ひろこの山旅

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

西上州・高反山

2016-10-24 12:53:13 | ブログ

28年10月20日(木)  快晴   田島 野神       計 2 名

谷保駅15:47=道の駅・芦ヶ久保17:40/7:50=道の駅・上野8:50/9:20→往路・復路の分岐

9:31/46→神社9:50→檜峠9:58→林道終点・登山口10:00→鉄塔10:33/44→稜線10:48→

林道10:57→入口11:00→高反山・山頂11:50/12:08→林道(歩き)12:26→

往路・復路の分岐13:33→道の駅・上野13:40

地形 図    浜平 SCH719     行動時間 4:20

  

 4 日 間 の  上州 の  山旅 の  機会 が  訪れました 

        野神さん が  ご一緒 して  くださる ことに なったのです

 

                 道の駅・上野

  それほど 違いが ないので   高速 を  使わず   前日 道の駅・芦ヶ久保 まで  入り

        今日 高反山 の  登山 基地 に なる  道の駅・上野 から  出発です

 

左 回 りで  周遊するのですが 分岐には  右 に しか  高反山 の  道標 が  ありません

   少 し ウロウロ して しまいました      この 分岐 の 左 の 道 で  行きます

 

                                                      檜峠 と  なって います

 

                                          ここ が  左 回 り の  高反山 の  登山口です

         

      最初 の  一歩 は  全く の  藪道                           わずかで はっきりした 道 に  なりました

 

                                                  気持ち よく  鉄塔 へ  到着です

 

要所 には  道標 が あるのですが 左右 に  尾根 が あり  真ん中 に  溝道 が  続きます

  落ち葉 の  たまった  溝道 を  たどれば  間違い ないのですが 遠回りに なります

      私たち は  歩き やすそうな 尾根 を  拾って 歩いて 行きました

 

   立派 な  舗装 の  林道 に  出ました   

                                 左 回 りで  登って 行きますと わずかで  入口 が  ありました

 

  普通 の  登山道 に  比べると 少し  分かり ずらいです 

    登山基地となる  道の駅・上野 には  高反山 の  マップ が  ありませんでした

        要所 には  道標がありますが 登山 の 対象 の 山 では  ないのですね                  

 

                  ロープ あり                                                       軽い やぶ あり

 

                                                                急登 です

 

                                                1 0 6 0 m 辺り で   一 息 です

 

                                    気持ち の  良い   尾根歩き に  なって きました

 

                                                          もうすぐ 山頂 です

 

                              明るく  開 けた  好ましい 高反山・山頂 です

 

   わずか 南 に  岩 の  展望地 が  あり   登山基地 の  道の駅・上野 が  みえました

 

      急下降 に  ロープ が  ありました

          往路 より  復路 の  登山道 の 方 が   しっかり しています

                               

                                                   復路 の  登山道

 

                                                       復路 の  登山道

 

                                                      復路 の  登山道

 

   高反山・山頂 から 2 5 分 で  林道 に  降り 立ちました 

                       私 の  高度計 で  1 0 7 0 m で した

 

                                                                                      リンドウ の 群落

 

                                        なか なか 気持ち の  良 い  林道 です

    分岐点 には  必ず  道標 が  あり 迷い の  心配 は  ありません でした

 

                                           降りて きた  高反山 を   眺め ながら

 

                                           電 流 が   流れて いる  扉 が  ありました

 

                                      登山基地 の  道の駅・上野 へ   帰って  来ました

   長年  行きたかった 不安 要素 の  ある 高反山        全 く   その 通り で した

                野神さん の  おかげで 安心 して  楽 しむ こと が  出来ました


西上州  立処山 730m 

2016-10-24 12:52:33 | ブログ

28年10月20日(木)  快晴    田島       計 1 名

道の駅・上野14:00=古鉄橋・駐車場14:14→登山口14:18→立処鍾乳洞14:53/55→

稜線 15:02→明家分岐15:03→立処山・山頂15:10/15→登山口15:46→古鉄橋・駐車場

15:50/58=道の駅・上野泊り16:04

地形図 両神山 神ケ原   SCH 605  行動時間 1 : 3 0

  

                             

   下から  眺める と  登りたく なる 岩峰 なのです   短時間 の  山 なの が  よいですね

 

                                                            古鉄橋 駐車場

 

                                              車道 から  離れて ここから 入ります

 

                         畑 の 中 を   通らせて  いただき 2 回   網扉 を  通過 しました

 

                            道 は 分かりやすいです   軽 い  急登 が   続きます

    

                                                      立処山 の  鍾乳洞

                                立処山 直下 に   鍾乳洞 が  ありました

    

                             立処山 直下 は   ものすごい  急登なの で  ロープ が  ありました

 

                稜線 に  乗りました                                           明家・分岐

                                                               野神さんは  この 明家 の 道 を   歩いた そうです

    

