ひろかずのブログ

加古川市・高砂市・播磨町・稲美町地域の歴史探訪。
かつて、「加印地域」と呼ばれ、一つの文化圏・経済圏であった。

加古川町寺家町探検(5)  山陽巡行(明治18年)

2021-03-05 08:24:12 | 加古川町本町探検 

     山陽巡行(明治18年)

 慶応3年(1868)、王政復古の大号令から戊辰戦争を経て、明治政府が誕生しました。

 明治政府は、成立とともに「天皇」のありがたさを国民に説明しなければならなかったのです。

 そのため、6回もの天皇の全国巡行が実施されました。

 そのうち、山陽巡行は、明治18年(18857月からはじまり、88日の朝、兵庫県入りした。

 夕刻、姫路の本徳寺に入り、翌9日、本徳寺(姫路市)を出発した天皇一行は、昼に加古川に到着し、休憩と昼食を旧陣屋(当時、山脇伊平邸)でとりました。

 この時、旧陣屋(寺家町)は、立派な松の盆栽を陳列し、天皇を迎えました。

 そのため、天皇から「樹悳堂(じゅとくどう)」の名を贈られました。(*悳は徳の本字)

 それにしても巡航は、一日50キロ。夏の真っ盛りの強行軍でした。天皇は、猛暑を吹き払うために、北海道から取り寄せた氷を度々食したといいます。

 巡行に際し、兵庫県は庶民の歓迎について問い合わせています。

 その時、政府からは「立ち止まって帽子を脱ぎ、左脇にはさみ、右手をヒザにあてて礼をする。帽子のない者は、両手をヒザにあてて頭をたれる」

 つまり、立ったままでよいというものでした。さらに、天皇の姿も「庶人拝見勝手」でした。

 明治後期になるとこうは行かなくなりました。

 天皇の行幸時は、車であっても、通り過ぎるまで頭を下げなければならなくなったのです。国家は重苦しさをました。(no5115

 *写真:樹悳堂(じゅとくどう)



 

コメント

加古川町寺家町探検(4) 陣 屋

2021-03-04 09:08:26 | 加古川町寺家町探検

    陣 屋

 「宿」 の主な役割は、その名のとおり宿泊地と人や荷物の輸送にあたる中継地、すなわち「駅(うまや)」としての役割を持っていることです。

 江戸時代、加古川の宿は、幕府の直接支配する街道ではなく、脇街道(西国街道)に沿った宿場町として発展しました。

 脇街道の諸施設はその地域を支配する大名の裁量に任されることがほとんどでした。

 加古川宿の「御茶屋屋敷」は、その代表的なもので、姫路藩の私的性格を持つ施設でした。

 この施設は、姫路藩主の休憩所であると共に、藩の出先機関としての役割を持ちました。

 後に、「御茶屋屋敷」が廃止されますが、その地の一部に人馬継役所(駅)がつくられました。

 宝暦二年(1752)に、人馬継役所の西に、御茶屋屋敷の復活ともいえるも姫路藩の「陣屋」が設けられました。

 「陣屋」の遺構は、寺家町商店街の「人形の店・陣屋」の隣の樹悳堂(じゅとくどう)です。

 それにしても、本陣がありながら「陣屋」をつくった理由は、やはり使い勝手がよかったのでしょうね。

 ここを訪ねました。堂々とした大広間を持つ建物で、地位のあるが座した場所である一段高い御座所があります。

 ちょっと心配になったのは、陣屋の遺構の傷みが激しいことでした。

 加古川市指定の文化財に選ばれていますが、管理は所有者に任されているそうです。(no5114



コメント

加古川町寺家町探検(3) 復習:文(分)岸寺川界隈

2021-03-03 10:58:16 | 加古川町寺家町探検

   復習:文(分)岸寺川界隈

  「加古川町寺家町探検」も、このシリーズ(寺家町編)が終わったらまとめます。編集の都合上再度ここでも掲載しさせていただきました。

 上の図は「加古川サロン」(加古川町本町)の岡田義治さん(故人)が作製された図です。

  (図中の番号)

