うらしい     松浦氏 の  バリエーションハイキング 

              

                        クサボケ                                   樹林 の  中 の  登山道

 

                                                        相定ヶ峰

     

                                                               庫見山 へ

 

                                               途中に 休憩地 が  ありました

 

                                        庫見山・山頂      富士八景 の  一つ

                              

                                            休憩地 に  戻り ゼリー を  頂 く

 

                                                 見晴台 から の  富士山

         

                             相定ヶ峰 に  戻り   向原峠 へ  向かいます

                               

                         平成 1 4 年 の   忘年会 の  時    下山 した  向原峠 です

             

               岩 の  厳しい  登山道                                               1 2 9 2 m 峰

                             

                                               向原 へ の  分岐  8 時 5 5 分

    

     また 向原 へ  降りる  分岐     9 時 2 0 分                            岩 の  痩せ 尾根

             

               岩 の  厳しい  痩せ尾根  ですが     事故る  わけ には  行きません

                           慎重 に   さらに    慎重 に   

       

                   1 2 3 0 m 辺 り から  でしょうか     穏やかな   登山道 と  なる

 

      ここが 下山 に  使う 尾根 です                         至 不動湯 と  なっている  

                                    僅かで   杓子山  です

 

                                            素晴らしい     杓子山・山頂

 

                     杓子山 は  トレイルランコース に  なって いる

 

                   展望 の 登山道                                                    山 桜

                                   分岐 に  戻り  西尾根 に  入ります

 

                 ミツバツツジ                                眺望 ポイント

  

                                      急下降 だが   大らかな   尾根  コース 

                             

                                 トラロープ で    ジグザグ と  誘導 して くれ  歩き やすい

         

                        鉄塔                          ヒトリスズカ

 

                   至 不動湯 分岐   1 1 時 2 3 分

                   立派 な 良 い  登山道 は    ここ  まで  

                                   

                                                       林道金剛坊 へ の  道標

                                   尾根 末端 の  陸橋 の 所 を  金剛坊 と  言うらしい

 

              ここ   不動湯 分岐 から   ガラっと 登山道 が   薄く  なりました

                     地図 読み の   領域 に   入り ました

 

                フデリンドウ                      山の神社・分岐 1 1 時 4 9 分

  

   ワイヤーロープ  1 1 時 5 1 分                 1 0 8 0 m 辺 り から  溝 の 道に なる

     溝 の  ある   ぐじゃ ぐじゃ の  尾根 に  なって     実 に  歩き にくい

       この 辺り から ピンクテープ が    頻繁 に  現 れ 追って  行く

 

    林道天狗峰線の道標  1 2 時 0 8 分                                           陸橋  1 2 時 3 5 分

      9 0 0 m 辺 り から     ピンクテープ が  違う 方向 に  向かって  しまう

         失敗 は  許され ません               陸橋 に  出なければ  ならない   

 慎重 に   コンパス を  振った 方向 へ   そろり そろり   進んで みる

       そして      二つ の  赤フ を  発見

                   道 は  ないの ですが これだと   思いました 

 

     そして  前日 の  下見 の  時  みた     踏み跡 を    見つけ

    見事 この 階段 へ    出られました     ヤッター

 

              至 杓子山 の  道標                                          デポ して おいた   自転車

 

