ひろこの山旅

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

嵩山 たけやま

2015-10-30 07:03:08 | ブログ

平成27年11月3日(火)    晴れ

       三浦 平野 本郷 飯島 神田 山口 横溝   田島 戸塚浩子   計 9 名 

二子玉川駅6:00=川越駅7:30=東松山IC8:18=渋川伊香保IC9:09=道の駅・霊山たけやま

9:48/10:10→→一番観音10:12→休石10:30→二番観音10:36→天狗の広場10:49→

小天狗10:53/56→四番観音11:09→天狗の広場11:11→三社神社11:19→二十六番観音

11:29→御城の平(本丸跡)11:30→西登山道・分岐11:33→三十二番観音(獅子鼻)11:45→

観音像群12:05→地蔵尊12:07→三十三番観音12:09→昼食12:25/40→五郎岩分岐13:07→

烏帽子岩・二十七番観音13:16→二十八番観音13:22→五郎岩13:27→大天狗・嵩山山頂13:45

/14:00→弥勒穴分岐14:30→十八番観音14:33→十七番観音14:39→胎内くぐり14:45/50→

道の駅・霊山たけやま(そば処けやき)15:10/16:05=渋川伊香保IC16:51=高坂SA18:30/41=

川越IC 19:00=本川越19:22/28=自宅20:23      行動時間 5 時間

                            

                   嵩山は   吾妻八景 の  一つで   山頂 の 大天狗からの  眺望 は すばらしい

道の駅・霊山たけやまで  頂いた マップで  出発です

嵩山三十三観音 を  追って 歩きます

 

     快晴の中 表登山道を 出発です                                     一番観音

 

           ルンルンで                           素晴ら しい 快晴 の 中 を

 

                    蝙蝠穴・二番観音                                               休石

   

             三番観音へ                             三番観音

 

           八・九観音                             十観音

 

          天狗の広場                             小天狗へ

 

                            小天狗・山頂

                小天狗・山頂から  不動岩 を  登って いる 人が  見えま した

                青空 と  岩場 の  景観 が  なんとも 美 しい  これだから 山 は  楽 しい―

                 

                  小天狗 の 下り  新人さん  おっかな  びっくり

     

                 四番観音へ                         四番観音

 

           天狗の広場                           六・七番観音

 

          気持ちの良い登山道                      三社神社

     

          自然林の中を                        二十六番観音

 

                            御城の平(本丸跡)

武田方に 責められ 1 8 歳 の 若き 城主 城虎丸は  山から 飛び 降り  自らの 命を 絶つ

女性や 子供も 後を 追ったと いう 悲話 が 伝わる  供養 の 為 の 観音様です

                   

                                 展望

 

         素晴ら しい 紅葉です                                  三十二番観音(獅子鼻)

今日 唯一の 不安コース・西登山道へ  3 2・3 3 観音を  求めて 突入です

リーダーは 果敢 に  進みます  えらいー

本郷さんも  僅かしかない  資料を  取 り出して  きておりました

 

        エフを 頼りに 歩いて 行きます                          観音群

   

            地蔵尊                             三十三番観音

戦国時代 遺体の あった 場所に 観音様を まつったのだ そうです

複雑な 地形を エフ の お蔭 で   三十三番観音 に  辿り 着く事 が できま した バンザイ― 

 

途中  あわただ しく  昼食を すませ 分岐まで 戻 り 烏帽子岩・二十七番観音へ  向かいます

楽 しみの  十割そばが  1 6 時まで なので リーダーは 時間 が  気に なるら しい

 

                                                烏帽子岩・二十七番観音

  

                                                         二十八番観音

 

                                            五郎岩 の 松の 風景が 美 しい

                        

                                                               五郎岩から の 展望

 

                                       大天狗・嵩山山頂 へ の 登り の  様子

            ツアー登山 の  方々が ヘルメットに  カラビナ・ザイルで  登って おりました

   

                大天狗 ・ 嵩山山頂 へ   楽 しい  鎖 で の  長 い 岩登 り で す

             

                                                大天狗 ・ 嵩山山頂                           

 

     山口さんが  新人さん の  ホロ―  準備                      新人さん 確保で 山頂 へ 立つ

我が 会の 信条が 発揮されました 皆さんで 新人さんを ホロ― し 安全に 登頂 して もらいま した

   

                      群馬百名山  大天狗 ・ 嵩山山頂 から の 大展望 すばらしいー

 

         大天狗・嵩山山頂から の  下り                  新人さんは 平野さんの 確保で 降りて います

 

                                 胎内 く ぐ り へ    きつい 登 りが ありま した

                              

             途中 2 1~2 5 番観音へは  落石の 危険の為 侵入禁止に なって お り ま す

   

                    鎖 で  登った 後   胎内 く ぐ り です

 

                         道の駅・霊山たけやま へ   心 は 十割そば へ

お散歩・登山の つもりが  中々 どうして 小粒ながら  ピリリ と  山の 醍醐味が 詰まった 山で した

 

          ステキな 古民家  (そば処けやき)で 十割そば を  楽しみ 締めくくりです

難関 の  3 2-3 3 観音を  見事 クリアーできたのも リーダーの 下調べは もとより 

我 が  山の会の信条   山 の 基礎を  みんなで  勉強 している 賜物 と 思いました

大変 楽 し い  一日 と なりました  有難うございました

 

