王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

英首相が辞意表明 !!

2019-05-25 09:27:30 | 海外

英首相が辞意表明=EU離脱の混迷で引責―7月にも後任、強硬派か

昨日24日午前(日本時間で午後6時頃ー時差は日本が8時間ほど進みですからね)英国のメイ首相が「EU離脱問題を巡る混乱の責任を取って辞意を表明しました。

国民投票の結果2016年7月EU離脱を是とする保守党の党首に選ばれましたが保守党の中でも離脱に対する度合いが強弱さまざまでこれまで2度の「EU離脱」の延期をEUに頼み込み今年の10月までの猶予を得ました。

浜爺も世界経済に影響するこの政策を気にしていたのと議会制民主主義のお手本と尊敬している英国の議会がこの問題をどう扱うかでこのブログでも何回か取り上げてみました

メイ首相の提案する離脱案は議会(与党の保守党にも)にことごとく否決され、「それならどうすれば良いの!」と捨て台詞との報道をちらっと読みました。まあ前政権の「EU離脱の是非」に関する国民投票が準備不足(絶対にNo!が勝つとの甘い見通しで突っ込んだ)で意図に反して僅差でEU離脱が決まってしまいました。 そもそも微妙な問題は是非(yes/no)がでは国民を2分してしまうのですよね!

ついには野党の協力を仰ぎましたがこれがEU離脱策法規とみられ身内から不信任案の提出をうわさされる事態になりました。

6月7日に党首辞任ですがこれは前日の2日間英米首脳会議がセットされて居る為、儀礼上の配慮で、辞任表明以降は「7月に次期首相が決まるまでの選挙管理内閣」となりました。

誰が後任でもまたまた難しい問題を扱う事になります。さて日本が見本とする英国議会がどんな解決策を提案するのか楽しみです!

世界経済安定のためにもしっかり見守りたいと思います。

写真:24日辞意表明をするメイ首相

時事通信:

【ロンドン時事】メイ英首相は24日、欧州連合(EU)離脱をめぐる混迷の責任を取り、辞意を表明した。野党の支持を頼りに離脱案の議会承認を目指したことに与党・保守党が反発し、不信任を突き付ける構えをちらつかせていた。6月7日に保守党の党首を辞任。後任の選出を待って7月にも首相の座を退く。

 次期党首にはジョンソン前外相ら、一刻も早い離脱を訴える強硬離脱派が有力視されている。強硬派が新首相として采配を振るえば、EUとの経済関係を優先する穏健派とのバランスに配慮してきたメイ首相の離脱方針は修正を迫られ、離脱の先行き不透明感は一段と高まりそうだ。

 首相は官邸前で演説し、EU離脱のために「最善を尽くした」が、失敗したと認めた上で、「新たな首相が(離脱実現への)取り組みを主導するのが最も国益になるのは明らかだ」と述べた。

 EUのバルニエ首席交渉官は「混乱なき離脱に向けて努力したメイ首相に最大限の敬意を表したい」とツイッターに投稿。紛糾必至の「合意なき離脱」も辞さない強硬派らをけん制した。

 英国が国民投票でEU離脱を決めた直後の2016年7月、キャメロン前首相の退陣を受けて就任したメイ首相は、EUとの交渉や、議会対策で陣頭指揮を執ってきた。

 ただ、18年11月にEUとまとめた離脱案は、英領北アイルランド国境問題の解決策に英国内で批判が集中。議会の採決では与党議員が大量に造反し、離脱案は3度にわたり否決された。

 首相は「合意なき離脱」を回避するため、3月末の離脱を10月末まで延期することを決断。4月以降は最大野党・労働党との協力を通じて行き詰まりを打開する戦略に転じたが、協議は今月に入って決裂した。

 21日には、国民投票の再実施を望む議員が多い野党の支持取り付けを狙った譲歩策を発表。しかし、これが与野党の猛反発を招き、首相辞任論が一気に加速した。 

(引用終わり)


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 82才 入居者 老人ホーム... | トップ | トランプ大統領 訪日2日目... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まだまだ (落ちこぼれのつぶやき)
2019-05-26 11:45:55
この後誰になっても先はわからないですよね。

コメントを投稿

海外」カテゴリの最新記事