         自転車 で   1 0 分     明見湖 公園 に  帰って まいりました

 ネットの方は  陸橋から 踏み跡を 探して  最短距離で  明見湖公園 へ  帰っています

  前日 の 下見の時   この 踏み跡 を  見つけることが  出来ず

            代わり に  自転車を  デポ したのです

          高速代 を  節約です      自宅まで   3 時間   一人で  運転 です

       しばらく  疲れを  癒して から  帰途に  つきました


京都  高島トレイル  8 0 km  長浜城   1/6

2017-05-08 10:50:22 | ブログ

4月29日 ~5月6日(土)  田島 本郷 飯島  計 3人

平成29年4月29日(土)晴 曇り 雨

谷保駅20:00=八ヶ岳PA22:00/6:10=米原IC9:48=長浜城見学10:15/45=水坂峠12:40/45=

食料買い出し=道の駅くつき新本陣13:10(宴会 鯖寿司=鯖街道・市場町 散歩16:50/18:05

7 0 歳 の  声 を  聞 く    3 人 組 で   8 0 k m  の    高島トレイル に  挑戦  です

仕事を  持っている  仲間が    2 日間 休暇 を  取って くれ 9 日間 の  日程が  取れる

       3 回 に  区切り    5 日 間 で  踏破 します   

  普通  4 日間 で  歩く 様 です      中には  2 日 間 で  歩き 切る 人 も  いる ようです

                          

    大渋滞 を  考慮 し  前夜 に  出発 です        八ヶ岳 P A で   泊 り です

 

                                                  長浜城・豊公園

長浜城主 で  あった   豊臣秀吉 に  ちなんで  「豊公園  ほうこうえん」と  名付けられました

       渋滞 に 会わず  時間 が  余る           琵琶湖 湖畔 を  ドライブ

 

                                  道の駅くつき新本陣     名物 鯖寿司で宴会

水坂峠の  下調べと  買い出しの  お店調べの 後  道の駅くつき新本陣 に 入る

道の駅から車で 1~2 分の所に スーパーが 二軒 行動食や 夕食の 買い出しに 便利

 道の駅に  着いた とたん  1 時間 くらいでしょうか   激しい 雨が  降りました

 

                                                            鯖街道・市場町

宴会後 1 時間 1 5 分 ほど 鯖街道・市場町を 散策し  風情のある 雰囲気を 楽しむ 

    

                                                        鯖街道・市場町

大津 第一 タクシー が  大変 良い   天気の 関係 で  日程 を

    コロコロ 変更 したのにも  関わらず   気持ち よく 応じてくれ  心 強 かった

   今度 琵琶湖 高島 に  再訪 の  機会 が  ありましたら

 メタセコイア並木 (新・日本街路樹百景 日本紅葉の名所100選)によってみよう


高島トレイル   生杉~三国岳   寂光院・三千院   2/6

2017-05-08 10:49:50 | ブログ

平成29年4月30日(日)晴れ    生杉~三国岳 行動時間 1 0 時間 3 5 分

道の駅くつき新本陣5:30=桑原橋6:20/40=小入谷6:51→生杉7:04→三国峠登山口7:26→

ナベクボ峠8:11/15→三国峠8:39/45→地蔵峠9:55/10:10→カベヨシ11:28/30→岩谷峠

12:55/13:00→桑原橋・分岐13:48→三国岳13:58/14:10→経ヶ岳・分岐辺りウロウロ→

桑原橋・分岐15:51→林道(下壺口)17:11→桑原橋17:30/40=道の駅くつき新本陣18:25 

  道中   地図 が  見やすい 様 に  高島トレイルマップ を   A 4 で   7 枚

            二 万 五 千 の 地形図 は    A 4 で  13枚     用意  しました

                         事前 の  調べにも 相当 な    時間 を    費やし ました

 お天気 の  関係 で 高島トレイル の  最後 を  最初 に  歩きます

 

       桑原橋・駐車地                                  小入谷

 地蔵堂 横 の  スペース は  私有地 です

 桑原橋 から  5 0 m  南東 の  駐車余地 に  軽自動車 を  デポ

  丁度 居合わせた  地元の方に  小入谷 まで  送って  頂けて 大助かり

 

                       生杉 バス 停                                                     三国峠 登山口 へ

  

                     三国峠 登山口                                                    ナベクボ 峠 へ

 

                 ナベクボ 峠   ポイント 2 5

     ナベクボ 峠 まで  なんとなく  はっきり しない 所 の  ある 道 でした

      しばらく 沢 の  左右 の  歩き やすい 所 を  行きます

沢歩きが  なんとなく 行き詰ったと  感じる所で  沢の 斜め右奥を よく 見てください

   目立たない 赤フ が  あり     良い 道で ナベクボ 峠 へ   出られます

 