 


(谷川) 田尻尾根~高倉山~湯蔵山~今倉山

2015-10-22 21:45:49 | ブログ

平成27年10月29日(木)  晴れ    田島 建石 神田    計 3 名

土合駅・泊り20:51/5:55→西黒沢橋6:10→田尻尾根・入口6:41→縦走路7:47→

天神山入口8:02→天神山峠8:22→天神山8:28/50→高倉山・リフト駅9:12→高倉山

9:20/27→鉄塔9:51→湯蔵山・昼食10:05/33→双耳峰10:39→高床の廃屋11:13→

△今倉山11:42/47→赤・境界石12:08→左から巡視路12:27→鉄塔12:29/32→

600m辺り・上杉謙信屋敷跡13:00→横吹橋13:09→水上駅13:25/14:05=自宅17:30

地形図 水上   行動時間 7 時間 30 分   標高差 700 m

建石さんの 参加で  心強く  出発です 高崎駅~水上駅間 の車内で  1 時間 夕食・宴会です 

心配だった 土合駅・泊り 温か く  寝られて 良かった 

土合駅の 水道は 呑み水では ない 持参 の  2 リットル の 水で 丁度  間 に 合った 

平日 の  この 時期 土合駅 は 貸切 で した 

目が 覚めて しまったので 4 : 3 0 に  起床  ゆっくり  朝食 を とり 出発です

 

                         西黒沢橋                                            修復されて 通行可

あらー 空は  黒い雲に 覆われ 霧雨だー どう しましょう   とりあえず 歩いて 様子を みる ことに 

入口 の 西黒沢橋まで 来ると 黒い雲 が 白っぽ くなり 霧雨も 無くなった 

集中豪雨で  破壊された橋は みごと  修復されて 通行可で した

 

                                                       田尻尾根・入口

               30 分で 立派な 林道から 離れ 田尻尾根に 入ります

 

                                                          田尻尾根です

           急登ですが 歩かれているのが  うかがわれる  良い 登山道です 

 

            もう 青空です うれしいー                              1 時間 06 分で  縦走路に  出ました

    時間 に  余裕が  あるので 天神山 へ  よって  行く事に しま した

 

西へ 10 分ほと  行くと  天神峠入れ口 で した                        天神平~高倉山

                     笹の中の 道を わずかに 登ると 天神平~高倉山 の 展望 が 開け すばら しい

 

                                                        天神峠

リフト駅が  天神峠に なっていました  谷川岳から 平標山への 稜線が 目の前に すばら しいです

            

                    天神峠 の  トイレ に  ヒーターが 入って おり びっくり しま した 

 

                                           天神山の様子

ひと登りで  1502m  あずまや の ある 天神山で した   天神山から 鳥居のある 風景が 美 しい 

 

               高倉山へ                             天神平 と 谷川岳

高倉山へは 少し ウロウロ して  しまいました  

高倉山へは ゲレンデ を 下り  右 回 りで  大き く   回 り 込んで 行きます

 

                        天神山                         天神山と谷川岳

天神平から 10 人位 登ってきます 送電線の 仕事の 方達で した 

 

                  湯蔵山手前の 鉄塔まで 一緒に  歩くことに なりました

                                    この先   登山道 ありませんの  標識  が  立って おりま した

 

                高倉山へ                  素晴ら しい  谷川岳 ・ トマノの耳、オキノの耳

 

                                          高倉山からの  すばらしい 展望

 

                                                     稜線漫歩 で 湯蔵山 へ

湯蔵山・鞍部まで  巡視路の 良い道 が ついて います

                   湯蔵山へ  展望のよい ヤセオネの  足場 が 悪く  危ない 急下降 が  続きます

 

           ワイヤーロープ                       振り返って                     

ワイヤーロープが ありますが 所々 敗れて ワイヤーが  出て いますので  怪我に 注意です

           頼 も しい 仕事の 方達と 一緒なので 少し 安心感 が ありま した 

 

             落ち葉を 蹴散ら して                             鉄塔で お別れの 挨拶を して

 

                     振り返って                   鞍部で 巡視路から 離れ 湯蔵山へ

              僅かで  巡視路から 離れ 薄 い 笹の中を  高見を めざして 登って 行きます

 

                                               湯蔵山・山頂

        山名板の ある 湯蔵山で した  逆光で 山名板の 写真が 光っています ここで 昼食です

 

               軽い笹の 中を                                                   ここは 湯蔵山 の 双耳峰

            コンパスを 振って 軽い笹の 中を 下り 登り返 して 湯蔵山の 双耳峰です

 

                     今倉山へ 道があったり なかったりの下りで

 

     ヤセオネ 両側 切れて いる 所も

                                   展望が 良く 藪漕ぎもなく 迷う 心配は ありませんで した 

 

                振り返って                                ハッキリ した 道 も  ありま した                   

  

                                            紅葉の中 を

 

                                            美 しい 樹林帯 で す

 

                 高床の廃屋で した                                南南西 に  方向 を 変えます 

 

     美 しい  ホワイトバレースキー場 の リフト駅が 現れました 

                                              谷川岳 と マッチして 実 に  良い ロケーション で す

                            

                                    イワウチワの 群生地を 通りま した

  