                                            立処山 直下 から  岩場 登りに  なりました

          

                                            立処山 山頂 へ  岩場 を  登ります

           

                                                            立処山 山頂

                                  展望 抜群 の  岩峰 です

 

                                                    立処山 山頂 から の  展望です

 

                   立処山 山頂 から の  岩 下り  結構  厳しい ので   気 を  付けて

 

                                            古鉄橋 立処山 駐車場 へ  帰ります

高反山 下山後 時間 に  余裕 が  あったので 野神さん に  車 で  待って いただいて

         一 人 で  立処山 へ  登らせて  いただき ました    感謝です

 

 

 

 

 


西上州  船坂山 周遊

2016-10-18 11:35:29 | ブログ

28年10月21日(金)   快晴    田島 野神     計 2 名

道の駅・上野7:00=ぶどう峠林道入口7:27/41→林道終点8:00→11号鉄塔8:05→船坂山・

山頂8:45/9:00→3mの懸垂下降9:44/10:08→1502m峰11:05→休憩岩峰11:40/55→

1654m峰下分岐(石柱157)12:12→三角点ピーク12:37→下降点ピーク12:43→

ぶどう峠林道入口13:47/14:00=道の駅・芦ヶ久保15:50

地形図 浜平   SCH 692    行動時間  6 : 0 5

資料 で  1 0 m の  お 助 け ロープ が    必要 と 言う   周遊コース に  行きます

    

                        1 1 8 0 m     ぶどう 峠 林道 入口 です

   前日 車中 泊 した  道の駅・上野 から   3 0 分 弱 で  着きました

 

  林道 歩き  2 0 分弱 で 鉄塔下 林道 終点 です   ここから  登山 の 始まり です

 

                5 分 で  鉄塔 です                                              船坂山 へ  向かいます

 

                                            気持ち よく 歩ける  登山道 です

 

                                                         船坂山・山頂 です

ぶどう峠林道入口 から   船坂山・山頂 までは  1 時間 強 で  楽 に  行ける  道程です

 

                    ここから 厳しい 岩稜帯 が  1 時間 3 0 分 ほど  続きます

         

                                    野神氏 が  岩場 を  慎重 に  誘導 して くださいます

 

                                                                                          大きな キレット

            岩場 を  巻く 時  大きく 下らず なりべく  上段 を   巻 く よう  選んで いきます

    

                                           大きな キレット の  通過 後 の  様子

 

                                    さらに 厳しくも 楽しい  岩場 が  続きます

 

               野神さんの  通過 の  仕方 を  よく 見てて 慎重 に  続きます

      

                                岩場 と  紅葉 の  美しい 景色 の  中 を  進みます

 

                            岩場 の  様子 を  見て   左 右 にと   通過 場所 を  選んで  行きます

         

                                           多種 多様 に  変化 する  岩稜帯 です

 

                                          岩 と  紅葉 の  美 しい  景観 です

 

                                         緊張 の  中 にも 景色 を  楽 しん で

 

                             初めて ここで 4 メートル ほど の  懸垂 下降 を  しました

 

                                 この  懸垂 下降 で  ほぼ  危険 地帯 を   脱 しました

 

   この  コース は     冒険心 が あり      岩 に 強く      ザイルが  扱える 方 と 

                                                一緒 で  なければ 入山 は 無理 で しょう 

                             

                         安心 の  登山道 に  なりました    後 は  地図 読 み です

    

                                          1 5 0 2 m 峰 の    次 の   岩場 は  左 を  巻きます

         

 

大岩 の  巻き道 を  登りきると  右 に  展望岩 が  ありました    容易 に  登れます

 

                                            展望岩 上 で   ゆっくり  休憩 です

 

                                           1 6 5 4 m 峰 下 分岐  ( 石柱 1 5 7 )

             展望岩 から  1 7 分 ほどで   △ 1 5 9 8 . 5 m へ の    分岐 で した

 

                                                 △ 1 5 9 8 . 5 m   へ

  

                                                  △ 1 5 9 8 . 5 m  で す

 

                                            最後 の  分岐  1 5 8 0 m  へ

 

                                                    下山口   1 1 8 0 m  へ

                         藪 は  なく 踏み跡 すら ある  良い  登山道 に  ビックリ です

地形図 に  岩記号らしき もの が  ありますが 下山 に  なん の  支障 も  ありませんでした

 

   美 しい 紅葉 と  左に  ぶどう岳 を  眺めながら   最後 の  道中 を  楽しんで  行きます

 

                                岩 全体 に  ワイヤー が  巻かれて います

       ここは  岩 を  登らず  右 を  巻いた 後  慎重 に  コンパス を  合わせます

 

                               わずかで 下 に 我 が   愛車 が   見えて きました

 

