ひろかずの日記

74歳のおじいさんです。散歩したこと、読んだこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、腹が立ったこと等々何でも書いてみます。

ノウゼンカズラ、加古川・円照寺で見頃

2018-07-04 08:49:18 | 風景

 きょう(7/4)の神戸新聞で、志方町広尾の円照時のノウゼンカズラが紹介されていました。

 以下の記事・写真はともに産経新聞からの転載です。

 この時期多くの新聞で円照寺のノウゼンカズラは紹介されます。みごとです。お出かけください。

   ノウゼンカズラ色鮮やか

       加古川・円照寺で見頃 

 「花の寺」として知られる加古川市志方町広尾の円照寺で、オレンジ色や赤の色鮮やかなノウゼンカズラが見頃を迎えている=写真。

 境内には深紅の「ルージュタカラヅカ」や黄色の「タカラヅカゴールド」など4種類、計100株が咲き誇っている。

 ノウゼンカズラはつる植物だが、上月義宗住職(68)は支柱に巻き付けて幹を太くして育てることで開花数を増やした。特に同寺の外壁に沿って咲くオレンジ色の花弁と白い壁とのコントラストが美しく、訪れた人らも見とれている。上月住職は「春先に雨が多かったこともあり、今年は花が大きいのが特徴」と話す。

 見頃は7月半ばまで。拝観無料。問い合わせは同寺(電)079・452・2067。(no429)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ベルギーに善戦しました | トップ | 名古屋高裁は住民の意見を退けた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

風景」カテゴリの最新記事