   草 深 い中に 今倉山・三角点が ありました                       ここが 今倉山・ 三角点の 場所

南南東に 向きを変え 僅かで 地形図で 幅広の所 二重山稜で 複雑な 場所に なりました 

始めは 真ん中辺りを 最後は 右の はっきりした 尾根に  のりま した 

 

        軽い笹の中を 進んで いきます                    ここが 8 6 6 m に 向かう 分岐で した

                        分岐 と なる 標高 9 6 5 m  辺 り に  赤・境界石が ありました 

  

                赤ペンキの 広い尾根                                         8 6 6 m へ の 尾根

                       木に 赤ペンキの 広い尾根から  8 6 6 m への 急な 尾根に 乗り 換える

           南東への 緩やかな 尾根の 方向に 木に 赤ペンキが ありました 

ここを 行っても 鉄塔を 経て 巡視路に 出られる様ですが 我々は 8 6 6 m の 尾根を 利用しま した

 

                 左から 巡視路                                               巡視路

見事 とらえた 尾根を わずか 下ると 資料どおり 左から 巡視路が 現れました やったー 成功です

 

                                   なんども 現われる 鉄塔から の展望を 楽 しみながら 

        

                                           ルンルン の 巡視路を 行きます

              

      600m辺り 上杉謙信屋敷跡                    紅葉の巡視路

   

                                    フィナーレ 近 し

         

               横吹橋                            石段

             最後 砂で埋まった 石段を 注意 して 下り 横吹橋に 降り立ま した

 

                              水上駅

真っ青な 空の下 水上駅まで 15分 で し た 

また 高崎までの 車内で 宴会 し 今回 の 山行を 締 め く く りま した 

美 しい 樹林  谷川岳の 大展望を 望みながらの 地図読み山行 仲間と 歩けて 幸せで した 

 

 

 


八ヶ岳横断歩道

2015-10-20 13:02:05 | ブログ

平成27年10月24日(土)   田島 中原   計 2 名

中原宅16:10=国立府中IC 16:27=長坂IC 18:00=美しの森駐車場・車中泊18:30/ 4:30

( 35分)→清里駅5:05/43(240円)=甲斐小泉駅5:56=タクシー(3970円)=観音平6:15/20

→ひかり苔6:22→⑤小泉口分岐7:00→⑦三味線滝7:18/20→つばめ岩8:11→⑭ツバクラ岩分岐

9:22→ツバクラ岩往復13分→⑯御神楽岩展望台分岐9:52→⑳展望台分岐11:21→22天の河原・

昼食11:47/12:10→25天女山12:25/35→八ヶ岳牧場入口13:01→30展望ピーク13:22→

八ヶ岳牧場出口13:46→渡渉13:57→33小滝14:02→34林道14:15→36羽衣池14:34/51→

37たかね荘15:00→38美しの森展望台15:14/25→39美しの森・駐車場15:35/55=

長坂IC 16:12=国立府中IC=中原宅19:00=自宅19:30

地形図 八ヶ岳西部・谷戸  歩行距離 16km   行動時間  9:15                 

 

                  クリックで 拡大

前夜 美 しの森・駐車場で  車中で  宴会 し 寝ました   早朝 歩いて 清里駅に 行きました 

3 5 分 で  ついて しまい 時間 が 余って しまいま した 

一番電車で  甲斐小泉駅に  行き 予約 の  タクシーで  初めての 観音平に 入りま した

 

                   観音平・駐車場                         ひかり苔

もう 沢山の車で 皆さん 歩き はじめて おります  八ケ岳横断歩道へは 我ら 二人 だけで した

 ひ か り 苔 か ら   ノンビリ 出発です

 

取り 寄せた マップで 道標 NO 1~39 まで 歩きます 良く 手入れされた  トレッキング道です

 

                                                             三味線滝

風に 舞 う カラマツを  浴びながら 行きます   感 じの 良い 木橋の ところが  三味線滝で した

 

                                                             つばめ岩

                             岩が 連なっている 所を  つばめ岩と  言うので しょうか

  

                                美 しい 樹林 に  身 を ゆだねて  歩いて 行きます

 

     道標の NO で  現在地が 分ります               ジグザグに 下って

  

                                                1 4 ツバクラ岩・分岐

  ツバクラ岩は  ピストンします   手前で 右手・下に  大きな 岩穴が 見えたのが そうで した 

  

                                                              ツバクラ岩

       分岐から 下って  見学に  行きました   昔  修験僧 が  こもったのでは ないで しょうか

 

                          素晴ら しい 景観 の 中を

                                   

                                     ⑯ 御神楽岩・展望台 だけは  行きたかったですね

展望台・分岐が  3ヶ所 ありましたが 今日は 時間 が なく 残念ながら 割愛 しま した

  

                         なんと おおらかな トレッキング道 で しょう

 

           小笹の中を                     三つ頭で しょうか?

