ひろかずのブログ

加古川市・高砂市・播磨町・稲美町地域の歴史探訪。
かつて、「加印地域」と呼ばれ、一つの文化圏・経済圏であった。

文観と後醍醐天皇(18) 文観、死罪を免れ鬼界ヶ島(硫黄島)へ

2018-11-12 08:14:13 | 文観と後醍醐天皇

     文観、死罪を免れ鬼界ヶ島(硫黄島)へ

 後醍醐天皇の幕計画は正中の変に続き、またまた失敗でした。

 今度は、鎌倉幕府は激怒しました。厳しい取り調べでした。

 文観等には死罪の決定が下されました。

 「たとえ身分の高い僧であろうとも、死罪にすべきだ」ということに決まったのです。

 しかし、次のような噂話がまことしやかにつたえられています。

 ・・・・執権の北条高時が眠っているとき、夢の中に数千の猿があらわれ、「われらは、比叡に住む仏の使者である」と、猿が高時(時の執権)につげたのでした。

 「僧たちに拷問(ごうもん)にかけたらしいが、かならず仏罰があろう。さきごろの地震も、そのむくいである・・・」と言って姿を消しました。

  もともと気の弱い高時は、夜中におきて、部下をやって、文観の獄舎をのぞかせたところ、獄舎の障子に、不動明王の姿が写しだされていたと高時に報告しました。

 「まことか。もしも仏罰があれば、おおごと」と、高時は文観の死刑をとりやめ、僧侶たちを遠島の処分に変吏したと・・・

 あくまで夢物語でしょうが、地震で被害をうけ、まだ野原でむしろ一枚で起居している庶民がおる状態で、もし坊主を殺したならば、ただ反感を買うだけだと考えなおしたのでしょう。

 後醍醐天皇隠岐の島へ流罪、日野俊基や文観等もそれぞれ流罪となりました。

 この時、一番の重罪は文観で、薩摩国・鬼界ヶ島硫黄島)に流されました。

 日野俊基は、流罪になり後に殺害されています。

 幕府は、後醍醐天皇等は日野資朝・俊基・文観等を失い、倒幕という大それた計画はできないであろうと考えたのです。

 しかし、これはさらなる動乱のはじまりにすぎませんでした。(no4549)

 *写真:鬼界ヶ島(薩摩・鹿児島県)

 きのう(11/11)の散歩(10.462 歩)

  〈お願い〉

 「ひろかずの日記」 http://blog.goo.ne.jp/hirokazu0630b

 時々、上記の「ひろかずの日記」のURLもクリックください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 文観と後醍醐天皇(17) ... | トップ | 文観と後醍醐天皇(19)  ... »

コメントを投稿