王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

大雨で熊本県内各地に避難勧告 !!

2016-06-19 08:37:37 | 熊本地震関連
大雨で熊本県内各地に避難勧告

昨日18日、横浜では朝から寝苦しいくらいの気温でした。これで2日続きで日中30度超えの気温でした。まあ浜爺の店番する弘明寺は大岡川のヘリですから1-2度は楽な感じでしたがそれでも外に出る気は置きませんでした。
とうきゅの水がめは異常渇水で聞きレベルとか!!

そうかと思うとこの記事のように熊本方面では昨夜から今朝にかけて避難勧告が出るほどの大雨で4まだしばらく続くようです。
地震で避難生活もままならぬ方々がいる中、加えて大雨による避難とは難儀なことだと思います。
被害の少ないことを願っています。
毎年思いますが降るときは土砂降りに降る、降らないときは干ばつが起きるほど降らない! なんだか中国本土や米国本土の様な大陸性気候になって気がします。
昨日友人と話しましたが「日本は亜熱帯ではなく熱帯地方になったんだ」と言い切りました。なるほどそう考えた方が分かりやすい気象状況です。

頭の切り替えはそれで済みますが、治水対策、治山対策は当然ですが災害対策豪枠の見直しとそれに伴う施設の充実を考えると気の遠くなるほど金が要りそうです。
地震対策と併せてとりあえずはまず逃げだす仕組みが必要な様です。
雨はこれから東進するようで恵みの雨程度に降ることを竜王に願うところです。


写真:豪雨(ウエザーニュース)

NHKニュース:
熊本県内では大雨の影響で、午前6時半の時点で3万世帯余りに避難勧告が出されています。

大雨の影響で、新たに避難勧告が出されたのは、八代市の1万905世帯2万5433人、上天草市の9991世帯2万2074人、宇城市全域の9488世帯2万4466人、南阿蘇村の576世帯1410人、西原村の445世帯1311人です。

また、一連の地震の影響で、御船町と宇土市の一部の世帯に避難指示が出されているほか、南阿蘇村や御船町などの一部の世帯に避難勧告が出されています。
(引用終わり)
ジャンル:
災害
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ロシア陸連 ドーピング認定... | トップ | 沖縄県民大会 「海兵隊は出... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

熊本地震関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

★【熊本城は必ず完全修復できる! 匠の技を結集】…「工事にかかってしまえば早いんで... (癒(IYASHI))
石垣は高さ約17・7メートル。慶長時代(1596~1615年)に造られ、補修が繰り返されてきた。直方体を交互にかませながら築いていく「算木積み」という手法は、加藤清正が...