 

                          ゆったり   森に 身を 任せて

 

                          樹林 の うつく しさ  自然の 色合いの 美 しさに  酔い しれます

 

                       こんな 美 しい中を あるけて なんと 幸せ―

 

                                                           2 2 天の河原

権現岳~三つ頭からの  合流点が  2 2 天の河原で した  

以前 通過 しているのですが 覚えが ありません    展望が よく テーブル・イスが あるので 昼食です

 

                                       なにか イベントを している 天女山・駐車場

 

                                                              天女山山頂

                           天女山山頂です  皆さん  楽 しそうに  憩って います

                  

                                            NO 2 4 から  車道短縮道を 行きます

 

                             八ヶ岳牧場

八ヶ岳牧場入口から 牧場の 中を  歩いて行きます   赤岳~権現岳 の 展望が  すばらしい

八ヶ岳牧場 は  入口から  出口まで  4 5 分 の   歩 きで し た

 

                     3 0 展望 ピーク                                                   赤岳  

                白ザレの 3 0 展望 ピークで  一息いれ 2 5 分位で  八ヶ岳牧場出口 で した 

 

           渡渉地点                                      3 3 小滝

 

            林道から 登りです                     なんと 美 しい 樹林帯

 

                                                                羽衣池

湿地帯 の ような 羽衣池 を  一周 して  少々休憩です  ここは 赤岳から の 合流点でも  あります

 

        歩きづらい 丸太階段                       たかね荘

 

                             美 しの森展望台

3 8 美 しの森展望台です  有名な  清泉寮のと  同 じと 言う ソフトクリーム を  食べま した

 

                     木道・ 遊歩道 を  下って 美 しの森・駐車場へ

 

                             軽自動車 を 置いた  3 9 美 しの森・駐車場 に  帰りま した

全長 16 km 変化の ある  多 く の アップダウン を  こな す  心・満 た さ れ る コースで した

相棒 と 歩いて   感動 を  共有で き  しあわせで した  

 


赤湯温泉~苗場山~小松原湿原~魚野川水平歩道 1/2

2015-10-19 06:45:33 | ブログ

平成27年10月15日(木)~18日(日)    田島    計 1 名

宿泊   赤湯温泉   苗場山自然体験交流センター   ヒュッテひだまり 

 総費用 33854円 

   

一日目 15日(木)  晴れ  越後湯沢駅~赤湯温泉   行動時間 4 時間 05 分

国立駅5:45=越後湯沢駅10:21/11:40=バス(590円)=元橋バス停12:17→赤湯温泉入口

12:22→川床12:41→ゴンドラ下13:00→林道歩き13:31→小日橋(一般者のゲート13:49)→

クサリ・ゲート14:04→林道終点14:28→鉄橋14:34→鷹ノ巣峠15:21→見返りの松15:44→

急下降・始まり16:06→鉄橋16:14→赤湯温泉16:25

念願 の 縦走コース    一人  寂 し く 出発です   鈍行で 越後湯沢駅 に 行きま した 

                 

赤湯温泉へ 行く 男性 が 一人 いま した  うれしいー  

元橋バス停から 200m位 先が 入り口です 

初っ端から 危ない 下りです  スポーツ公園を 右手に 道路を  突っ切ります

 

                                    明るい森を 気持ち 良く  歩いて 行きます

 

        何 か 頭上で 音が すると 思ったら  苗場・田代ゴンドラが  通過して いました

               

                                        陽を 受けた 紅葉が 美 しい

頻繁に ある   赤湯温泉への  道標を  しっかり 見て いけば 道迷いは  ないで しょう

 

          山道が 終わり  林道を 20 分ほど  たどると  小日橋の 一般者の ゲートで した  

    

                                    さらに  林道歩きです

 

      赤湯温泉の車 (荷揚げの為)                         林道終点

さらに  40分で  林道終点で した     途中に  鎖 の ゲート が   ありま した

ここから 赤湯温泉まで 山道 と なります

 

                 棒沢橋を 渡ると 本格的な 登りで 鷹ノ巣峠 へ

 

                        紅葉の 中を 鷹ノ巣峠 へ

 

                              鷹ノ巣峠 の 様子

 

                     軽い アップダウンで 見返りの松 で す

 

     

         ここから 下りが 始まり 最後 ロープで  ジグザグの 急下降です       

 

                                        鉄橋を 二つ 渡る   

                             二つの 鉄橋の間 が  感 じ の 良 い テント場 で した

 

                                                         赤湯温泉です 

時間別 に 男女を 振 り 分け 全部 の湯に 入れるように なって おりました

 

                   露天風呂                  ランプの宿で 皆さんと 団らんです

色々な 雰囲気の ある 登山道で 楽 しく  歩けました   テント場料も  ポットの お湯も  無料 

私の 着いた 時間から コースタイムを 計り 苗場山~小松原湿原を 一日で  抜けるの 

なんとか 大丈夫だろうと 気遣ってくれる 宿で した

二日目 16日(金)  晴れ 後 曇り  赤湯温泉~苗場山   5 時間 06 分

赤湯温泉7:00→鉄橋7:07→赤倉山・分岐7:21→川床・鉄橋7:33→桂の沢8:01→水場8:24

→稜線8:41→フクベノ平8:58→休憩9:22/30→見晴尾根八合目10:01→深穴岩10:21→

シラビソ廊下九合目11:01→クサリ場11:34→苗場山高層湿原・始まり11:42→

苗場山自然体験交流センター12:06→苗場山高層湿原・散策12:40/14:00

朝食後   ゆっく り 組 と    団らんの ひと 時 を  楽 しんで から  出発です 

今日は 苗場山まで な ので  気 が 楽 で す    昌次新道 を 行きます

7 月 の 刈 払  い で    ヤブ な く   快適 に  歩けま した

 

              河原 を  歩 る き  燦々と  輝 く 紅葉 の 鉄橋を  渡ります 

 