  1 人馬継立の問屋場   2 御高札場   3 陣屋   

  4 文(分)岸寺川の石橋  5 唐人薬師堂  6 芝居小屋

  番号5の唐人薬師堂以外は加古郡寺家町に属していました。

 挿絵から江戸時代の文岸川界隈の賑わいが想像されます。

     加古川地域の中心地

  なお、数字「3」の陣屋以外の施設は、現在残っていません。

 陣屋寺家町)は、現在の「人形の店・陣屋」ではなく、その奥にある樹悳堂(じゅとくどう)がそれです。樹悳堂(じゅとくどう)についても寺家町探検で再度紹介しましょう。

 なお、前回でも説明したように、明治22年まで、加古郡と印南郡は、絵図の文(分)岸寺川で分かれていました。

 そして、この界隈が、江戸時代の加古川地方の中心地でした。(no5113)

  

コメント

加古川町寺家町探検(2) 文(分)岸川(ぶんがんじがわ)

2021-03-03 07:32:41 | 加古川町寺家町探検

    文(分)岸川(ぶんがんじがわ)

 右の地図は、住宅地図を借用しています。

 加古川中央公民館と加古川市立図書館との間に、黒く塗りつぶした線を描きました。路地のような道路です。

 この道の左上をさらに北へ100メートルばかり歩きます。人形の店「陣屋」の隣に出ます。

 この道は、文(分)岸寺川(跡)なのです。

 何の変哲もない路地ですが、「文(分)岸寺川筋」であり、明治22年4月1日以前は、この狭い道を境にして南が印南郡であり、北が加古郡と分れていました。

      郡境は、奈良時代に決められた

 この郡境は、聖武天皇の神亀三年(726)に創設されています。

 郡境を決めるとき海・やま・川などがその基準になったと考えられます。

 当時(奈良時代)の「かこがわの本流」は、文(分)岸川のところを流れていたのでしょう。

 そして、「文(分)岸川」の左岸側(西側)は、印南郡に、右岸側(東側)は加古郡と決められました。かつて文岸寺川は、加古川の本流でした。

 なにせ「かこがわ」は、暴れ川です。幾度となく大洪水をおこし、しばしば流路を変えています。

 明治22年以前、現在の加古川中央公民館の土地は加古郡であり、すぐ南の加古川市立図書館(旧公会堂)の場所は印南郡でした。加古川小学校も、印南郡でした。

 こんなことを考えながら、散歩をするのもまた楽しいものです。(no5112



コメント

加古川町寺家町探検(1) なぜ、寺家町(じけまち)

2021-03-02 08:30:24 | 加古川町寺家町探検

                      なぜ、寺家町(じけまち)

 

 このあたりの集落が寺家町と呼ばれるようになった理由は、はっきりわかりません。いろいろな説があります。

 その一は、鶴林寺は大きな寺で、鶴林寺の小門がこのたりにもあり、寺家町の小門口(こもぐち)は、鶴林寺の小門のあったところで、鶴林寺との関係から寺家町となったとする説です。

 

 その二は、もと、野口に寺家村があり、そのため加古郡内に二つの寺家村がありました。

 その野口の寺家村の人が加古川開拓にあたり、その地を寺家村としたとする説です。

 二つの寺家村があったので、人々の間で混乱もあったようで、明治初年にの野口の寺家村は「大辻村」と名前を変えました。

 

 その三は、応仁の乱のころ、大きな寺であった常住寺や龍泉寺は荒れはて、人々は、小門(口)辺りに集落をつくり、住み着いたといいます。この集落を寺家村と呼んだというのです。

 どの説もはっきりとはしません。

 中世(鎌倉・室町時代)、加古川村(現代の本町)がこの値域の中心でしたが、江戸期になると寺家町が宿場の中心となり大いに繁栄しました。(no5111

コメント

加古川町本町探検(32) 文(分)岸寺川界隈を歩く

2021-03-01 08:49:58 | 加古川町本町探検 

    文(岸寺川界隈を歩く

 

  江戸時代、文(分)岸川界隈を散策してみましょう。文岸川界隈には、江戸時代、挿絵のような施設がありました。

(図中の数字)

