王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

台風12号 西走 伊勢市付近に上陸 !!

2018-07-29 06:17:09 | 環境
強い台風12号、三重県上陸=30日にかけ西日本横断か―暴風大雨に厳重警戒

昨日28日浜爺の住む横浜は未明からの雨が6時頃には上がり終日曇り空午後4時頃から東寄りの強い雨が30分ほど降った後は軽い雨に変わりました。夜に入ってもまあ雨が降っているわいなー程度で済みました。風も時折庭木の枝をゆする程度で被害はなく済みました。
天気予報ではこの日朝6時頃は台風12号は八丈島南東の海上に中心がある様でしたがその後北上する事無く西進し29日午後1時頃には伊勢市付近に上陸との事です。

さて一夜明けた今朝29日の朝は台風の通過地はどうなったのでしょうか??
深夜から未明という事もあって被害の詳しい情報はありません。
早めの避難が効果的だったのかもしれません朝8時現在岡山市あたりに進んでいる様ですからいよいよ前回の豪雨や山崩れの被災地を通過することになります。
余りの被害の無い様に願っておきます。


写真:28日午後JR新宿駅付近

時事通信:
強い台風12号は28日、関東・東海沖を西へ進み、29日午前1時ごろに三重県伊勢市付近に上陸した。30日にかけて西日本を横断し、対馬海峡付近に抜ける見込み。関東甲信や東海、近畿で風雨が強まり、気象庁は暴風や高波、大雨に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

 台風が上陸後、東から西へ進めば、1951年の統計開始以来初めてとなる。西日本豪雨の被災地では特に土砂災害や河川の増水・氾濫、低地の浸水に警戒が必要。静岡市などで避難勧告、横浜市などで避難準備情報が出された。

 日本航空は131便が、全日空も144便が欠航し、2社合わせて約4万2000人に影響が出た。鉄道も、東海道新幹線の静岡―三河安城間が強風で一時運転見合わせになったほか、JR東日本の一部の特急などが運休した。

 12号は29日午前1時、津市の南東約30キロを時速35キロで西北西へ進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、北東側330キロ以内と南西側220キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

 三重県南伊勢町では29日午前0時55分までの1時間に91.0ミリの猛烈な雨が降った。愛知県豊橋市では同0時10分ごろに最大瞬間風速36.5メートルを観測した。

 30日午前0時までの24時間予想雨量は多い所で、東海と四国、九州北部250ミリ、関東甲信と近畿、中国200ミリ、北陸150ミリ、東北60ミリ。その後、31日午前0時までの同雨量は多い所で、四国200〜300ミリ、東海と九州北部100〜200ミリ、近畿と中国50〜100ミリ。

 29日に予想される最大瞬間風速は、東海50メートル、近畿45メートル、関東と伊豆諸島、北陸、中国、四国35メートル、九州北部30メートル。波の高さは関東と伊豆諸島、東海9メートル、東北7メートル、近畿6メートル、中国と九州北部5メートル。
(引用終わり) 
ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
« 青森県立中央病院に20億円... | トップ | バレエ パルナ国際コンクー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

環境」カテゴリの最新記事