ひろかずの日記

74歳のおじいさんです。散歩したこと、読んだこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、腹が立ったこと等々何でも書いてみます。

野の花・野草(10) ヤブガラシ

2018-07-26 07:50:52 | 野の花・野草

 このごろは、ものすごい熱波のため、日光が当たらないところを散歩しています。

 夏場、そこはいい散歩コースとなっています。

 新幹線下の遊歩道(側道)です。

 涼しいだけでなく、もう一つの楽しみがあります。

 新幹線の下の大部分は金網のフェンスで、入ることはできません。

 人が入り込めないだけ植物が繁茂しています。自然のビオトープ状態です。

 きのう紹介したキカラスウリも咲いています。

 今、目立つのはヤブガラシ(写真)です。

 ウィキペディアでヤブガラシを調べてみました。 

      ヤブガラシ

 ヤブガラシ(藪枯らし)は、ブドウ科ヤブガラシ属の一種です。

 つる植物で、日本ではよく見かける雑草です。

 和名は藪を覆って枯らしてしまうほどの生育の旺盛さを示しています。

 別名ビンボウカズラ(貧乏葛)とも呼ばれ、その意味としては、庭の手入れどころではない貧乏な人の住処に生い茂る、あるいはこの植物に絡まれた家屋が貧相に見える、またはこの植物が茂ったことが原因で貧乏になってしまう、などの意味に解釈されています。

 

 評判の良くない植物のようです。(no448)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 野の花・野草(9) キカラ... | トップ | 野の花・野草(11) コニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野の花・野草」カテゴリの最新記事