  1 人馬継立の問屋場   2 御高札場   3 陣屋   

  4 文(分)岸寺川の石橋  5 唐人薬師堂  6 芝居小屋

 なお、数字「3」の陣屋以外の施設は現在残っていません。陣屋(加古川市加古川町寺家町)は、現在の「人形の店・陣屋」ではなく、その奥にある樹悳堂(じゅとくどう)がそれです。樹悳堂(じゅとくどう)については寺家町探検で再度紹介します。

 なお、明治22年まで、加古郡と印南郡は、絵図の文(分)岸寺川で分かれていました。 *文岸寺川の右(東)が加古郡(加古川町寺家町)、同左(西)が印南郡(本町・旧加古川町)。 

 説明は以上です。余分な説明はイメージを壊します。ご想像ください。

 この図辺りが、江戸時代の加古川地方の中心地でした。

         次号から「加古川町寺家町探検」を掲載

 本町(旧加古川町)の歴史を駆け足で訪ねてみました。抜けていることがたくさんあると思います。その都度、付け加えて掲載しますのでご了承ください。

 なを、「加古川町本町探検」は、4月ごろまとめて冊子にしご希望者に配布する予定です。その時はお知らせします。よろしくお願いします。

 〈お願い〉

 次号から「加古川町寺家町探検」を掲載します。史料等がございましたら是非、紹介ください。(no5110

 

コメント

加古川町本町探検(31) せいもん払い

2021-02-28 09:10:39 | 加古川町本町探検 

       せいもん払い

 加古川市に「誓文払い(せいもんばらい)」という、商店がこぞって参加する年末の大バーゲンセールがありました。

 狂おしいほどの賑わいでした。

 「誓文払い」は、もともと京都に始まった行事のようです。

 広辞苑は、「・・・一年中、商売上の駆け引きで嘘をついた罪を払い、神罰の赦免を請う行事。この日、呉服店は特に安値の売出しをする・・」と説明しています。

 もとの意味はともかく、姫路では12月1日から5日間、加古川ではその後日曜日を中心に5日間が「誓文払い」でした。

 地元商店だけでなく、遠くは大阪からも商人が大挙して押しかけるほどの大セールでした。

 寺家町・本町商店街は、写真のように満員電車なみの人混みでした。

 そのはずです。三木・小野・西脇など東播磨一円から人が加古川に集まりました。

 それに、姫路・明石は空襲で焼け野原になりましたが、加古川はほとんど無傷で戦後から7・8年の盛況は今からは想像もできません。

 誓文払いと一緒にサーカスが町にやってきました。

 『新・かこがわ事典』は、「・・・こまったことは公衆便所がすくなく、路地はどこもかしこも“臭い小便路地”になっていた・・・今ではとても想像すらできないことですが、ご婦人方も結構立小便をされていた・・」と、こんな話題も取り上げています。

 ・・・・寺家町・本町から「誓文払い」のザワメキが消えました。

 人は、大型販店に、そして神戸・大阪へ買い物に出かけるようになりました。

  時の流れとばかりで済まされません。「無策」という言葉が残こります・・・(no5109

 

コメント

加古川町本町探検(30) 神田家洋館

2021-02-27 08:32:04 | 加古川町本町探検 

 本町にある神田家洋館は、ぜひ紹介した建築物ですが、なにせ資料がなくまとめるのに迷っていました。

 さいわい『Kako-Styl2(すっきやか加古川編)』で城信幸さんが、神田家洋館を取材されています。

 今回の報告は、参照というより、ほとんどをお借りしています。

     神田家洋館 

 加古川本町のほぼ中央に位置する神田家住宅洋館は、意匠や構造がユニークな近代遺産として、平成16年(2004)に国登録文化財に登録されました。

 もともとは、明治後期から大正初期に建てられたものですが、以後3代にわたって住宅部分などの増築がくりかえされ、木造住宅とレンガ造り洋館が並ぶ独特のたたずまいとなっています。