             宿 で  ご一 緒 だった  二組 の 方々が  キノコ 採り を  して おります 

 

                                     素晴ら しい 紅葉 を  楽 しんで  歩いて 行きます        

 

                                       沢沿 いの道 を 行き 稜線に 出ま した

 

                                                 展望 が  開 けま した

 

                            フクベノ平 の  ブナ林の 輝 く 紅葉 が 何 と も  うつくしい

 

           雄大な 景観です                 大きな 深穴岩 が  紅葉 と マッチして ステキです

 

                      シラビソ の 深い森 を  通ったり します

 

   苗場の台地が 大きく 立ち はだかって います 

                                     この ダイナミック な 崖を どうやって 登って いくのだろう

 

                       苗場山 の 高層湿原 に 向かって

 

                                       高層台地・直下 の クサリ場

   やはり 直下に クサリ場が ありましたが 大したことは ありませんで した 

               振り返ると 素晴らしい 景色です

 

                                   苗場山・高層湿原

          この 苗場山高層湿原に  到達すると 雲で 出て きて しまいま した

苗場山山頂 の トイレですが 苗場山自然体験交流センター の 中 に し か ありません

靴を 脱いで 100 円  払 う 様 に  なって おりま した 

環境問題 など 色々 あるので しょう が  宿泊 しな い方達 は  やり に く いで しょう ね

天水の為 お水も  お湯も  有料で し た

 

       苗場山自然体験交流センター                 苗場山・山頂 

チェックイン後 一休みしてから 小屋から 1分の 展望台から 小松原湿原の 稜線を 見に行きました 

立派な 山頂・山名板が ある ところが 遊仙閣 が  あった 所だそうです 

温かみの あった 遊仙閣 無 く なって 残念です

そして 高層湿原の 端から 端まで  ノンビリ  散策 して みました 

ここで  すれ違った  お二方と 宿で  楽 しい 時間 を  過ごすことが で きました 

2 週間前 に 行きそびれた 鋸山 長岡の方達で した   もう 山談義です 

長岡 の 花火の話から 次から 次と  話が つきません 

縁が ありましたら 中越の山の ご案内 よろ しく

 

 


赤湯温泉~苗場山~小松原湿原~魚野川水平歩道 2/2

2015-10-19 06:44:26 | ブログ

三日目  17日 霧雨 晴れ 苗場山~小松原湿原~上結東   9 時間 35 分

苗場山自然体験交流センター5:00→雲尾坂5:41→お花畑6:05→雷清水6:11→富士見坂

6:16→神楽ヶ峰6:29→田代・分岐6:36→股スリ岩6:43→小松原湿原・分岐6:47→岩塊帯

6:54/7:10→大日陰山8:04→霧ノ塔8:14→△日陰山9:14→川9:54→小松原小屋10:15/20

→中ノ代11:10→川11:34→金城山12:08→分岐13:31→風穴13:35→見倉・分岐13:52

→見倉橋14:14→上結東14:35/15:15=バス(480円)=和山温泉・分岐16:05→

ヒュッテひだまり16:10

  

             いざ 小松原湿原 へ                                            束の 間の 朝焼 け

ライトを つけて 5 時に  歩きはじめです 20 分 木道を 歩き 急下降です 慎重に 歩いて 行きます

                 

                              稜線漫歩

 

              雷清水                          神楽ヶ峰

 

            田代分岐を 経て 股スリ岩を 越えると  小松原湿原分岐です 

                どうも  霧雨が 降って います

              

               ストックを しまい 岩塊を ピンクテープで  追って 抜けま した 

  

                         しばらく 心細 く 感 じる道です 

30 m 先 しか  見えない時も  ありましたが 段々 視界が  きいて きました   よかったー

 

                           大日陰山 の 道標  

  

                             霧ノ塔 の道標 

 

                            雄大な稜線

 

                 そして  展望 ピーク が   三角点の ある 日陰山で した

 

日陰山から しばらくすると 沢に 出たりで また 一人では さみしく 感じる道を しばらく 歩きました

 

       この先に 湿原など あるのかしらと 不安に 思う頃 待望の木道に 出ました

                   

                すぐ  小松原小屋で した    ご夫妻が  昼食して お りました

 

                                樹林帯 と  湿原の  繰り返 しで 進んで 行きます

 

                   樹林帯の木道                 大場からの  登山者と すれ違います 

中ノ代で  小屋泊りなのでしょう  大きな ザックの 二人と 出合ました  ここが  金城山の 分岐で した 

全体図は あるのですが 道標は ありませんで した    大場方面に 行って しまう 所 で した 

 

                  青空が 出て きました 川へ 出たり しながら 金城山へ 向かいます

5~6 回 は  滑ったでしょうか  危ない 危ない  気を付けなければ

紅葉の 素晴らしい 登山道に  なって きました 一人 歓声を あげながら いきます 

金城山は 長い ブルーテープが ぶら下がって いた所で しょうか 

 

風穴方面に  急下降ですが もう 安心の道です        ルンルンです  美しい 駐車場へ

 

                                見倉集落 の 分岐で  見倉橋へ  ジグザグと 下ります

 

                                             見倉橋への トレッキングコース 

地形図で 等高線 が  詰まっている  部分ですが 実 に 良い トレッキング 道 で し た

   

                                                      見倉橋

新潟 の橋 50 選に  指定されているからか 見倉橋に  大勢の  観光の方が  来て  おりました 

 

