王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

柔道家 内柴正人氏 セクハラで懲戒解雇!

2011-11-30 09:02:09 | 社会
柔道五輪金の内柴氏、セクハラで懲戒解雇(読売新聞) - goo ニュース

柔道家としてアテネと北京五輪で66キロ級金メダリスト二連覇を達成した内柴正人氏(33)ですが勤務先の九州看護福祉大学を29日懲戒解雇されました。

報道によれば今年9月の柔道部の合宿で合宿先のホテルで未成年の部員と飲酒の上、セクハラ行為に及んだためとされています。

本人の言も聞かねばいけませんが「事実だが合意の上、法律上疚しい事は無い、法的対抗措置も」なんて発言してるそうです。
さて重大なセクハラとは何でしょうね?
衣服を脱がす、お乳を揉む、お尻をつかむはては最後の行為に及ぶ等など。

さて内柴教授は何を間違えているのでしょう?
浜爺が思うには:
その1:柔道(に限らずスポーツ)の合宿で飲酒した事
その2:室内で合意があったとしても後で弟子からクレームがつく様な事をした事
その3:北京五輪で金メダルを掲げながら「父親として誇れる」とか「妻のお陰」とか騙ってました。夫として父親としての尊厳と自覚はどうしたのでしょう?

もう法律論争をして地位を保全するとかの問題とも思えません。
柔道選手として天分に恵まれたけれど指導者としての素質に欠陥があったのでしょうか?
本人と後輩の面々にとっても残念な事です。


写真:内柴氏(共同)

読売新聞:
アテネ、北京五輪の柔道男子66キロ級金メダリスト・内柴正人氏(33)が、客員教授と女子柔道部のコーチを務める九州看護福祉大(熊本県玉名市)でセクハラ行為をした疑いが浮上していた問題で、同大は29日、部員に対するセクハラ行為を確認したとして内柴氏を懲戒解雇処分にしたと発表した。処分は同日付。

 発表によると、内柴氏は9月19日、合宿先のホテルで未成年の部員と飲酒した上、セクハラ行為に及んだ。

 二塚信学長は「教育職員として適性を欠く。本人は否定しておらず、事実関係を認めたと受け止めている」と述べた。
(引用終わり)

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 田中沖縄防衛局長 不適切発... | トップ | 福島第一原発 コンクリ床侵... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (等くん)
2012-08-04 23:43:05
おとなじゃなかったね。
日本柔道の恥。
人生を棒にふったね。
奥さんに謝るんだね。
許されないだろうけど。

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

柔道元金メダリストがセクハラ行為で懲戒解雇。 (日刊魔胃蹴)
2004年のアテネ五輪、2008年の北京五輪の柔道男子66kg級で金メダルを獲得し、現在は九州看護福祉大学の客員教授および女子柔道部のコーチである内柴政人さんが、女子柔道部員にセクハラしていたとして、29日付で懲戒解雇されました。 この日大学内で開かれた記者会見に....