       9 5 9 m の 三国岳まで  要所  要所 に  道標 は  ありますが 

               道標 と 道標 の 間 は  山 感 と  地図 読みの  世界 でした 

         

                                                   三国峠 ポイント 2 6

  三国峠 直下 で  左右 に  尾根 が  あります

右の  ルートで  三国峠 へ  登り   左に 見えた  尾根を  使って  地蔵峠へ  向かいました

 

                             樹林 の 中 の 道 が  多い です 

 

                                                  地蔵峠   ポイント 2 7

 

        お花 が 豊富 で  楽しい                                          カベヨシ 8 1 8 m

         

                                                      岩谷峠   ポイント 2 8

 

           春 本番 の  色合い ですね                                            面白い 木

 

                   桑原橋・分岐                                                 三国岳( さんごく) へ

 

                                             三国岳・山頂   ポイント 2 9

 

                                                        経ヶ岳 方面 へ   行きます

  茶屋跡 を  通って  桑原橋 へ  下る  予定  だったが 失敗

    分かり にくい 所とは  把握 して いたが 事前 の  調べ が  足らなかった

桑原橋への 道標が あるらしい 丹波越まで 行けば ルートに 乗れたかもしれませんね 

 

   三国岳・分岐 の  先 の  桑原橋 の  道標  まで  戻って 

        下壺口 に  出る  尾根 を  利用 して  下山 しました

この 尾根も 北に向かう尾根に  入り込んでしまい 登り返して 軌道 修正 しました

    

                                            三国岳・登山口 下壺口

 

             桑原橋バス停                  桑原橋・駐車地

     デポ して  おいた 車 で  道の駅くつき新本陣 へ  帰ります

        夕食 の  材料 を  買い込んで ゆっくり  宴会 を  楽しみ ました

 

平成29年5月01日(月)曇り 小雨 寂光院・三千院 行動時間 4 時間

道の駅くつき新本陣7:42=寂光院・三千院(昼食 湯豆腐 )8:22/12:20=くつき温泉てんくう

13:50/16:03=道の駅くつき新本陣16:30

      今日 は    雨 マーク  です ので   のんびり     観光 です

 

                                      しば 漬 け 発祥 の 地  寂光院 へ

 

                                                            寂光院  拝観料  600円

 

                                                       三千院 散策  拝観料  700円

    

                                                           三千院 散策

     素晴らしい 癒 し の   空間 ですね          命 の  洗濯 が   出来ました

 

                           京都 名物 湯豆腐 を  頂 く    2376円

                                              独特 の  舌 触 り  美味しかった ー

                                

      2 時間 ゆっくり  温泉 で    疲れを  癒 し   明日から の  大縦走 に  備える


高島トレイル   国境(愛発越)~ 抜土   3/6

2017-05-08 10:49:16 | ブログ

平成29年5月02日(火)晴れ 国境(愛発越)~抜土 行動時間 10時間17分

道の駅くつき新本陣5:24=水坂峠(軽自動車デポ)5:49=タクシー=国境(愛発越)

6:16/20→乗鞍岳08:14/25→芦原岳9:49→猿ヶ馬場→黒河峠11:08/27→アザラシ岩12:00

→三国山12:50→明王ノ禿13:34→赤坂山13:57/14:10→粟柄越14:20→寒風15:12/14

→大谷山15:45→抜土泊 16:37

     水坂峠 に  軽自動車 を  デポ

         ここから   国境(愛発越)まで   タクシーで  2 5 分 位       料金   9 0 0 0 円

 

            国境(愛発越)あらちごえ        リフト の  山頂 を  目指します

 

                   リフト 山頂                                                      高島トレイル・入口

行き 止まり の  リフト 山頂  から   右 へ    わずかで  待望 の   高島トレイル・入口 でした

 

               花 に  迎えられて                               乗鞍岳へ

 

                                                    乗鞍岳へ

    

                  乗鞍岳 ポイント 0 1

 

                                                        芦原岳 山頂

    

                                                         黒河峠へ

 