           最後の登り                        上結東・バス停

 登りかえ して 待望 の 上結東です   ばんざいー    歩 き 切 りました

上結東バス停 15:1 5 発  和山温泉行き バ スに  乗るため 頑張 りま した 

私は 68 歳    超・スローペースなので 休憩時間 は  取れませんで した 

歩きながら 行動食を 食べて いま した 

  

バスを 和山温泉入口で  降り  ヒュッテひだまり に 行きます  お風呂 に 入って ゆっくり 休めるぞ―

四日目 18 日(日)  晴れ 切明~魚野川水平歩道~野反湖  9 時間 40 分

ヒュッテひだまり 16:10/5:00→魚野川渓谷・入口ゲート5:11→吊り橋5:40→急登→

魚野川水平歩道・始まり6:12→ハシゴ6:23→トンネル二つ6:34→馬ノ背隧道7:04→

第一人道隧道8:26→渋沢ダム8:37/48→1748m西大倉山11:14→イタドリ沢11:50→

北沢13:24→地蔵峠13:52/55→ハンノ木沢14:20→野反湖14:40/15:16=

長野原草津口駅16:32/17:30=国立駅21:15

ヒュッテひだまり は  登山者に とても 親切です 

夕食 朝食 ともに たっぷり の  おかずで  嬉 しい  限りで した 

4 時30 分に  朝食を 用意 して くださ り ゆっく り 食べさせて  くださいました

 

                 魚野川渓谷・入口                                        20 分 で 吊り橋

魚野川渓谷・入口 に  5 時 10 分 に  送って く だ さ る 

日本二百名山ひと筆書きの  田中陽希さんが  間違いましたね   ここが 正規の 入口です                 

最後  時間・オーバーに  なった 身に とって  この 5 時 10 分 の 出発は 大変  ありがたかったー 

ここから 往復 の トレランの 方 と  吊り橋 で 会う  時間 が 可能なら  白砂山にも  行くそうです

 

急登を 登りきると  水平道の 始まりです            楽 しそうな  3 人 の 男性が  登って 来ました 

 

                                    二つ  岩 の トンネル を 通過 

 

                                              紅葉 まっさかり の 水平道

 

                                          記念 に  写真 を  撮 り合いま した

鍵 で  馬ノ背の トンネルを  開 けているでは ありませんか ハイカーで なく 仕事の方達で し た

  ラッキーな 事に  私も  トンネル通過に  便乗させて  いただけま した 

                

                                                     輝 く  紅葉 で す

 

                                                      第一人道隧道

橋を 5~6 回 は 渡ったで しょうか  水平道 歩き  2 時間 10 分位で  第一人道隧道 で した 

 

                                                           渋沢ダム

渋沢ダムです 湖畔 と プレハブが  多数 建っています 出会った 男性たちが おりました 

本当に  明るく  楽 しい 人たちで  挨拶 して お別れです

 

ここから 登りです 美しく 大らかな樹林帯で 変な言い方ですが 急登を 滑らかに  登って行きます

        

              エフも  道標も 何も ありません  ただ  ひたすら  つらい 登りを  頑張 る ので し た

                                  

                                                     ここが 西大倉山 辺り

                               1748 m 西大倉山だと 思われる所に 山名板は ありませんで した

 

今までの おおらかさは なくなり 笹の 刈払の道 トラバース道 不明瞭な 所など 出て きました 

イタドリ沢を越え 北沢の近くで  戻る 朝の トレランの 方と 会いました 他人事ながら 心配です 

 

                                     地蔵峠 手前 の 美 しい 風景

 

                       地蔵峠                                  地蔵峠の地蔵様

予定 よ り  20 分 も  早 い 出発で したのに 地蔵峠で  予定の 時間 と  なったのには  びっくり 

 登山者にも 出会う    地蔵様 に  ここまでの 無事 を  感謝です 

  

                                 下って  ハンノ 木沢を 渡 ります

 

                              登り返 して 無事 野反湖 に 到着です 完全踏破 成功です

今日も 超・スローペースで した      写真タイムが   休憩時間 で し た

野反湖バス停 15:16 発  長野原草津口駅 行きの  バス に  乗るために 頑張 りま した  

電車・帰宅用 に  着替えて コーヒーで  一息 入れたら  バスの 出発時間で した 

また 鈍行で  トコトコ 帰宅 いたしました  紅葉三昧 の 三泊 四日の 山旅で した 

 

 


荒沢岳 から 越後駒ケ岳   一日目  1/3

2015-10-10 14:45:16 | ブログ

平成 27 年 10 月4-5日  晴れ   田島  計 1 名

国立・自宅6:15=所沢IC7:00=谷川PA8:30/35=六日町IC9:04=シルバーライン入口

9:45=伝之助小屋10:10/21=枝折峠10:43/5:35=荒沢登山口5:45/54→前山1090.6m

6:48→ハシゴ・鎖の始まり8:06→前→荒沢岳11:09/25→灰吹山12:21→池塘12:42→

△灰ノ又山13:51/55→源蔵山・道標14:33→テントサイト・泊り14:53

行動時間 9 時間     荒沢岳 1968.7m     標高差 1200m

        Img

                                    