 老朽化のために取り壊しが決まっていましたが、市や専門家の助言で初期に建てられた部分を残すことになり、現在の姿となりました。

 二階の床柱は柱脚を角、上部を丸柱とし、柱頭には内向きに木製の像鼻のシックイ飾りがとりつけられています。

 また、その他センスの高い数々の意匠が施されています。(no5108

 *写真:神田家洋館(2月24日撮影)

コメント

加古川町本町探検(29)  俳人:吉田白馬

2021-02-26 08:44:46 | 加古川町本町探検 

     俳人:吉田白馬

 吉田白馬は、享保6年(1721)加古川で生まれました。

 若くして大坂の俳人と交わり、多くの句を残しましたが、今に伝わっている句はそれほど多くはありません。彼は、地元の滝瓢水(別府の人)らと共に活動をしています。

 諸国をめぐり多くの作品を作っていますが、俳人白馬が広く世に知られるようになったのは加西の盲人の俳人・竹内玄玄一(たけのうち げんげんいち)によるといわれています。

 彼は、玄玄一に俳諧への道を進めました。

 玄玄一は、「自分は、月や花の色さえ見ることができません。私には、何もできません・・・」というのでした。

 しかし、「俳句は目で見るものではありません。心の眼さえあれば作れるものです」と諭し、「心にて 見るが見るなり 月の色」と励ましの句を詠みました。

 玄玄一は感激し、即座に「暑さ忘るゝ 風に驚く」と句を付け、白馬を驚かせたといいます。

 18世紀の後半活躍した松岡青蘿(せいら)のように多くの門弟を育てませんが、白馬もまた加古川俳壇で指導的立場の俳人として活躍しましたして活躍しました。

天明6年(1786)2月15日、 66歳の生涯を閉じました。

葬儀は称名寺で行われ、墓標は境内に墓碑には、次の辞世の強化が刻まれています。

   死にたふも 死にとむもなかりけり 

         死ぬる時とて 今死ぬる也

とあり、この白馬の句碑には、妻の辞世の句も共に刻まれています。(no5107)

*写真:白馬の墓碑(称名寺境内)

コメント

加古川町本町探検(28) 七騎供養塔

2021-02-25 08:43:26 | 加古川町本町探検 

 称名寺の境内に七騎供養塔があります。称名紹介で二つの話題が抜けていましたので、今回と次回で説明しておきましょう。

       七騎供養塔

 南北朝時代です。

 足利尊氏は、楠木正成を打ち破る切り札として、高師直(こおのもろなお)を起用しました。

 正平五年(1350)、出雲(島根県)の守護である塩屋判官高貞は、足利尊氏の家来であった高師直(こうのもろなお)のざん訴をうけました。

 高貞の妻は、絶世の美人でした。

 生来、師直は好色な人物として知られていたが、高貞を謀反人に仕立て妻を奪おうとしたのです。

 この計画を知った高貞は、狩に行くまねをして京都を脱出し、妻も二十騎に守られて、間道から出雲へ向かいました。

 このことを知った師直は、追っ手をさしむけました。

 追っ手は、加古川河畔(加古川市米田町船頭あたり)で高貞に追いつき戦いとなりました。

 この時、高貞の七名の家来がよく防戦しましたが、全員討ち死にしてしまったのです。

 高貞は、その隙に出雲に逃れることができました。

 土地の人は、七騎を悼んで墓を築き、手あつく葬りました。塚は「七騎塚」と呼ばれました。

 この塚は、寛延二年(1749)の大洪水の時に流失してしまいました。

 文政三年(1820)に建てられた頼山陽の文ならびに書になる七騎供養塔が本町の称名寺の境内に建立されています。(no5106



コメント

加古川町本町探検(27) 旭クラブ

2021-02-24 08:19:33 | 加古川町本町探検 

    クラブ

 映画館・旭クラブは、現在の本町公園の場所にありました。

 木村の岡田米吉さんらが昭和2年4月4日に許可を得て建設し、3年1月1日に活動写真館として開業しました。

 2階はU字型の観客席で、大映系映画館でした。

 娯楽の少ない時代でした。映画館はニッケの繁栄もあり大いににぎわっていました。

 