            朽ちかけた  木階段                                              無事 周遊 できました

     なんと    まあー     楽 しい   山 で した

                                     誘導 いただいた    野神さん に    感謝 です

明日 から  本郷さん が  参加です       これから  芦ヶ久保駅 へ   迎えに   戻ります

 

 

    


西上州  ぶどう峠~ぶどう岳~ 新三郎~ 栂峠

2016-10-18 11:34:53 | ブログ

28年10月22日(土)  快晴   田島 野神 本郷    計 3 名

道の駅・芦ヶ久保6:20=ぶどう峠9:00/20→ぶどう岳9:55→鉄塔10:17/26→1628m 10:45

→新三郎11:15/38→栂峠12:05/10→新三郎12:40→1628m13:04→鉄塔13:25→ぶどう岳

13:48/56→ぶどう峠14:20/30=川の駅・上野15:03

地形図 浜平 信濃中島 SCH 601  行動時間 5:00

             

長 い 年月   恋 い 焦 が れ ながら   足 を  踏 み 入れられ なかった コース です

 

                                                   ぶどう 峠 です

  今回 は  強力 な  助っ人達 と   ご一緒 で      なんと  私は 幸せ なんで しょう

 

     ぶどう 峠 から  出発です                       はじめ 枯れ笹 の  中 を  行きます

 

                きれい な  登山道 で  ビックリです        藪道 を  想像 して おりました

 

                                                危機感 の  ない 岩場 で   安心 です

 

                                           秋 を  満喫 して  歩いて  行きます

 

                                                               ぶどう 岳

                                          登山口 から   3 5 分 で   ぶどう 岳 で した

    

                                                               秋 まっさかり

 

                                             程よく  岩 が   出て きて 楽 しいです

 

                                            変化 の ある   コース で   楽 しい です

 

                                              鉄塔 から   八ヶ岳 が   一列 に  見えました

 

                                            何 と も    美 しい   自然林 です

 

                                                     秋 まっさかり を   楽 しんで

 

                                                     秋 まっさかり を   楽 しんで

    

                                 岩 が   出て きても 心配 ありません                                                

 

                                         秋 の   自然林 を   大い に   楽 しんで  行きます

    

新三郎 の  手前 で  大岩 に  阻まれます   大岩下 を  左から  大きく  巻き  登って  行きます

   反対側から  来ると  とても ルート 取り の   難 しい 所  ようです

        野神さん が 帰り の  目印 に  枯れ 枝 を  4~5 本  束 に  して   置かれました 

 

                                      新三郎 ・ 山頂

 

                                                        新三郎 ・ 山頂  か ら

 

                                             新三郎 ・ 山頂  か ら の   美 しい 空 

 

                                                          栂 峠 へ   向かい ます

 

                                                          栂 峠 の  林道 です

 

                                                     栂 峠 の   お 地 蔵 様 です

                     なんとも 良い  雰囲気 の  峠 ですね

    

                                                     新三郎 ・ 山頂 へ   戻 ります

         

                                                  新三郎 ・ 山頂

 

   目印 の  枯れ枝 の  おかげ で  復路 も  無事    難所 ルート入口 を  クリア です 

       新三郎 ・ 山頂 より  1 0 分 の  所です        登山者 の  為 に エフ を  つけて おります

    

                                    ルート 取 り の   難しい  大岩 を  巻いて いる 所 です

 

                                                     ぶどう 岳 へ   向 かって います

 

                                    帰り の  方 が   ぶどう 岳 まで  長く  感 じ ました

    

                                      ぶどう 岳 に   戻りました    面白 い  形 の  木 ですね

 

         美 しい   白草原 の  中 を  わずか で   ぶどう 峠 に  戻りました

   憧れ の 山域 が   想像 以上 に   美しかったので とても 嬉 しかったです

                                  ご一緒  いただいた    山友 に  感謝です

         

                                               今宵 の  宿    川の駅 ・ 上野 です

      軒下 も  あり   大きな テーブル  椅子 が  あり   快適 でした

              お酒 の つまみ に   アユ の  塩焼き を  2 匹 も    いただいて しまいました


西上州   三国山~船窪~高天原山

2016-10-18 11:27:22 | ブログ

28年10月23日(日)   晴  田島 野神 本郷      計 3 名

川の駅・上野5:40→スゲの沢駐車場6:14/24→ウロウロ(20分)→スゲの沢・入口6:44→

長戸沢入口6:52→ボーキリ沢から左の尾根取り付き7:07→岩巻き終わり7:59/8:14→

岩巻き終わり8:20→1543m峰8:30→そら峠?8:42→そら峠8:51→休憩9:20/25→1730m峰9:38

→1796m 10:37→三国山10:45/56→1818m 11:19→二重山稜11:35→船窪12:11/15→蟻ケ峰

(高天原)12:45/13:00→昇魂之碑・分岐13:35/40→昇魂之碑14:40→御巣鷹山・駐車場15:05

→スゲの沢駐車場15:27/50=道の駅・芦ヶ久保18:05/15=谷保駅19:50

地形図 浜平 居倉 SCH 685    行動時間 8:00

 

