王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

日米首脳が真珠湾を慰霊訪問 !

2016-12-28 08:41:57 | 海外
日米首脳が真珠湾慰霊=安倍首相「和解の力」発信

お祖母ちゃんが元気な頃は「暮には急ぎ仕事をするな!」と注意されたものでした。気忙しい中で(大事な)仕事をするなとの事でしょう。
27日早朝安倍首相は真珠湾のアリゾナ上の追悼施設を慰霊のためハワイに到着しました。
その後米国の国立太平洋記念墓地で献花、次いで日本人墓地でも献花そして午後も慌ただしく所要を片付け夜は日本人と夕食会の様でした。
献花の様子はTVのニュースショーで報道されていました。

そして28日早朝オバマ大統領と安倍首相は追悼施設で献花と黙とうをしたそうです。
仏教徒だとしても数珠を手に「般若心経」なんかを唱えてはまずいのでしょうかね?
最後は安倍首相による「reconcile 和解」を世界に向け広めると宣言したようです。

個人的には日本のハワイ空襲、米国の広島長崎原爆投下を許せる人も許せない人もいまだいるのは事実です。でも国家間で70年位所も前の話を恨みに思って「和解が進展しない国が近くにあります」
国としては「精神的に高い場所に向かった」とは思います。

安倍首相は退任するオバマ大統領に対する義理は果たしました。
この後は1か月もまたずトランプ大統領の就任です。
新しい日米関係がどうなるか米中関係も変わりそうな気がします。その余波で尖閣の問題や南シナ海の波が高くなるかもしれません。
しっかり見守らないといけませんね。


写真:献花

時事通信:
 【ホノルル時事】安倍晋三首相とオバマ米大統領は27日午前(日本時間28日朝)、旧日本軍が1941年に米国との戦端を開いた真珠湾を訪れ、犠牲者を慰霊した。首相はこの後の演説で、二度と戦争を繰り返さない決意を表明するとともに、戦後に強固な同盟を築いた日米の「和解の力」を国際社会に向けて発信する。

 日米の首脳がそろって真珠湾を訪れるのは開戦後の75年間で初めて。攻撃を受けて沈没した戦艦アリゾナの上に建つ追悼施設「アリゾナ記念館」で献花、黙とうした。その後、海面に花をまき、哀悼の祈りをささげた。

 首相と大統領はこの後、アリゾナ記念館に臨む埠頭(ふとう)に移動し、演説する。 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長友さんと平さん イヴに婚... | トップ | 茨城県北部で地震 震度6弱... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外」カテゴリの最新記事