王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

2019年度予算案 衆院通過 年度内成立へ!

2019-03-02 11:45:57 | 政治
2019年度予算案、衆院通過…年度内成立確定
今日2日の未明2019年度予算案は衆院本会議で時効等の賛成多数で可決、衆院に送付されました。
衆院優位の憲法規定により年度内成立が確定しました。

前日の1日には衆院通過と見えたのですが野党が「厚労省の統計不適切問題」で根本厚労大臣の不信任案を提出したためその「否決」に至る審議で翌未明の可決となりました。

平均以下の暮らしの人はずっと好景気に預かっていないのですから切れ目ない予算執行は最低限の安全ネットと言えます。

予算案は実に101兆4571億円と当初予算として初めて100兆円を超えましたからうまく使ってほしいものです。
この中には米国から買うイージスアショアなるシステムとその関連費も入っているのですよ!

トランプ大統領に「日田による拉致問題」を米朝首脳会談で口にしてもらうのに「高いのか安いのか」微妙です。
月末の米朝首脳会談の決裂で昨日1日の韓国の「3.1独立100周年運動」で文大統領の対日非難はやや抑えた口調になったとか?!
3月4月と平成の間にまだまだいろいろありそうです。
しっかり辺りを見回しながら暮らしましょうね!


写真:衆院で予算案成立

読売新聞:
2019年度予算案は2日未明の衆院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、参院に送付された。衆院通過後30日で自然成立することを定めた憲法の規定により、予算案の年度内成立が確定した。

 立憲民主党など野党6党派は1日朝、毎月勤労統計の不適切調査問題への対応が不誠実だとして、根本厚生労働相の不信任決議案を衆院に提出した。与党は衆院本会議で不信任案を否決した上で、衆院予算委員会を開き、締めくくり質疑を経て夜に予算案を可決した。2回目の本会議は開会が深夜にずれ込み、日付をまたいで予算案を採決した。

 予算案の審議は週明けから参院に移る。参院予算委は1日の理事懇談会で、4、5両日に安倍首相と全閣僚が出席して基本的質疑を行うことで合意した。野党は参院でも統計問題を引き続き追及する方針だ。

 予算案の一般会計総額は101兆4571億円で、当初予算として初めて100兆円を超え、7年連続で過去最高を更新した。

 10月の消費税率10%への引き上げに伴う経済対策が柱で、現金を使わないキャッシュレス決済向けポイント還元などを含む2兆280億円を計上した。防衛関連費は、地上配備型迎撃システム「イージスアショア」の関連経費1757億円などで過去最大の計5兆2574億円となった。

 統計問題では雇用保険などの過少給付が判明し、政府は1月に追加給付費など6・5億円を増額して予算案の閣議決定をやり直した。
(引用終わり)

コメント   この記事についてブログを書く
« 米朝首脳会談 成果なく 決... | トップ | 東京マラソン 男子 堀尾MGC... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事