王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

28日 NYダウ平均 943ドル安 3カ月ぶり安値 欧米のコロナ再流行で

2020-10-29 08:25:18 | 為替 ドル 株式
28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続落し、ここをクリック⇒前日比943ドル24セント(3.4%)安の2万6519ドル95セントと7月末以来、3カ月ぶりの安値で終えた。欧米で新型コロナウイルスの感染が再び深刻化しており、世界景気への影響が懸念された。 
解説によれば欧米での新型コロナウイルス感染の拡大を懸念してとありますが、こんな事は先週初めから警戒されていたことで、政府の経済対策も大統領選が終わらないと決まらないとされてきました。先週末営業日以来1880ドルを下げとなると、大統領選を前に余裕のある投資家は「高値の株を売り切り利益確定」し、大統領選後まで様子見でないか?と素人には思えます。

日経新聞:
28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続落し、前日比943ドル24セント(3.4%)安の2万6519ドル95セントと7月末以来、3カ月ぶりの安値で終えた。欧米で新型コロナウイルスの感染が再び深刻化しており、世界景気への影響が懸念された。 
独仏など欧州の主要株価指数が急落し、米株にも売りが波及した。市場心理を測る指標とされる米株の変動性指数(VIX)は不安心理が高まった状態とされる20を大幅に上回る40強まで上昇し、6月中旬以来の高水準となった。

欧州でコロナ感染増に歯止めがかからず、フランス政府は30日から約1カ月間、通学や生活必需品の買い物以外の外出を禁止した。ドイツも行動制限を強化した。米国では過去1週間のコロナ新規感染者数が27日に7万1832人と過去最多となった。中西部を中心に感染や入院患者数が増え、イリノイ州はシカゴ市でのレストランの店内飲食を禁止した。

米大統領選を来週に控え、持ち高調整の売りが出ているとの見方もある。引けにかけてリスク資産を手じまう動きが強まり、米主要株価指数はこの日の安値圏で終えた。景気敏感株だけでなく、ハイテク株やディフェンシブ株も含めて幅広く売られた。

個別では、27日夕に決算と併せて発表した次期の売上高予想が市場予想を下回ったソフトウエアのマイクロソフトが大幅安。
(以下省略)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハリス氏ら民主党重鎮、バイ... | トップ | 【国内感染】28日 5人死亡 73... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

為替 ドル 株式」カテゴリの最新記事