お山に行こう

剣山スーパー林道 他

◎猪名川サーキット トライアル場 3

2011年10月23日 | オートバイ
● 秋 ツーリングに良い季節であるが、鎖骨骨折のため 単車に乗れない。
  今日の日曜日も暖かく快晴だった。

  猪名川は、非常に起伏に富んだ面白いコースだった。一度でなくまた行きたい。

  川あり山あり谷あり岩あり土ありと一度では走りつくせない。亀岡トライアルランドとは違った。
  良い緊張感の有る場所だ。
  
  意外に木々のおかげで涼しい。

  
コメント

◎猪名川サーキット トライアル場 2

2011年10月22日 | オートバイ
◎平成23年10月9日 日曜日 快晴 猪名川サーキット トライアル場へ行った。
 
 張り切りすぎて、若干痛い思いもした。
 急勾配のセクション ここは岩は少なかったが、
粘土質の砂で滑りやすい

写真で見ると平坦だが、上から下を見ている。高い、急で下れない
コメント

● 鎖骨骨折は、クラビクル ブレース

2011年10月16日 | 日記
● 先日 家の庭先で転んでから肩が痛い。動かすと激痛、寝ていても痛くて、病院へ行った。
 
 近くの病院で待つこと2時間半、折れていた。レントゲンには白い骨の間にスキマが。
 学生時代に柔道・サッカー等でよく聞いた鎖骨骨折。足・手首骨折はあるが、鎖骨は初めて。
 簡単に折れると聞いていたが、、、肩は痛い。あの時は笑っていたが、自分がなるとは情けない。

 石膏で固めてミイラ人間になるのか?これは大変だと思っていたら、、、
 世の中 便利なものができているらしい。

 これをつけると猫背が治る。ではなく、固定装具である。締めて貰うと肩がしまり安定する。
 痛み止め、座薬、塗り薬、飲み薬をもらって3時間。治療完了である?
 腕・肩に触れても激痛が走るのが、これだと歩いても支障はない。ワイシャツの下に隠れるので会社へも行ける。
 少し痛いが電車も自転車も乗れ、机で座っていることも可能。風呂も入れる。
 「クラビクル ブレース」これは便利だ。
 上田先生、日本シグマックス(株)さん ありがとうございます。    
コメント

◎ 猪名川サーキット トライアル場 1

2011年10月15日 | オートバイ
◎ 平成23年10月9日 日曜日 快晴 猪名川サーキット トライアル場へ行った。
 
 大阪からだと川西を越えて随分奥になるが、距離は短い。中国道宝塚周辺は、あいかわらず渋滞している。
 大阪からだと、やっと辿り着いた。という感じである。


車は、サーキット駐車場の入り口すぐを左折し、細い道を降りていく。
 車を止める場所は、広く、遠めにすすき、タイヤも見えて、明るく穏やかなコースの印象だ。

 早速 師匠先輩方が、全日本のセクションの場所を教える、まずは簡単な林道を行こうと走りだすと、、、
 登り、石 岩 ごろごろ 楽しいが、、おもしろいが、途中でスタック きつい

 こりゃ セクション行くまで、選手見るまで大変だ。安全をみてここから歩いた。
 <全日本セクションのひとつ>

 DVDで見ると走れるのか?と思うが、実際見て見るとこんな所絶対に走れない!!岩と山と木である。急々岩斜面。
 いったい何処を走るのか? ほとんど直角である。立つのも苦労する。登るのも手を使わないと登れない崖ばかりだ。
 全日本の皆さん、各選手の偉大さ、すごさがわかる。彼らはテクだけでなく、勇気もあるのだ。トライアル万歳!
コメント

◎ IRC TR-011  トライアルタイヤ リアの傷

2011年10月01日 | オートバイ
◎ IRC TR-011 トライアルタイヤ リアの傷
 
 チューブレスタイヤであるが、1.8Kg/cm2より空気圧を下げると漏れてしまう
 2.0Kg/cm2なら1ヶ月でも大丈夫。その原因は???
 
 外したタイヤを持ち帰って見てみると。素人のぱっと見ではわかないが、奥の
 新品D803の黄色バルブマーク辺り、TR-011を見てみるとレバーでこじった傷
 結構深くえぐれていた。拡大してみると、その上にもリムとの接触面あたりが
 削れて、こちらはなくなっている。柔らかいタイヤだ。消しゴムに近い。
 これだ、これが原因だ。間違いなく自分でタイヤ交換してつけたのだろう。
 未熟。仕事帰り、暗い中、疲れて、いやになって、レバーを乱暴に差し込んだ
 結果がこれだ。チューブなら問題ないのに。

 よくよく見ると、かさぶた状の傷の下。めくれてなくなっている傷もある。
 ここから漏れていたのだろう。雑な作業をするくらいならバイク屋さんに
 頼むべきであった。おかげで空気入れる、ポンプ借りる。パンク状態に。
 原因がわかって、なさけないが、スッキリした。

 景品で貰ったタイヤであったが、新品。勿体無い。XRに履かせるには柔らかい。
 
コメント