王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

英王室 ミレンさん 招待 

2007-02-28 07:17:48 | 海外
英王室、ミレンさんら招待 女王演じアカデミー賞(朝日新聞) - goo ニュース

報道によればアカデミー賞の「主演女優賞」を受賞したヘレン・ミレンさん他2名が近く英王室の昼食会に招待されるそうだ
該当映画の「クイーン」ではミレンさんはエリザベス女王を演じたとの事

何とも素早い反応であるが「エリザベス女王陛下」はこの映画を未だご覧になっていないそうだ
しかも内容は「ダイアナ妃の葬儀の扱いについてブレア首相と対立するシーン」が描かれているらしい
では誰がこんな判断を下せるのであろう? 女王陛下は昼食会でどんな発言をされるのであろうか? 爺の興味は尽きない
懐の深い国である

さてこの話を読んだとき直ぐ頭に浮かんだ事は外人の書いた「皇太子妃殿下雅子様」についての記事とその原文に基づいて書いたと称されるA新聞の記事 宮内庁の抗議とA社の謝罪
同書の日本語版の発売禁止措置云々(爺はどうなったか不知)

映像と書いたものでは同列に比較は出来ないがやはり「英国」の方がタフな上にしなやかな気がした

東宮殿下ご夫妻の招待で外人作家を朝食会にでも呼んでみたら粋であろうに

この映画は日本に来たら見に行くぞ
朝日新聞:
25日に発表された第79回米アカデミー賞で、英国映画「クィーン(女王)」に登場するエリザベス2世を演じたヘレン・ミレンさん(61)が主演女優賞を受賞したのを受け、英王室が3月、ミレンさんと監督、脚本家の3人を昼食会に招くことが明らかになった。26日付の大衆紙サンなどが伝えた。

 「クィーン」は、陰謀説が絶えないダイアナ元妃の死去を題材にしている。元妃の国民的人気に応える葬儀を望むブレア英首相と慎重姿勢の女王とのやりとりが再現され、王室が不快感を示しても不思議でない内容が含まれている。サン紙によると、女王は「クィーン」をまだ見ていないという。

 ミレンさんは授賞式のあいさつで、「この賞が女王に与えられたものでなければ、私はこの場にいなかったでしょう。女王万歳」と喜びを表した。また、BBCに対し「このような映画をつくることができる国に暮らすのはすばらしいことです」と話し、英国社会が堅持する「表現の自由」をたたえた。(引用終わり)


コメント   この記事についてブログを書く
« 衛藤氏 自民党復党か? | トップ | 世界同時株安 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

海外」カテゴリの最新記事