 旭クラブの思い出です。

 私の小学校は、加古川小学校です。朝日クラブに近かったせいか、学校からの映画鑑賞で朝日クラブにしばしばでかけました。

 なにせ、テレビのないラジオの時代です。映画館へでかける前日はワクワクしたものです。

      ショックだった「怒りの孤島」

 「ここに泉あり」などは、小学生には少しかたい物語だったと思うのですが、熱心に見ました。今でも思い出すことができます。

 それに「怒りの孤島」の鑑賞では、深い意味はわからなかったのですが、子どもが犬小屋みたいなところに入れられて、まともな食料も与えられず働かされている場面を見た時はショックでした。

 そのショックは、トラウマのようにその後もしばらく続きました。

 旭クラブは、思い出がいっぱいつまった映画館でした。(no5105

 

コメント

加古川町本町探検(26) ニッケ労働争議

2021-02-23 10:04:24 | 加古川町本町探検 

   ニッケ労働争議  

 ・・・おおいざ進めわが工手 正義のための戦いに・・・

 日本毛織労働組合・誠和会の組合歌の一節です。

 第一次世界大戦後の大正13年4月13日、日本毛織労働組合・誠和会は結成されました。

 誠和会は、労資協調の穏健な労働組合でしたが、会社側は組合の結成を頑として認めようとはしませんでした。

 そればかりか、労働組合幹部全員に解雇を通告したのです。職工の会社側への不満は爆発しました。

 その背景には、次のような労働の実態もありました。ある女工の証言です。

 「・・・朝六時から晩の六時まで、六時がなってやれやれと帰ってくる。風呂から帰れば七時を過ぎている。十時に就寝すると、我等の勝手に使用する時間は、二時間ばかり・・・・」

 それに職工(ブルーカラー)の社員(ホワイトカラー)に対する不満もありました。また、男女差別の熱烈な叫びもありました。

 昭和2年、誠和会が結成されて3年目、会社側は第二組合を組織しました。それに反対して、大規模なストライキに突入したのです。

 活動家は、ほとんど解雇され、組合の完敗で、誠和会は解散しました。

 その後、戦後まで日本毛織(ニッケ)に争議はありませんでした。

 そして、戦後の民主化の中で、昭和21年再びニッケに労働組合が結成されました。右翼の青年が組合つぶしに加わったこともありました。

 組合の左右の対立が激しくなり、徐々に左派の影響は失われていきました。

 誠和会については『加古川市史(第三巻)』に詳しい記述があります。(no5104



コメント

加古川町本町探検(25) トロッコ橋

2021-02-22 08:08:08 | 加古川町本町探検 

             トロッコ橋

 トロッコ橋の写真と私の思い出を掲載させていただきます。詳しく分かれば後日再度取り上げます。

 地図にある橋は、加古川工場と印南工場(いんなみこうじょう)を結んでいました。

 この写真は子ども時代の懐かしい風景です。

 私の小学校卒業は、昭和30年です。この時、この橋は既に使われていませんでした。

 橋を覆っていたレールとレールの間の板の一部は、所々なくなっていました。もちろん通行禁止でした。

 この橋の中央部の川の流れが速かったのは、この下で泳いでよく泳ぎましたので、よく知っていました。ところどころ川面が板の隙間から見えました。

 私たち悪がきどもは、その流れを見ながら恐るおそる渡ったものです。

 渡り終えると、安堵感と満足感があったことを覚えています。注意されたことは一度もありませんでした。

 橋を渡りきった先はニッケ印南工場です。ニッケ印南工場は、大正8年(1919)に加古川工場と同規模の工場として建設されています。

 *ニッケ加古川工場は、明治32年操業開始

 トロッコ橋とよばれたこの橋は、大正10年頃に架設されました。印南工場の建設と同時に計画されたようです。(写真:対岸の工場は印南工場)(no5103

 *写真:昭和初期撮影

 

コメント

加古川町本町探検(24) 日本毛織(ニッケ) 

2021-02-21 09:45:03 | 加古川町本町探検 

       日本毛織(ニッケ)

  日本毛織株式会社(以下ニッケとする)は、当初明石市で建設が着手されましたが、明石は宮内省御用邸の候補地に選定されていたため急遽、移転先として加古川が選ばれました。

