王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

5日 大谷翔平、最終戦で投打ダブル規定数を達成…1903年以降で初の快挙

2022-10-06 09:31:21 | スポーツ
米大リーグは5日(日本時間6日)、今季のレギュラーシーズン最終戦を迎えた。エンゼルスの大谷翔平は敵地でのアスレチックス戦に先発投手兼3番指名打者(DH)で出場。5回1安打1失点で9敗目(15勝)を喫した。
今朝も「羽鳥慎一モーニングショー」に切り替えると、江戸川の女児遺体発見の後に、この大谷翔平選手の偉業を報じてました。投打ともにシーズンの規定回数をクリアすることそのものが偉業なのですね! 改めて知りました。
最終戦も何といってもチームが打てませんから、よい投球をしても1点が取れず敗戦になってしまいました。残念ですが仕方ありません。大谷選手がホームランで同点になったら違う展開になったかもしれませんが、それは注文の付け過ぎでしょうね! さて ア・リーグの MVPになるかどうなるでしょうか? 微妙の様ですね!

写真:アスレチックス戦に先発した大谷。今季の規定投球回数に達した(AP) 

読売新聞オンライン:
米大リーグは5日(日本時間6日)、今季のレギュラーシーズン最終戦を迎えた。エンゼルスの大谷翔平は敵地でのアスレチックス戦に先発投手兼3番指名打者(DH)で出場。5回1安打1失点で9敗目(15勝)を喫した。今季の通算投球回数は166となり、規定投球回数「162」をクリア、規定打席との同時到達を達成した。これはワールドシリーズが始まった1903年以降、初めての快挙だ。打者としては、初回に右前打を放つなど4打数1安打で、今季の安打数を160に伸ばしたが、ホームランはこの試合も出ず、22試合連続ノーアーチで今季を終えた。打率は2割7分3厘、95打点、34本塁打の成績だった。(デジタル編集部)
エンゼルス  000 000 020=2
アスレチックス000 010 20X=3
(以下省略)
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 6日 日経平均 大引け 4日... | トップ | 便器で発見の1.6mヘビ、... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事