 以前 から 是非  歩きたい と  強い  願望 の  ある  コース です

             自分では  力量不足です     山仲間 に   助っ人 を  お願いして の  実行 です

 

                                                           スゲの沢駐車場

1 2 年前 天丸山~帳付山~ブドウ沢の頭~ブドウ沢林道 の  時  ここに 寄りました

     

                      目 印 の テープ                                                 スゲの沢 の 渡渉

道路から 長戸沢 は  見えません   ウロウロ して   2 0 分 の  ロスタイム です

スゲの沢・駐車場から  2 0 m 位  戻ると  ガードレール の  内側 に  目印 が  ありました

            ガードレール を  跨いで  スゲの沢 に  降り      渡渉 しました 

 

       長戸沢 に  入りました    レール 橋 など が  あります

 

  残骸物 が  たくさん  散らばって います     後から  聞いた話では 倉庫跡 らしいです

 

 空峠 に  突き 上げる  ルートが   わかり にくい と  思案 して  いますと

      左手 の  尾根 に  誘導する  ピンクテープ が  ありました

                1 5 4 3 m に   行く  尾根 です     これを 利用  いたしました 

 

                                            途中 2 カ 所 の   岩場 が   ありました

        

                 野神さん の   誘導 で   岩場 の 難所 を   クリア して いきます

 

                                     シャクナゲ の 藪 にも   苦しま されました

 

     1 5 4 3 m の  標識 で  現在地・確認 が  でき ひとまず ホット しました

 

1 5 4 3 m から  1 2 分 で  ここに                 9 分  先 に  空峠 の 道標 が  あり

ここ が  そら峠 だと  思ったのですが             どちら が  本当 の 空峠 なのか ?

    

                                     まだ まだ   シャクナゲ の 藪 に   苦 しまされました

    

       倒木 に   体力 を   奪われます           やっと 奥に  三国山 が  見えて  うれしかったー

         

                                  岩場下り が  ありました  これは 大したこと  ありません

 

                       少し 歩きやすく なりました が  まだ まだ    ゆだん  できませんでした

                                

  1 7 9 6 m  手前 で  苔むした 岩場 に  ぶつかりました

      右側 を  一 登りし 同じく  苔むした 所 を  左 へ  5~6歩

そして 苔むした 中間 の 岩 を  登って  シャクナゲ の  トンネル を  くぐりました   

 

                              5 ~ 6 本 の   倒木帯 の   通過 です       へと へと です

 

         何とか   三国山 へ   着きました   やれ やれ です     立派 な   山頂 で   うれしい ー

 

                                        ガラッ と  よい   登山道 に  なりました

                  1 8 1 8 m ピーク で     9 0 °     右 へ   曲 がります

 

      船窪 まで   長 いです           二重山稜 で   分かり にくい 所 が    ありました 

     右 の 尾根 に   乗らず   平らな所 を  歩いて いると     自然 と   尾根 に  のりました 

 

      船窪です 風車 が   あります         三国山 から  1 時間 1 5 分    かかりました

           私 は   へと へと          お二人 は  元気です

左を 巻く所 が  多いいのですが 巻き道 が   平行 して  3 本 位  あるのです

      なるべく  高い所 の  巻き道 を   通る ように して  尾根 に  戻った

 

       船窪 から   3 0 分 で     蟻ケ峰(高天原)でした  ここは  良い  山頂 です

                         

                     蟻ケ峰(高天原)から   高原 レタス畑 が   眺められました

                                              ここまで  くれば もう 成功 です

 

              美 しい  登山道 です                                       岩場 が   少 し  ありました

 

                           もう    成功  間違い ない ので  ルンルン で  歩いて います

            

蟻ケ峰(高天原)から   下って    1 9 2 0 m 当たり は   岩 が   ある 為 か

      大きな  左回り の  巻き道で  方向 を  変えるよう に  なって いた 

                                             

                                                 雰囲気 が  変わり シダ 蕨 の  中 を  下る

 

                                   約 5 0 m  登り返すと 昇魂之碑・分岐 に  着きました   

        日航ノ頭 大蛇倉山 に   心 が    残りますが 

                      帰宅 の   時間 を  考えると 寄らないの が  妥当 で しょう

 

  すごい 急下降 の  始まり で  ある     落ち葉 に 乗り 大胆 な  すっ転び を  して しまった 
                                          あぶない ー    あぶない ー 

 

       傾斜 が   緩むと 広い  範囲 に 日航機 遭難者 の   お墓 が   現れました

 

                                               鐘 を  ならし 冥福 を   祈る

 

