ひろかずのブログ

加古川市・高砂市・播磨町・稲美町地域の歴史探訪。
かつて、「加印地域」と呼ばれ、一つの文化圏・経済圏であった。

かこがわ100選(98):一ツ橋公陣屋跡

2013-06-10 07:51:48 |  ・加古川100選

一ツ橋公陣屋跡     *志方町細工所

  東志方9ヵ村は、小田原藩領に

Photo宝永4年(17071123日(現暦:1216日)、「宝永の噴火」と知られる富士山が、空前の大爆発をおこし、南関東地方に大災害をもたらした。

ことに、富士山は、膨大な火山灰を噴出させ、風下の小田原領を直撃した。

当時、小田原藩の藩主・大久保忠増は幕府の老中であった。

小田原藩の領土の過半を一時、幕府に返上にしてしまった。

そして、小田原藩は、それに代わる土地を宝永5年に、復興がなるまでという期限つきであったが、新たな領地を得た。

その一つが、東志方の9ヵ村(大沢・行常・細工所・野尻新・岡・柏尾・吉弘・高畑・大宗の各村)だった。

この状態が約40年、延享4年(1747)まで続いた。

    一ツ橋領(東志方9ヶ村)

その後、東志方のこれらの村は、新たな支配領に組み込まれることになる。

八代将軍・吉宗は、家康によって創設された御三家にならって御三卿(ごさんきょう)を創設した。

東志方の9ヶ村は、相模小田原藩の領土であったが、延享4年(1747)から今度は、そっくり御三卿の一つの「一ツ橋領」に組み込まれた。

つまり、東志方9ヶ村は天領となった。

そして、東志方の9ヶ村は、一ツ橋領として江戸時代の終わりまで続いた。

     一ツ橋公陣屋跡

印南郡では、東志方の9ヶ村の外に曽根村・今市村・中嶋村(以上は現、高砂市)が一ツ橋領となり、陣屋(役所)は、細工所に置かれた。

しかし、現在陣屋の遺構は、何も残っていない。

ただ、細工所公会堂の庭に「細工所陣屋跡」の碑(写真)が、陣屋があったことを物語っているばかりである。

コメント