王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

11日 NYダウ平均 27ドル高の3万3336ドル…物価指数下落でインフレ懸念和らぐ

2022-08-12 07:50:46 | 為替 ドル 株式
 【ニューヨーク=小林泰裕】11日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は、ここをクリック⇒前日比27・16ドル高の3万3336・67ドルだった。値上がりは2営業日連続。
今朝早朝閉まったNY株はダウ平均は27ドル高と小幅値上げが続きました。ナスダック総合は74ポイント高ですから方向はまちまちでした。景気後退懸念が和らいだ割にダウ平均の上げ幅が少ないのはIT関連株の値下がりが響いているかもしれません。
間もなく開く東京の日経平均がどんな反応を示しますかね?

読売新聞オンライン:
 【ニューヨーク=小林泰裕】11日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比27・16ドル高の3万3336・67ドルだった。値上がりは2営業日連続。  
11日に発表された7月の卸売物価指数が下落し、インフレ(物価上昇)への懸念が和らいだ。娯楽大手ウォルト・ディズニーや石油大手シェブロンなどの銘柄が買われた。
 IT企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は74・90ポイント安の1万2779・91だった。
(引用終わり)

最新の画像もっと見る

コメントを投稿