ひろかずのブログ

加古川市・高砂市・播磨町・稲美町地域の歴史探訪。
かつて、「加印地域」と呼ばれ、一つの文化圏・経済圏であった。

コーヒーブレイク:「ひろかずのブログ」2100号

2013-06-07 05:23:40 |  ・加古川100選

2000 きょうで「ひろかずのブログ」が2100号になりました。

はじめのうちは100号・200号と楽しんでいたのですが、号数は時間とともに勝手に増えるものです。

年齢と一緒ですね。

そうそう、私もこの6月(30日)で70歳になります。退職してから10年、時間は台風のように猛烈に過ぎていきました。

数字を重ねることは、本来寂しいことなんです。

    でも、がんばろう

ところで、先日神戸新聞で「大字史(おおあざし)」に取り組んでおられる姫路の方の記事がありました。興味を持って読みました。

「大字史」というのは、私のばあい、住所は加古川市尾上町今福ですから、「今福の歴史」のことです。昔の村単位の歴史です。

今、別府町新野辺の歴史をまとめていますが。これも大字史です。

7月初旬に発行の予定)

大字の歴史には、地域の方の思い出がいっぱい詰まっています。

一昔前、大字は生活の場所でした。匂がありました。音がありました。

そして温もりがありました。

そんな事を記録として残したと考えています。もう少し「ひろかずのブログ」を続けます。

しばらくお付き合いください。

    不思議なつながり

先日、和歌山の方から電話がありました。あるお寺の檀家総代の方のようでした。

内容は「お寺を建て替えるために、整理していたら、写真がいっぱい出てきたんです。

住職に聞くと、亡くなった先代の住職が、加古川の通信隊にいた時の写真ということが分かりました。よかたら、CDに焼いて送りますから「ブログ」で使ってください」との内容でした。

今、CDが送られてくるのを楽しみしています。

号数が増えると、こんな事もあります。

コメント