                                                     黒河峠 ポイント 0 2

      ここは    地元の方が   赤坂山 へ   行 く のに   よく    利用する   登山口 ですね

                   この  コース   ツツジ の  時期 も  素晴らしい と  聞いた  覚えが  あります

 

                           展望地                     アザラシ岩

 

                      三国山へ

 

      三国山 の  手前 で  小川 を  渡りました      水 が  取れます  

        イワウチワ  か  トクワカソウ か  区別 が  つきませんが 沢山

 

                                                 三国山 ポイント 0 3

 

                                      明王ノ禿 (みょうおうのはげ)  ポイント 0 4 

 

                                       明王ノ禿(みょうおうのはげ)  ポイント 0 4

 

                                                    赤坂山 ポイント 0 5

 

                                 粟柄越 (あわがらごえ) お地蔵様 ポイント 0 6

                       

                                           寒風 へ

 

                   寒風へ                                             縦走 の  カップル

    私たち を  軽く  追い  抜いて  行った  カップル です

              寒風 の   2 分  手前   素晴らしい 所 で 泊まる   準備 を   して いました 

                   この  カップ とは 縦走中   何度 か  お会い する ことに なりました

 

                     寒風 ポイント 0 7

              緩やかな  アップ ダウン の   繰 り 返 し です

  あまり に   雄大 で  素晴らしい  景観 に       振 り 返 り   心 行く まで  堪能 して ー

    

                                                       大谷山 ポイント 0 8

       今日 の  最後 の  ポイント です

                     どうやら 予定  通り 抜土 へ   歩き きれ そうです

    樹林 の  中 の   印 を    追って  下って  行きます  

   途中で  右 にも   ルート が  あった よう ですが 気 が  付きま せんでした

 

                                               抜土 ポイント 8-1

   資料 では  大谷山 から  抜土 まで    長く  感じた と  あります

  覚悟 して  いた せいか 5 0 分  かかりましたが あっさり 着いた  感じが  しました

            ここは 水 が  豊富 で   嬉しい です  

       しばらくして もう   一 組 の   カップル と  単独行者 が  到着 しました


高島トレイル   抜土~水坂峠   4/6

2017-05-08 10:48:41 | ブログ

平成29年5月03日(水)晴れ 抜土~水坂峠 行動時間 10時間

抜土05:30→近江坂分岐06:26→大御影山07:11/14→大日尾根分岐08:15/25→三重嶽09:46

→水谷分かれ10:30→武奈ヶ嶽北尾根11:30→武奈ヶ嶽12:00/20→赤岩山西峰12:42/45→

水坂峠15:30/16:00=くつき温泉てんくう・夕食16:50/19:00=道の駅くつき新本陣19:10

         

                                            抜土 ポイント 8-1 から   出発

  

      早朝 すごい ガス の  中 です                                             近江坂分岐

 

          イワウチワ が  いっぱい                                                  大御影山 へ

 

                      反射板 の ある  大御影山・山頂 ポイント 0 9

 

               美しい コケ                                  コブシ か タムシバ

    

                  大日尾根分岐 へ              素晴らしい ブナ 林

 

             素晴らしい 縦走路                                                          大日尾根 分岐

 

  また お会い しました  嬉しい ですねー                              なんと この  美しさー

 

       稜線 の  雪 が  消えた ばかり                        三重嶽(さんじゅうだけ)・分岐

 

                                   三重嶽(さんじゅうだけ)  ポイント 1 0

       高島トレイル の  最高峰 です

 

                                                           武奈ヶ嶽 へ

 

                  池 が  ありました                                                            水谷分かれ

 

      色々 な  表情 を  持った  縦走路                            674m

 

                      武奈ヶ嶽 北尾根

 

                  武奈ヶ嶽 ポイント 1 1

 

              琵琶湖 を  望んで                                             コブシ が  青空 に  まぶしい

 

                   赤岩山 西峰                                                       イワカガミ の  群落

 

                                     水坂峠 へ の   激急 下り の  始まり です

 

