王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

稀勢の里 辛うじて 連勝 !!

2018-09-11 10:55:41 | スポーツ
稀勢の里 粘って連勝、歴代7位幕内通算706勝!3横綱3大関は安泰

大相撲秋場所が両国国技館で行われ昨日10日は2日目になりました。
北海道の大地震の報道が大きくあり初日9日は(何故だか次の10日も)一般紙が休刊日のため活字での放送に欠けるので4場所ぶりに出場した稀勢の里の白星報道は印象が薄かったですね。

10日も早朝からテニスの大坂選手の全米OP優勝で関心はそちらに行きました。
稀勢の里は素人目には貴景勝に辛うじて突き落としで勝ったように見えました。
こんな調子で後13日が思いやられます。
そうは言っても頑張りとおさないと負けが込んで休場となれば「引退」の声は避けられないでしょう?!
頑張ってください!!


写真:突き落としで稀勢の里の勝ち

スポニチ:
大相撲秋場所2日目は10日、東京・両国国技館で行われ、3横綱3大関が全員白星を飾った。

 4場所ぶり出場となった横綱・稀勢の里は貴景勝に攻められながらも土俵際で粘り、突き落としで下して2連勝。幕内通算706勝とし、武蔵丸と並び史上7位で現役2位とした。史上、現役ともに1位は白鵬の988勝。

 鶴竜は魁聖を送り出しで下し、白鵬も上手出し投げで勢を下して連勝を飾った。

 大関陣も、かど番の栃ノ心は豊山を寄り切り、高安は逸ノ城を押し出して2連勝。初日黒星の豪栄道は玉鷲を寄り切りで下し1勝1敗とした。

 大関昇進を狙う関脇御嶽海は千代大龍を押し出しで下し2連勝とした。
(引用終わり)
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
« 北朝鮮 建国70周年 式典... | トップ | 三田佳子さん 息子高橋祐也... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事