ひろの東本西走!?

読書、音楽、映画、建築、まち歩き、ランニング、山歩き、サッカー、グルメ? など好きなことがいっぱい!

シニアになりました。外出・出張で動き回っています!

2017-10-07 11:42:56 | 日記・エッセイ・コラム

別ブログには書いたのですが、9月末でいったんの定年を迎え、10月からはシニアエキスパートとしてこれまでと全く同じ職場に勤務しています。仕事の内容もこれまでと変わりなし。で、お給料は?

・・・ぐ~っと減っちゃいました(涙)。しかしこれは社内ルール通りなので致し方なし。働く場があってお給料を頂けることに感謝です。

シニア4日目には滋賀県彦根市の工場に自宅から往復6時間ほどかけて行きましたが、翌シニア5日目は群馬県の工場に日帰り出張でした。

ルートは、自宅最寄駅→<地下鉄>→新大阪→<新幹線>→東京→<JR在来線>→深谷→<タクシー>→工場。この日は8時過ぎに自宅を出て帰宅は0時前だったので、往復で約16時間の遠出でした。内10時間は乗り物に乗っていました。新幹線:5時間強、JR在来線:3時間、タクシー:1時間、大阪地下鉄:1時間。地下鉄を除いては座っていましたが、長時間移動でさすがに疲れました。乗り換えなどでは、エレベータやエスカレータが利用しやすい位置にない場合など、杖片手に階段もかなり昇降しました。また、この日はほぼ終日(大阪・東京・埼玉・群馬で)、「杖ブラブラ歩行(適宜、シャフト持ち/T字グリップ持ち切り替え)」をキープ。明確に歩行時に杖をついた(突いた)のは、新幹線の揺れる車中でトイレに往復した時くらいでしたね。

2日続けてなかなかタフな外出・出張で疲れも大でしたが、まあ「想定範囲内(笑)」で日頃のアクティブ・リハビリの成果を発揮できたと思います。この日もヒヤリとしたり怖~っと思うようなシーンは殆どなく(周りの人からは危なっかしく見えているかもですが)、国内であればまずはどんな出張もOKですかね。もちろん、色々不自由さや不便さを感じることは多々残っていますが、それがさほど気にならなくなってきた、それらを前提として動き回れるようになってきたということでしょうか。しかし、「マラソン復活(これはちと厳しいか? 汗)」「山歩き復活(登ることはできても下りが問題か)」など大きな目標はありますし、まだまだ回復への道は続きます。


東京駅7番線ホームから撮った写真です。こちらはドームの屋根越しに見えたビル壁面に映った建物です。 
おー、美しい!カッコいい! まるでマンハッタンみたいと思いました。ニューヨークどころかアメリカに行ったことはないのですけれど(汗)。

こちらは東京駅にいくつかあるという「0kmポスト」です。私はちゃんと見たのは今回が初めてでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 関西洋風建築めぐり講座 大... | トップ | 「非情城市」 動乱の時代を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事