               水坂トンネル                      水坂峠   ポイント 1 2

 標高  3 4 0 m 辺り で  高島トレイル の  黄色 の   テープ を  確認

  しかし  左 の  緩やかな  尾根 に  入って しまった

    斜め 右 の  短い  急下降 の  道 に  入らねば  ならなかった

             トンネル を  通って 2km 弱  歩いて    デポ地 の 水坂峠 に  行きました

                                 これも ご愛敬    (^_^) へ へ へ

       ここで   また    水 を  調達して   先 に  進む  カップル に 会いました 

       くつき 温泉 てんくう で     ゆっくり  体 を  ほぐします

 とんちゃん唐揚げ定食 で また  明日から の  縦走 に  備え  エネルギー  補給

       

 


高島トレイル   水坂峠~木地山峠   5/6

2017-05-08 10:48:15 | ブログ

平成29年5月04日(木)晴れ  水坂峠~木地山峠  行動時間 11時間

道の駅朽木新本陣05:24=タクシー=水坂峠5:35/40→板戸の鏡岩→二の谷山7:08→ 桜峠

8:17→行者山入口8:38→行者山10:42→536m 11:06→横谷峠11:49→池原山分岐13:16

→駒ヶ池13:35→駒ヶ岳南尾根13:50→駒ヶ越14:13→国境尾根出会14:16→駒ヶ岳14:30→

駒ヶ岳西尾根14:44→与助谷山15:22→池河内越15:26→825m桜谷山16:12→木地山峠16:33

 

                 今日 は  5 日 間 の   内 で     一番  長い  行程

     道の駅 朽木新本陣 から  水坂峠 まで  タクシー で  1 2 分   3 1 0 0 円

    

                                            水坂峠  ポイント 1 2  から  出発

 

            シャクナゲ                    新緑の道

  

                       二の谷山 へ

 

                               二の谷山 ポイント 1 3

 

                                                       樹林の中を

 

                                                 桜峠 ポイント 1 4

 

       2 0 分 ほどの  車道 歩きで  行者山登山口

            行者山登山口 の  道標 は   石柱の  陰で  見にくかった

 

    2 0 m 位 先 の  右手 に  行者山 入口 が  ありました

      戻るように   尾根末端から  登るように  道 が  ついて いた

    

     鉄塔 の 所 で   蕨 を  沢山  ゲット                                   モミ の  大木

  

                                               イワカガミ の  群落 すごかったー

 

                                            展望 の ない   行者山 ポイント 1 5

 

                                           緑 の 中 を  下って  行きます

  横谷峠  まぢか 歩き やすそうな  左で なく 

         右の 緑 生 い 茂る 中 に  ルート が  ある

 

                                               横谷峠 ポイント 1 6

    横谷峠 へ  真正面 は  崖 です           車道を  5~6m 左に  駒ヶ岳・登山口

  右から  降りられるように なって いた

 

  横谷峠 から  駒ヶ岳 の  間  資料に よると  わかり づらい と  ある

           結論 を  先 に  言い ますと  心配 ありません でした 

                    

                                      池原山 分岐

 

                                        春爛漫 の  新緑 を  楽しん で 

 

                                                          駒ヶ池

  ブナ林 と  相まって  美しい  風景 を  醸 し 出して おりました

               ここは  歩き方 が  色々 あって 地形 が  少し 複雑  

                   

                                    駒ヶ岳南尾根

 

       ブナ の  新緑 に  酔 い しれて    なんと 幸せな 時間 なの でしょう 

         

                                             駒ヶ越 ポイント 1 7

 

                                               駒ヶ岳 ポイント 1 8

         岩 が  散らばって いる 山頂 です

 

                                             駒ヶ岳 ポイント 1 8

                 小広い 展望 の  素晴らしい 所

 

                                    多様な 表情 を  見せて くれ  素晴らしいー

         

        面白い木                           与助谷山 ポイント 1 9

         

                                     池河内越

 

                                            若狭湾 が  見る  行程 です

 

                                               桜谷山  ポイント 2 0

   この 素晴らしさー    もう 胸 が  キューン

 