                                                         伝之助小屋

前日に 高倉山 を  登ろうと しましたが 厚い 雲に 覆われた 山を みて 中止と しま した

トンネルの方の道で 銀山平に 入りました 枝折峠まで 良い道で 安心して 走行で きました

荒沢岳の 難所を 安全に 通過する為 ザック 11 kg の  軽量化 に がんばりま した

 

                                    枝折峠です 11 kg の ザックで 縦走 に 出発です

伝之助小屋で 情報を 頂き 枝折峠で ノンビリと 車中泊 りで  一夜を 過ごしました

自転車を 下山する  ここ 枝折峠に 置きます 

 

                            登山届 を  提出して 荒沢登山口から  いざ 出発です

難所 の ある  荒沢岳を 登りと して  使いたいので 軽自動車で 荒沢登山口へ 行きました

荒沢岳・山頂で  縦走できる 天気で なかったら 戻る つもりで 出発です

 

                               素晴ら しい  紅葉樹林 の  中を  登って  いきます

 

 ハシゴ・クサリ場 (今年は 10/17 に 取り外し)                    ご高齢 の 女性が

ハシゴ に  登山靴 を  置いた時 滑る 感 じが ありました  気を 付けなければと 思いま した

ここで 我 が 山 の 会の メンバーが  落ちて な くな りま した

 

前(まえくら)  基部を 左に 巻いて 登ります                     高度感が すごいです

ここ どう して 越えたら いいのかしら と 言う 場所 も  ありました 

ご高齢 の 女性が  行き 詰って  おりま した

 

                            荒沢岳・山頂 直下まで  やっと  穏やかな 道に なりました

 

                                                   もう 下山者 です

  

                                              荒沢岳・直下 の クサリ場 で す

 

                 荒沢岳・山頂                         これからの 縦走路です

ずっと  重い雲が 取れなかったのですが 見事 荒沢岳・山頂で 大快晴に なりました

これなら 私の 最低限の 装備でも 縦走可能で しょう

山頂 で ご一緒の方が なんと 後から 縦走の ご夫婦が 来られると 言うでは ありませんかー

縦走者 私 一人で は   なかったー   うれしいー

ご夫妻に  テントサイ トで  お待ち して  おりますと  伝言 を  頼み いざ 出発です

この方が 素晴らしい縦走路ですねと 温かく 送 り 出 して くださ いま した  うれしいですねー

 

                   道標 で 安心感                                    振 り返って 荒沢岳 の 雄姿

 

           振り返って 荒沢岳 の 風景                    灰吹山

 

                                     素晴ら しい 風景 の 中 を  歩いて いきます

 

                    池塘 の 風景                                           紅葉 の 縦走路

 

                                          雄大で 素晴らしい 景色 の 中 を

 

                                        しっかり 刈 り 払いされた 道 を 灰ノ又山へ

  

                                              灰ノ又山 山頂 で す

 

               気持ち の 良い道                                   源蔵山 の 巻道 が 見えます

 

      源蔵山から 振り返って 草原が               源蔵山から 今宵の テントサイトが

 

    【  陽の水】 の 道標が ありました           水場への道 沢に 降りたら 60mです

    往復  17 分で  水が 汲めました       夏場でも  枯れることなく 沢床から 滲みでて います

 

  水も 取れ 素晴らしい テントサイ トです      福岡 の ご夫妻と ご一緒 で うれしかった―

福岡の ご夫妻と  しばし 歓談です   秋の 東北が 好きで 毎年 訪れてる との事 とても 詳しい

気になっていた 檜廊下の 状況も お聞き でき 安心しました 3年前に 笹が 被った道が あったとも

私は お二人の  仲 の良い 会話を  聞きながら 就寝です

 

 


荒沢岳 から 越後駒ケ岳  二日目  2/3

2015-10-10 14:44:52 | ブログ

平成27年10月6日(火)  晴れ

テントサイト・泊り6:10→巻倉山6:26→兎岳7:52/8:01→小兎岳8:28→9合目分岐10:38→

中ノ岳11:03→中ノ岳避難小屋11:11/30→檜廊下の始まり13:22→天狗平・道標14:37→

分岐15:42→越後駒ケ岳・山頂16:06/10→駒の小屋16:25

 行動時間 10 時間 15 分  

兎岳 1925.8m   中ノ岳 2085.2m    越後駒ケ岳 2002.7m                          

                                  

               福岡 の ご夫妻 に  ご挨拶 して お先に 出発です

                            ご夫妻は 今日 中ノ岳避難小屋・泊 り だそうです

                       出発時 軽い ガス で したが 20 分 も すると 大快晴 に なりました

 

兎岳に 向かう 入口の 右手に シャベル・付き トイレが ありました        巻倉山から

 

                 兎岳へ                 昨日 荒沢岳から 歩いて きた 稜線です

 

           きれいな 刈 り 払い道 です                        兎岳 中ノ岳 越後駒ケ岳 で す

 

                     兎岳へ                                        青空 と ナナカマド

 

  兎岳の 手前に  2 ヶ所 テントサイト が               中ノ岳 と 越後駒ケ岳

        

                         兎岳 山頂

 

        中ノ岳 と 越後駒ケ岳                     雄大 な 風景 で す

 

                                                            中ノ岳 へ

兎岳から 中ノ岳の 間は 右手が 切れている所が 多く 事故らないように 神経を 使いました

足場 の 悪い所 が  多かったですが 刈 り 払いは されており 道は しっかり して おりました

 