 理由は、加古川の水量・水質が工場に適していたこと、それに何よりも広大な土地の確保が可能であったことなどでした。

 明治32年(1899)、加古川工場がほぼ完了し、生産が開始されました。

 この時期は、日清戦争後で軍用絨の需要が続いており、生産が追いつかないほどでした。

 製品は、輸入品と比べて比較にならないほど劣っていまし、創業後まもなく輸入品に対抗できるほどになりました。

 明治35年(1901)から翌年にかけて戦後恐慌が襲いました。国内の毛織物業の倒産があいつぎ、ニッケも生産量は減少ました。

 こうした状況を打開するために、ニッケは政府需要へ依存する方針へと舵を切りました。

 利潤は、少ないものの安定性はきわめて魅力的でした。

 ニッケにとって日露戦争は、まさに干天の慈雨でした。日露戦争は、日清戦争と比べて規模も大きく、ニッケへの軍需品(軍服・毛布など)の注文が殺到したのです。

 日露戦争後もこの傾向は続きました。

 ニッケは、いっそう、政府依存の傾向を強め、軍需品の需要の激増により市中向けの製造を中止して、軍需品の製造により全力を注ぎました。

 日露戦争を契機に一層の飛躍をしたニッケは、その後も大規模な工場拡張を続け、大正8年(1919)には、印南工場を建設しました。

 加古川工場では、主に軍需品や官公庁向けの製品を生産データしたが、印南工場では第一次世界大戦景気の民間の需要にこたえるものでした。

 戦前、ニッケは、まさに戦争と共に工場の基礎を築きました。(no5102

 *『加古川市史(第三巻)』参照

  写真のニッケ加古川工場は『写真集・加古川』(玉岡松一郎)より

 

コメント

加古川町本町探検(23) 幻の「友栄町」

2021-02-20 10:15:25 | 加古川町本町探検 

      日本毛織の工場拡大路線

 明治32年(1899)、加古川工場(加古川市加古川町)がほぼ完了し、生産を開始しました。

 この時期は、日清戦争後で軍用絨の需要が続いていました。その後も、ニッケは政府需要へ依存する方針をとりました。

 政府需要の利潤は、少ないものの安定性はきわめて魅力的でした。

 そして、日露戦争は、日清戦争と比べて規模も大きく、ニッケへの軍需品(軍服・毛布など)の注文が殺到しました。

 ニッケは、いっそう、政府依存の傾向を強め、軍需品の需要の激増により市中向けの製造を中止して、軍需品の製造により全力を注ぎました。

 また、日露戦争を契機に一層の飛躍をしたニッケは、その後も大規模な工場拡張を続けたのです。

 ニッケは、日の出の勢いでした。

     幻の「友栄町」

 郷土史家の三浦幸一さんは「幻の友栄町」について報告されています。その一部をお借りしました。(文体を変えています)

 ・・・日本毛織加古川工場は、大正時代には、さらに工場を増設しなければならなくなり、敷地拡張の予定地として本町商店街の北側、旧北裏地域を候補地としました。

 そこには、50数軒の民家があり、すべて移転の対象となりました。だいたいの範囲は、現在のニッケ西門から東へ、西国街道(国道2号線)に沿った表筋の商店民家を残して、その北側の字北裏地域の住宅でした。

 国道二号線(東行き)の南側に敷地を確保することができました。移住した50数軒の住民はこの地を永住の地と定め、共に平和で楽しく隣人と友に繁栄を願って「友栄町」と名付けた。昭和年の出来事でした。

 今では、友栄町の境界を確定できませんが、友栄町の経緯を記録した石碑「友栄町移転の碑」(写真)が建てられていました。

 場所は、加古川橋東詰から下って本目の道路を右にまがって最初の十字路です。



 昨日(19日)久しぶりで、その場所へ出かけました。工事が行われており、その「友栄町」の碑は、なくなっていたんです。確かに、最近までありました。歴史が、また一つ消えたようです。(no5101

 *写真:友栄町移転を記した碑

 

コメント