                                               木地山峠 ポイント 2 1

 桜谷山から   あっと 言う  間 に  木地山峠 に  着く      行動時間  11 時間

    次から  次に  素晴らしい ポイント が  現れるので 長く 感じ ません でした 

 

 北西 に  水汲み  往復  3 0 分   水が  か細い                          木地山峠 で  テント 泊 り

          ここで また  カップル に  会いました         風 が 強 い

                     ゲット した  蕨 を  ゆで    最高 ー   

         

 


高島トレイル   木地山峠~生杉バス停   6/6

2017-05-08 10:44:05 | ブログ

平成29年5月05日(金)~06(土)晴れ 木地山峠~生杉バス停  

                                       行動時間   6 時間 2 5 分

木地山峠5:00→百里ヶ岳6:03/06→百里新道分岐6:30→根来坂峠7:03→おにゅう峠7:24/45

→ピーク803m 9:19/22→ナベクボ峠10:21→三国峠登山口10:50→生杉バス停11:25/12:35

=バス=朽木小学校前 13:27=くつき新本陣13:30/40= くつき温泉てんくう 13:50/14:50

=神坂PA20:30/5:30=諏訪SA6:39/57=国立府中IC9:00=谷保駅9:07

           

                   高島 トレイル 最終日 です

                        気 を つける 所 は  おにゅう峠 へ   出る 所 くらいです

   一時 腰と 足に 痛みが 出た 仲間が   再発せず ここまで  来られ 何よりです

 

     今日 の  行程 6 時間 3 0 分         とても 気分 が  楽 です

   生杉バス停   1 3 時 3 5 分 の  バス が  目標 です (1 2 時 3 5 分 が  ありました)

 

                                             百里ヶ岳 ポイント 2 2

                             

          余裕 の  お二人 に  また  お会いました          素晴らしい   笑顔 です

 

                                       根来(ねごり)坂峠  ポイント2 3

 

                                                    シャクナゲ と  展望

 

                                               おにゅう峠  ポイント 2 4

         見えた  林道 に  降りる こと

               まっすぐ 尾根 を  進むと 崖 で  降りられない

 

                                              おにゅう峠  ポイント 2 4

           休憩 に  もって こいの  場所 です    コーヒータイム です

 

                                              ナベクボ峠 へ

    

                     ナベクボ峠 へ

 

                           ピーク 8 0 3 m

   オクスゲノ 池   前後 から     地形 が   複雑 でした 

                    地形図 で  現在地 を   確認 しながら  歩きました

 

                                                                                 ナベクボ峠 ポイント 2 5

  とうとう  ナベクボ峠 に  帰って 来ました

        残すところ なんとなく 道がはっきりしない 三国峠登山口までの  3 0 分

 

                     三国峠登山口                              生杉バス停 へ

バス停 まで の  道端 に   沢山 の  蕨     摘んで  ゆでて  食べました         何より の  ごちそう 

  でも とっては  いけなかったのです       近くの 家 の  縄張り でした   ごめんなさい

 

  平家が  住んで いた   名残 の  屋根               生杉バス停

        バス で  道の駅くつき新本陣 へ

               縦走中 何度か  お会いした  カップル と   バス で   一緒 に  なった

とう とう   高島トレイル 8 0  km   歩 き  きりました        ばんざいー      あっぱれー

 いつもの ゆっくり  ペースで つらい こと なく 縦走 する こと が  出来 ました

             くつき 温泉 てんくう  で     6 日 間 の   疲れ を  ほぐします

   神坂P A で   テント泊り    渋滞にも  会わず   ゆっくり   帰宅すること が  出来ました 

 お花 に  新緑 ブナ林  大展望 そして 変化の ある  歩きごたえ の  ある 

       素晴らしい  トレイル でした      再訪 したい  気持ちに  なりました

     最後 に  一言          分かり にくい 所      道標 不備 の  所 

    黄色 の 高島 トレイル の  テープ  が    朽ちて   なくなって いる 所が  多々   あるので

     安易 な  気持ちで  縦走 しますと  遭難 と  なってしまう   可能性  が   あるでしょう