                                            生花 が   たくさん   供えられて います

         

    管理人さんが  いらして   今日 も  大勢 の  お墓参り の 方 が  見えられたとの ことです

            山 を  歩かれる方で 長戸沢入口~三国山 の  ピンクテープ は  彼 が  つけたそうです

 

                                                  御巣鷹山 ・ 駐車場 です

 

                                             スゲの沢 駐車場 に  戻りました

   岩場 の 通過    シャクナゲ 地獄    倒木 地獄 と 大変 で したが

             念願 の 素晴らしい  コースを   踏破 でき 達成感 を  十二分 に  味わい ました

                    でも もしかしたら 大満足しているのは 私 だけかな ー

                                                 そうだったら お二人さん ごめんなさいー

 

 

 

 


奥志賀高原  焼額山 ~竜王山  

2016-10-17 09:09:56 | ブログ

平成28年10月14日(金) 快晴  田島 本郷 中原  計 3 名

谷保駅20:20=国立IC=小布施PA泊り0:00/5:55=信州中野IC=志賀高原プリンスホテル西館

(焼額山登山口)6:50/7:10→焼額山入口7:15→竜王山入口8:32→稚児池一周8:33/9:10→

休憩9:10/35→竜王山入口9:36→コゴリ池9:54→左頭上にロープ・赤布10:02/12→

竜王山分岐10:39→竜王山・山頂11:00/25→コゴリ池12:29→竜王山入口12:54→

稚児池・休憩12:55/13:10→焼額山登山口14:03/10→しなの木14:30/35→

焼額山登山口14:55/15:05=カヤの平キャンプ場・泊り15:50

地形図 切明     行動時間  7 時間 45 分

  待ちに 待った  安心できる  3日間 の  晴天 が  やって きました

    さらに  ラッキーな ことに 今回 は 一人では ありません     二人 の 山友 と  一緒 です

 

 志賀高原プリンスホテル西館・登山者用駐車場               焼額山・登山口

      数年前から  計画 しては   天候・悪 しで  つぶれて いた  山です

               やっと 実行 の  運びと なり   嬉 しさ 百 倍 です

 

        美しい  シラカンバ の  道                    道標 で  ゲレンデ に  出たり  樹林帯 を  歩いたり

 

            振り返った  景色 です                                          快晴 の  ゲレンデ を

 

                    道標 に  誘導され                     竜王山へは  立ち入り禁止 の  ロープ を  またいで

 

                                    でも まず  2 0 m  先 の    稚児池 です

 

                               稚児池 を  一周 して  石・鳥居 の  所 へ  来ました

 

                                          なんとも  美しい  稚児池 の  風景です

  帰宅して  気 が 付いたのですが

     美しい 稚児池 に  心 が 奪われ 焼額山 の 三角点 を  探すのを 忘れました

 

          さらに  湿原 を  一 周 します                            妙高山 北アルプス が  一 望です

 

赤色 の  禁止看板から  竜王山 へ  突入です       はたして 三角点 に  たどり つけますでしょうか

 

                       コゴリ池です        コゴリ池 の  前に  こんな  道標 が  ありました

 

                 歩く方 は  すくない よう ですが  刈 払 いが  されてる 道 です

 

                                 地形図 で  しっかり  現在地確認 を  して いきます

 

              頭上 に  ロープ と 赤府

                     登り 下り の  地形 の  変化 で  大体 現在地  確認 が  できました

 

         三角点・竜王山 への  分岐です  二股 で  左右 に  ピンクテープ が  ありました

    分岐  まじかで   右上 に   建物 の   白い   屋根 が  わずか に  見えました

 

     さらに あまり 人が  入っていない 様子となり 笹 が  かぶった 道 に  なりました

         

                 笹 が  かぶって いますが しっかり と  道 は  わかりました

        最後 2 0 歩 くらいで しょうか   下って  登 り 返すと 竜王山・山頂 でした

    

                                  明るく  開けた  気持ち の  良い  山頂 で  嬉 しいー

竜王山 の  三角点 に  タッチ  出来  うれしい ー      3 人 で  力 を  合わせた 結果 ですね

 

                                             竜王山 ・ 山頂 から の   景色です

 

                                                   笹 深 い 中 を   帰ります

 

         焼額山 を  望みながら  下ります                          赤看板 の  所 に  戻って きました

 

                                         再度   美 しい  稚児池 で   休憩 です

 

                                            名 残  惜 しい ですが  帰 ります

 

                                           帰りは 大 方  ゲレンデ を  下りました

                           芝生 の  ような  草 道 で  歩き やすかったです

  

                                           なんと  美 しい  風景  で しょう  ー

 

          登山者用・駐車場                                                    し な の 木 コース

   出発 時   われら の  車 のみ でしたが 下山 しましたら   結構  増えて おりました   

  

