Hiroko Inagaki 絵のおはなし

絵描きの小さな日常をつづりました。
Hiroko Inagaki のブログ

生命力

2018-03-28 | 青いアトリエ美術教室

私の姉は田舎で玉ねぎ農家をしているんですが、うちには売り物にならない根の生えた玉ねぎをたまに送ってもらっています。
そんな玉ねぎを、青いアトリエの子供はモチーフとして描くことがあります。でも、こんなにかっこよく描いてもらった玉ねぎは、玉ねぎ冥利につきるね!って思います。この絵は玉ねぎの生命力がちゃんと描きとれている感じがしませんか?しろくま先生、感動。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何気ない日常

2018-02-05 | 青いアトリエ美術教室

立春過ぎたのに、こんなに寒い日が続くんですね。皆様、お風邪には気をつけてくださいね。今日は自宅アトリエは自由制作でした。基本、いつも自由なんですが(笑)絵の好きな小学4年生の女の子は絵が描きたいらしく、冷蔵庫にあり合わせであった、かぶやマッシュルームを並べて描いていました。彼女は大人が使うような、透明水彩の道具を自分用に持っているので、自慢の道具でサラッと描いてみせてくれます。こんな綺麗な白さの表現、なかなか子供はできないなあ。こうした何気ない日常の生活の中に美を見出してくれる大人になって欲しいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

犬のマトリョーシカ

2017-12-11 | 青いアトリエ美術教室

今日も師走の忙しい中、子どもたちや大人の人もアトリエに色々作りにやってきます。今日出来上がったのは、来年の干支の犬のマトリョーシカ。なんか表情がゆるくて、毎日見ていたら脱力しそう。こんなの、お店では売ってないよな〜。可愛いなあ〜。
皆さんはどんな師走を過ごされていますか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の終わり

2017-08-30 | 青いアトリエ美術教室

アトリエも夏休み最後になりました。みんな、後悔がないように、自分の好きなものを沢山作っています。子供時代に無心で何かに取り組んだ時間はきっと大人になって、素敵な思い出として残るんだろうなっで思いならがら、みんなの一所懸命な横顔見ていました。みんな、来てくれて、ありがとうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

声なき声

2017-08-19 | 青いアトリエ美術教室


今日は最近の夏のアトリエの様子をお伝えします。アトリエにはいろいろなお子さんが来てくれるんですが、今日は先日来てくれた、自閉症の10歳のKくんのお話を少ししようと思います。Kくんは療育センターに通われていて、言葉もまだ発せられなくて、お母さんはちゃんと座ってられるかな?迷惑かけないかなって、沢山、心配をされながら、アトリエに連れてきて下さいました。このKくんとの出逢いはもう5年前に療育センターに美術のワークショップをしに行ったことがきっかけでした。その頃は言葉が理解できなかったのもあり、Kくんはなかなか授業には参加出来ませんでした。私自身の力不足もあり、何か出来ないかなとずっと心にとめていたお子さんでした。
去年の夏はお母さんと、そして今年は以前アトリエに来ていたお姉さんとの参加でした。お母さんはやはり離れるのを心配されていましたが、いざ始まってみると、ずーと座って作品を作り続けてるんですね。気の散る要素さえなければ、私の言うことも、全て理解できているようでした。今回はシール状のインクシートを切って貼り、版画紙に転写する版画をやってもらったんですが、色選び、ハサミ入れ、貼るまでをほとんど自分でやっていました。シートをカットして捨てる小さなカットしたシートも、一生懸命拾って、貼っていくんです。何か彼の中に決められて秩序があって、全部、必然的に迷いなく貼っているようでした。シートを貼るのも決して綺麗にカラーシートも貼れないんですが、そのシワも版画紙に刷った時、とても美しい表情を出しています。Kくんの中に何か色々な感覚が目覚めているのを、まるで作品が教えてくれているようでした。
出来ないことを数えるより、出来ることを伸ばしたら、いろんなことが知らぬ間にできるようになっていたりしないだろうか。。とKくん見ていると、ふと思う今日この頃です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みアトリエ☆

2017-08-08 | 青いアトリエ美術教室


夏休みアトリエ、実はもう始まっています。なかなか参加募集出来なくてすみません。
これは親子で来てくださったお母さんの作品。最初は子供達がやるのを見ていらしたんですが、あまりに疲れている様子でしたので『お母さんもやってみませんか?』とお誘いして、参加して描いていただきました。
以前、千石アトリエでのワークショップでやった『水を描く』をちょうどその日は外は雨が降っていたので、外を景色を見ながらお母さんにも材料を御用意して描いてもらいました。それが、なんかすごく良くって、ちゃんと個性も出ていて嬉しくなりました。子供はもちろん、大人はとても忙しく疲れている方が多いので、たまにはパ〜っと気分転換してほしいなあ。。。

※夏休みはあと少しですが、横浜の自宅アトリエ参加希望の方、まだ少し8月は融通がききますので、以下にメールにてお問い合わせ下さい。

●お問い合わせ  hiroko_art☆yahoo.co.jp(☆を@に変えて下さい。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お料理教室?

2017-07-14 | 青いアトリエ美術教室

もうすぐ夏休みですね〜。今日は先日の青いアトリエの様子をお伝えします。
これは小学4年生の女の子の作品。うちの冷蔵庫からモチーフも自分で選びました。ピーマンはポスターカラーで描きたいと画材も自分で選んで、たまにテレビに出ている、お料理教室の先生を真似ながら描いてくれた作品。すごくないですか?子供って急に成長するから、私は常に料理教室の先生の助手に徹しています。笑
それにしても、今年の夏もやはり暑そうだな。。夏休みは北極行きたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舟を彫る

2017-05-16 | 青いアトリエ美術教室

今日は久しぶりに、青いアトリエの様子をご紹介します。
なんと、今はアトリエでは石を彫っている中学生がいます。そして、3カ月かけて舟が完成。

大谷石という、比較的彫りやすい石ですが、いい感じに手を止めて、彫り上げていました。どこで作っている手を止めるかも大事なんですよね。子供たちは本能でそれを分かっている気がいつもしていて、あまり私は何も言わないんです。完成して撮った写真は、やはりここで彫るのを止めた意味を私に教えてくれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニワトリさん、こんにちは♪

2017-03-06 | 青いアトリエ美術教室

久しぶりに自宅の青いアトリエの様子をお届けします。年始から切り絵の原画から描いて、干支の鳥の切り絵を作っていた、中学生のこうちゃんは、やっと自分の納得のいく切り絵作品が出来ました。黒い色画用紙と重ねて切った図案の絵も捨てられず、好きな色の台紙にのせて、嬉しそうに飾っています。


これは、絵の好きな小学生のりんちゃんが墨の濃淡だけで描いた干支の鳥です。
ハンコも石を彫って作りました。田舎のおじいちゃんにプレゼントしたようです。ほっこりしますね。
若冲の図録を見せたことから始まった制作。若冲の絵画への熱い情熱は色々な形で今生きる人々に影響を与えていますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥いろいろ

2017-01-16 | 青いアトリエ美術教室

今日から青いアトリエも始まりました♪
今年の干支は鳥なので、とーても絵にしやすくって助かります。(笑)
去年見た、日本画家の若冲の画集を見ながら、水墨画を描く子や、切り絵の下絵を描く子、皆、それぞれの鳥をモチーフにした作品作りに勤しんでいました。今から出来上がるのが楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加