ひろかずの日記

74歳のおじいさんです。散歩したこと、読んだこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、腹が立ったこと等々何でも書いてみます。

野の花・野草(11) コニシキソウ

2018-07-27 08:31:42 | 野の花・野草

 雑草とはいえ、今年ばかりはこの野草に尊敬してしまいます。

 焼けつくようなコンクリートの割れ目にも平気で頑張っています。

 なんと強い野草でしょう

 

 名前から大相撲の「小錦」を想像してしまいますが、小さな葉っぱの野草です。

 この強い生命力ため荒れ地でもはびこるので嫌われ者ですが、家の周りは宅地に変わり野草が少なくなっているせいか、けなげな感じもします。

 コニシキソウを調べてみました。

    コニシキソウ

 コニシキソウは、北アメリカ原産の一年草の帰化植物。

 畑や路傍、荒れ地に生育している。地面をはって広がり、茎から根を出すので、畑や庭では嫌われる雑草である。

 傷つけると乳液を出す。葉の中心部に赤紫色の斑紋がある。
 和名は小錦草であり、よく似ているニシキソウに比べて小さいことを意味している。

 ニシキソウとは、葉に明瞭な斑紋があること、植物体に毛が多いことで区別できる。

 今年ばかりは、雑草と呼びたくない気持ちです。せめて、「あら草」と呼んでやりたい。(no449)

 *写真:自宅前のコニシキソウ(今朝8時撮影)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 野の花・野草(10) ヤブ... | トップ | 野の花・野草(12) ヨウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野の花・野草」カテゴリの最新記事