       クマ よけ 半鐘                                                           し な の 木  へ 

                      一旦 車 に  戻り   空身で   し な の 木  に   会いに  行きます

              

                                                    立派 な   し な の 木

 

                                         カヤの平 キャンプ場 です   二連 泊 します

   美 しく 快適 な  キャンプ場 で  うれしいです

      カヤの平 キャンプ場 の 料金 は  3 人 で  二 泊    4 6 0 0 円 で した

 

 

 


奥志賀高原  カヤの平キャンプ場~北ドブ湿原~八剣山

2016-10-17 09:07:46 | ブログ

平成28年10月15日(土) 快晴   田島 本郷 中原  計 3 名

カヤの平キャンプ場8:08→信州大学ブナ原生林教育園・一周8:11/35→東コース・分岐

9:03→北ドブ湿原・東屋9:20/30→八剣山・入口9:42→八剣山・山頂9:58/10:01→

八剣山・入口10:11→八剣山歩道・出口11:25→ドブ平歩道・出口(昼食)11:50/12:20

→大ブナ歩道入口12:30→西コース分岐13:15/20→カヤの平キャンプ場13:45/55→

南ドブ湿原14:15/18→カヤの平キャンプ場・泊り14:25

地形図 鳥甲山 切明 往郷 夜間瀬  行動時間 6 時間 20分

 地図 の   ほゞ   全体 を  のんびり  歩き 自然 を  堪能 しました

        カヤの平 を  3 0 年間  見てきた方が 1 0 年位 前から

                                  紅葉 が だんだん うすれて きているとのこと

  地球 の 温暖化 の  影響でしょうか   それでも 去年 は  素晴らしかったそうです

 

     快晴 で  うれしい ー    信州大学ブナ原生林教育園 の  一 周 から  始まりです

 

                                                童 心 に  かえって  木登りです

 

                                                美 しさ に   心 が  洗 われます

 

        東コース の  見事 な ブナ林                                                 五差路 です

 

                            北 ドブ 湿原 です

                                花 の 季節 にも   訪れたい ところ ですね

 

                             北 ドブ 湿原 の  東屋 です

 

                                                      八剣山・入口 です

 

                                                          八剣山・山頂 です

 

                                                八剣山 歩道 を   行きます

    

                                                         八剣山 歩道

    

                                                         八剣山 歩道

 

                                                           八剣山 歩道 

 

                  一旦   車道 へ   出て  すぐ  通行止 め の  ドブ 平歩道 に  はいります

    

                           ドブ 平歩道です  なぜ 通行 止 め  なので しょう

 

                南 ドブ 湿原 入口                                                   大 ブナ 歩道 入口

    車道 を 歩き   南 ドブ 湿原 入口 を  見送り    大 ブナ 歩道 へ  入ります

         

                              大 ブナ 歩道 は   シラカンバ  と   ブナ の  道 です

 

                                                             大 ブナ 歩道

 

                                                             大 ブナ 歩道

 

                                                 往路  通った   五差路 です

                  私 の  歩きが  遅く   1 0 分  以上  待たせて  しまいました

 

                                                       最後 は   西 コース です

 

                                        西 コース  も  見事 な  ブナ林 です

 

                                       カヤの平キャンプ場 に   帰って 来ました

 

                              空身 で    東屋 の 横 から      南 ドブ 湿原 へ   行きます

 

                 南 ドブ 湿原 入口                               南 ドブ 湿原

 

          南 ドブ湿原 は   もう  湿原 の 体 を  なして おりませんでした

 

                      東 回り の  車道 を  利用 して  カヤの平キャンプ場 へ  帰りました 

                                 

秋山郷 と  カヤの平キャンプ場 を  結ぶ  無料 の  シャトル バス が  運行されて いました

           時間 の  余裕 が  あり   ゆっくり  宴会 を  楽 しむ ことが できました


奥志賀高原  高標山

2016-10-17 09:05:27 | ブログ

 平成28年10月16日(日) 快晴  田島 本郷 中原  計 3 名

カヤの平キャンプ場7:57→ゲート8:01→高標山・登山口8:13→稜線・分岐8:59/9:01→

展望地9:25→高標山・山頂9:27/57→展望地10:00→稜線・分岐10:20→高標山・登山口

10:45→ゲート10:57→カヤの平キャンプ場11:03/45=のぞき12:47/13:00=渋峠=

日本国道最高地点2172m 13:05/10=草津白根・弓池=お蕎麦休憩14:00/32=

渋川伊香保IC16:00=三芳IC18:20=谷保駅19:30

地形図 夜間瀬   行動時間 3 時間 05 分

    今日 は 展望 の  良い  高標山 へ  行きます

 

    今朝 とても  冷 え 込 み ました    真っ白 け です

            朝もや の  シャッターチャンス を  狙って いる 方々 です

 