           歩いて きた 稜線                                      9合目・分岐

中ノ岳まで  山頂 と  思われる  ピーク を  何度 も  越えて  辿 り着 く  長 い  道のり で した

 

        中ノ岳・山頂                    中ノ岳・避難小屋

     中ノ岳 に 着くころから ガスが 出て きました

十字峡からの 日帰り 登山者に 3 名ほど 会いました

 

                                  振り返った 風景

ご夫妻から お聞きした通り  中ノ岳から 軽く 笹の かぶった 道 も 通りました

兎岳~中ノ岳の 道より  中ノ岳~駒ケ岳の 道の方が 危険度は 少なかったです

 

            ガス と 紅葉                                   檜廊下の始まりです

 

           檜廊下 を 歩いて います 安全に 通れるように なって おりました

 

                    檜廊下です  目の 高さ の  根っ子 を  2 度ほど  越えさせられました

 

                 天狗平・道標                               紅葉 真っ盛りです

 後ろから  檜廊下を 歩いて 来た 男性が  すごい 所ですねーと   私 を 抜いて  行きま した

てっきり 駒ノ小屋 に  泊まるのだと 思ったら  西の 十二平登山口へ 下山するのだそうです 

色々な  コースが あるのですねー

 

         駒ノ小屋・分岐                          越後駒ケ岳へ

ここまで 長かったー 

中ノ岳 同様 越後駒ケ岳・山頂と 思われる ピークを 何度も 越え やっとの思いでー

 

        越後駒ケ岳・山頂です                  鐘を 鳴らして みました

ガスっていますが 青空も見え 下に 駒ノ小屋 も みえます

福岡のご夫妻の言葉を借りると 狂うほどに 素晴らしい この縦走路 登山者 少ないですね

 

                 駒ノ小屋 が 見えます                   駒ノ小屋の水場 (往復 15 分)

無事  駒ノ小屋 に  辿り 着きました     弘子さん 一人で 事故なく 良く 頑張 りました

 

                        駒ノ小屋                                             宿泊者 と 団らん

ここまで 来られた 喜 びで テンション が  上がって しまいま した 

今日 の  宿泊者 は   8 名 です    昨日は 20 人 だ った そうです

 宿泊者 と 楽 しい  団らんを  持つこと が  で きま した 両親 と 娘夫婦です いいですねー

銀マット と  毛布 を  自由に 使わせて くださり ぽかぽかに 寝られ 疲れが とれるようで した

 

 

 

 

 

 


荒沢岳 から 越後駒ケ岳   三日目  3/3

2015-10-10 14:43:37 | ブログ

平成27年10月7日(水)~8日(木) 晴れ

駒の小屋6:25→前駒6:57→百草の池7:27→小倉山8:06→道行山・分岐9:01→

明神峠10:13→駒の湯・銀の道分岐10:17→銀山平・銀の道分岐10:21→仏像 10:29→

枝折峠10:51/55=荒沢登山口11:18=白銀の湯11:48/13:32=

道の駅・ゆのたに14:08/6:00=一般道で帰宅=自宅12:30  

行動時間 4 時間 25 分

 

          下山日です                             すぐ ガスが 取れ 大快晴に なりました

駒の小屋・直下の 岩場を 滑ら無いように 下りますと もう ほとんど 危険箇所は ありませんで した

振り返ると 何度も 越後駒ケ岳の 雄姿が みられる ルンルンの 下山路で し た

 

     振り返って 雄大な 越後駒ケ岳                 百草の池 と 越後駒ケ岳

 

           下山 してきた 道                 沢山 の 登山者 が登ってきます

 

                 紅葉 の トンネル                                        何 と 美しい 越後駒ケ岳

 

 

       さすが 百名山 木道です                     小倉山・山頂

 

         気持ちの 良い 樹林 の 道                       なんども 越後駒ケ岳の 雄姿が 見られます

 

                                                                                道行山・分岐

  枝折峠へは 道行山の山頂は 踏みません

 

                                                            枝折峠へ

 

                                枝折峠まで  軽い  アップダウンが  多数 ありました

 

                          木段です                       枝折峠への 稜線漫歩の道

 

         紅葉のトンネルを                            明神峠

 

   何とも言えず 素晴らしい下山路です                      大明神

 

          駒の湯・銀の道                         銀山平・銀の道

 

           展望 の 道                            仏様が 立って おりました

 

                            素晴ら しい 稜線漫歩 の 道で  枝折峠 へ 下山です

 

       6 時間 を  切って 往復 した方です                           枝折峠 に 帰って きました

 

    自転車で 荒沢登山口へ 向かいます         荒沢登山口の 我が 愛車です

 

                                                             白銀の湯

白銀の湯 で ゆっくりと 三日間 の 汗 と 疲れを 取りました

まだ 晴天が 続くとの事 今日は 道の駅・ゆのたに 沈没して 長年 の 懸念 の 山 

長岡 の 鋸山 と  高倉山 に  明日  登りましょう

所 が 翌・早朝 30 分 程ですが 大雨です そく 帰宅に 切り替えました

車で 長旅を 楽しむ 方達は あまり 高速道路 に 乗らないようです 

わたしも 試に 自宅まで 一般道で 帰ってみました 案外 楽に 帰れたのには びっくりー

三日間 の 大縦走 を  一人で やりとげた 自分にも びっくりですー