Hiro's 算命学 (博珠算命学)

真の自分を知り、自分らしく生きていくためのヒントとなるような鑑定を真心こめていたします(場所:東京 五反田)。

肉体改造

2015年01月31日 | つぶやき
私は50才で会社員を辞め自由人となった。東京を離れて田舎暮らしをはじめ、仕事も、ライフスタイルも大きく変わった。 全てが変わり、心機一転さあやるぞと思い、さまざまな活動を始めるものの、心の奥底で、妙なおいてきぼり感のようなものが、時々むっくりと顔を出すことを無視できないでいた。 そんな時、長年続けてきたヨガを、もう一度学び直す機会を得た。 私が、15年間程慣れ親しんだヨガとは違うスタイルで、最初 . . . 本文を読む
コメント

Vol.45 謙虚に、潔く

2015年01月28日 | メッセージ
占いの鑑定をしていると、うまく行かない時が全て運気の低下している時なのではなく、実はその方が良くなるために用意された、必要なステップであるということに気付かされます。 本人には苦しいばかりでも、その苦しい状況が、運命学的観点からすれば、その人の運を押し上げる“好条件”になっていると判断するわけです。 だとすれば、“つまらない”“苦しい”と思える状況から、この人は、逃げては行けない、じっと耐えるのが . . . 本文を読む
コメント

人情劇

2015年01月22日 | つぶやき
今まで病院とは無縁だった私が、母の病気を機に、今ではほぼ毎日通っている。すっかり生活の一部となり、私もまた、母の病室の一員となっているような気がする。 こうして毎日顔をつき合わせていると、否応なしに、それぞれの人生や家族との関係性が見えてくる。ひんしゅくかもしれないが、観察していると、それが結構面白い。笑いあり、涙あり、バトルあり・・・この田舎の病院の603号室が、ちょっとした人情劇の舞台となる . . . 本文を読む
コメント

ミラクル

2015年01月20日 | つぶやき
昨年、二つの大病をして入院している母は、今、必死にリハビリにはげんでいる。 右半身に麻痺症状があるため、うまく歩けなくなってしまったのだ。 心臓の大手術をしたこともあり、リハビリは1日1時間のみ。 私たち家族は、苦労の多かった母の人生を思えば思う程、もう一度歩けるようにしてあげたい、そして新たな人生を元気に歩んでほしいと願うばかり。 だから、毎日病院に通い、自分たちなりに考えた手足の運動を、あの . . . 本文を読む
コメント

2015年1月度鑑定スケジュール【確定】

2015年01月19日 | 鑑定スケジュール
こんにちは。 明日は二十四節気の「大寒」。 一年で最も寒さが厳しいころとされ日ですが、皆さん、お元気ですか~ 私が住む秋田は、今年は雪が多く、毎日雪掻きをして身体を鍛えている感じです。 お陰様で、今のところ風邪もひかずに元気に暮らしています。 さて、東京 五反田サロンの1月度の鑑定スケジュールについてですが、以前ご連絡した通りで変更ありません。 それでは、鑑定のお申込み、お待ちしております。 . . . 本文を読む
コメント