わずかな  時間 で  すっかり  温かく なりました                          高標山 の  ゲートです

 

         8 0 0 m  林道 を  歩きます                                           高標山・登山口 です

 

                                            素 晴らしい 自然林 の   中 を

 

                                                          稜線 に   出ました     

 

  今年 の  紅葉 が  全く  ダメ との こと   でも この うつくしさに 大満足 です

 

                                   素晴らしい  高標山 ・ 山頂 です

 

                                                        高標山 ・ 山頂

 

                                          高標山 ・ 山頂 から の   景色 です

 

                                                 山頂 直下 の   岩・展望所

 

                                      帰ります   登って くる 方達 と  すれ 違います

 

                                                登山口 に   着きました

 

       8 0 0 m の   林道 歩きです                                         ゲート を   通 り

 

                                   連泊 してる   カヤの平 キャンプ場 に   戻りました

  寂しそうな  カヤの平 キャンプ場 を  想像して おりましたが

     テント組 や 入れ替わり  立ち替わりの  訪問者 で  にぎやか でした

 

         のぞき から  横手山 を  望む                                        笠ヶ岳 の 雄姿

渋峠 を  通り  草津白根山 を  ドライブ して  帰りました

         8 時 ~17 時 の 間しか  通行 できません

草津白根山 の お釜 へも 本白根山 へも  入山禁止 に  なって おりました

            係 の 方 が いて 警備 して  おりました

 

       日本 国道 最高地点 だ そうです                              ここから の  芳ケ平 の 景色 です

                             

  そば処 水車小屋 で お蕎麦 と  アツアツ の  お焼き で  今回 の  山旅 の  しめくくりです

  予定より  2 時間 30分 も  時間  オーバー の 運転   大変だったことでしょう 感謝 です

     山仲間 と  秋 の ブナ林 シラカンバ を  存分 に  楽しんだ 3 日 間 でした

 


鳥居地峠から 忍草山・権現山~忍野八海

2016-10-05 12:07:53 | ブログ

平成28年10月06日(木) 快晴  田島 中原   計 2 名

自宅6:55=中原宅7:25=忍野村民ふれあいホール9:57/10:06→鳥居地峠10:40/45→

金比羅山11:08→忍草山東峰11:35→車道11:45→高座神社11:53/12:20→権現山12:26→

車道12:32→忍草山東峰12:40→忍草山西峰12:53→林道13:22→忍野八海13:45/14:25

→忍野村民ふれあいホール14:55/15:00=道の駅・須走 泊り15:30

地形図 富士吉田  SCH 614 行動時間 4時間 50 分(黒線 3 km 歩く)

3日間 の  大きな 山行 が  天気 の 関係 で  中止と なり 急きょ 代替えの 山 を 考える

  台風 の 影響 で  天気が  どうなるか わからないので 短時間 の 山 を  探す

    14年前 鳥居地峠 に  立った時 反対側 の  コース が  気 に  なって いた 

        歩程 が  短いので ちょうど よさそう です

 

     急な  誘いなのに 山友 の 都合 が  付き 二人 で  行くことに なり うれしいー

              忍野村民 ふれあい ホール の  駐車場 に  車 を  置かせて もらう

 

                鳥居地峠 の 入口                                     鳥居地峠 へ

                  

                                     高座山 が  美しい

                                             

                                                                  鳥居地峠 です 

 

                高座山 の 道標                                        今日 は  反対側 の  権現山 へ  行きます

 

                          雑然と した 道 を  行くと  石祠 の ある  金比羅山 へ  着きました

          

     入山者 が  少なそうな 道 を  たどり   忍草山東峰 です   山名版 は  無い ようです

 

         北 へ  8~9分 で  車道 へ  出ました      高座社 の  鳥居 が  ありました

 

                                       左回りで  権現山 へ  向かいます

                               

                                        ここ  高座神社 で  昼食 と  しました             

       

                          大権現 の 鳥居 を  くぐり 三角点 権現山 へ  向かいます

                          

                                                  三角点 権現山

         

あるか ないか の 踏み跡を  たどり 高座社 の  鳥居 に  戻りました    岩 の 後ろ に  出ました

 

       忍草山東峰 に  戻りました                     忍草山西峰 に  向かいます

 

                                     忍草山西峰 です   山名版 が  ありました

         

            ほとんど  踏み跡 は  ありませんでしたが 尾根 を  たどり  林道 に  出ました

 

                                     半分  未舗装  林道 を  忍野八海 へ  向かいます

2 0 年 以上  前に 初めて  忍野八海を  訪れた時 神秘的な  水の 美しさに  感動しました

 

     高座山 杓子山 鹿留山 の  雄姿                                         忍野八海 の  始まり

         久しぶり に  登りたく なりました

  

                                                   忍野八海  巡り です

 

                                                   忍野八海  巡り です

 

                                                    忍野八海  巡り

 

                                                   忍野八海  巡り

        昔 感じた 神秘的 な 水 の  美しさは 少し 薄れて  おりました

 

                                                   忍野八海  巡り

     昔 歩かなかった所 を くまなく  散策し 趣のある 風景 を  楽しみました

 

                                  忍野村民 ふれあい ホール に  帰って 来ました

  今日は 小さな 地図読 み 山行 でしたが  楽 しかったです 

      明日 富士山・二子山一周  登山 の 為  道の駅・須走 に  向かいます

        久しぶりに 山友 と ゆっくり  宴会 を  楽しむ 事 が   出来ました

                そして 二人で 車中 で  寝ました

                                   

   登山者 の  少ない  コース の 為 か  山栗 が  拾い 放題 でした

             帰宅後   栗 の 皮むき に  3 時間 以上  かかり 大変でしたが 

                                                        栗 ご 飯  に   して いただき ました

 

 

 


富士山 ・ 双子山 ~御殿庭~幕岩

2016-10-05 11:56:27 | ブログ

平成28年10月07日(金) 曇り ガス 快晴   田島 中原  計 2 名

道の駅・須走6:24=御殿場口新五合目6:50/7:00→大石茶屋7:18→双子下8:05→双子山

8:10/16→双子下8:22→四辻(二合)8:32/35→三辻8:48→小天狗塚9:05→御殿庭入口

9:25→御殿庭上10:05/40→御殿庭中(三合)10:55→御殿庭下(二合五勺)11:15→

須山登り一合五勺12:10→南山休憩所12:30/45→須山下り一合五勺13:00→幕岩12:12/22

→御殿場口新五合目14:15/25=中原宅17:10=自宅17:45

地形図 富士山   行動時間 7時間 15 分 

         急 の  誘いにも  関わらず ご一緒 頂けた  山友と 嬉しく 出発です

   前日 ゆっくり  過ごした  道の駅・須走 から  2 5 分 で  御殿場口 新五合目 に  着きました

 

             御殿場口 新五合目 から  出発です      快晴 の  はずが   何か 曇って います

 

                      御殿場口 新五合目 の  トイレです    とても きれいです

        

       富士山 の  矢印 で  誘導されます            今年 の  富士登山 は  終了なので  通行止めです 

                                                                        大石茶屋まで  通らせて もらいます

 

                                                            大石茶屋 です

     

                                           下双子山 です    あいにく ガス の  中 です

 

        下双子山 から の  下りです                           振り 返って の  下双子山 です

 

                                        四辻(二合)を  経て 三辻 に  着きました

 

            樹林帯 に  入りました                      白 い  コケです

 

    変化 に  富む  表情 を  持つ  コースです                               コケ の 花 ?

 

                                                             小天狗塚 です

 

                         色々 な 雰囲気 の  道 を  ゆっくり  楽しんで  歩いて  行きます

 

                 美しい  カラマツ 林                        御殿庭入口 で  宝永山 方向 へ  向かいます

 

                                          何とも  言えず  美しい  景色で す

 

                                       嬉しい ことに 快晴 に  なって きました

 

                 御殿庭上 にて  富士山 と  宝永山 を  バック に   今日 の   ハイライト です 

 

                       御殿庭上 から の  富士山 と  宝永山     なんと 美しい 姿でしょうー

                                           二組 の 登山者 と  出会いました

 

                               樹林帯 の 中 を  わずかな  登りで   御殿庭中(三合)に  到着です

        

                                        ここは  村山古道 の  一 部 なの でしょうか ?

 

  御殿庭下(二合五勺)に 着きました      道標 で  しっかり 自分たち の 行く コース を  選びます

 

  須山口登山歩道 を  歩いて います                 何人 かの  キノコ 採り の 方 と  会いました

 

                                須山登り 一合五勺 です 幕岩 へ  行く為  左 に  方向 を  変えます

        

                                      様々な  表情 を  見せて くれる 森 を  歩いて  行きます

                               

                                                南山休憩所 です   果物 で  一 息  入れます

 

               幕岩下 の 分岐 です                                         なんと  美しい の でしょうー

 

                                                            幕岩 の 様子 です

 

      ここ は  少し 分かり  ずらかったです                                       崖っぷち

                   道標通りに 行くと  崖っぷちに 出て 道 が  つながって いました

 

                                                      木橋 が  ありました

 

                                                     幅広 の 道 が  多いです

 

                                これは  なんでしょう ?    二 か 所   ありました

 

                                          ゆったりした 雰囲気 の 所 ですね

 

                                                         フィナーレ です

 

                                           御殿場口 新五合目 に  帰りました 

      変化 に  富んだ 大変 楽しい  コース でした 

                久しぶり に  山友 と  歩け 大満足 の  一 日 と  なりました    感謝です