王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

川口の強盗強姦容疑者 清田の自供

2007-12-09 06:26:49 | 社会
借金抱え「金ほしかった」 川口の強盗強姦容疑者(朝日新聞) - goo ニュース

川口市の同じアパートで7月と10月に「若い娘さんが続けて金品を盗まれた後、強姦され殺される」という何とも惨い事件がありました。

単純な爺は「この様な凶悪犯は海外から密入国した外国人」と思いがちでしたが、近頃では日本人も凶悪化していると認識を新たにしています。
この川口の強盗強姦容疑者の清田龍也(39才)もその一人のようです。
殺人容疑としないのは本人の自供がとれないのでしょう。報道によれば「犯人の遺留物とされる物からDNAが清田とほぼ同じ」という物証が採れているのですから
全面自供は近いかもしれません。

この4日に警察は7月の強盗強姦容疑で清田を逮捕したのがきっかけで10月の事件も手口が似ているとの事で追求が始まったようです。
いづれも2階の部屋に壁伝いに外部から進入してそうですから、娘さんに限らず2-3階の方は戸締り注意ですね。

後の件については「遺留物」を当初「汗」と報道し「汗」からはDNA鑑定できないとか専門家の目に耐えない報道もあった様で、爺も成り行きを見ていました。

まもなく全容が解明される事を期待しています。
こんな男に殺された娘さん二人の冥福をお祈りします。  合掌

全く別件で甲府の老婦人殺しは70歳男と35歳女が殺人容疑で逮捕されました。
もう日本人も一部の人間は狂いだしたとしか思えません。


朝日新聞:
埼玉県川口市のアパートで会社員渡辺沙織さん(26)が殺害された事件で、同じアパートで7月にあった強盗強姦(ごうかん)事件で逮捕された自称配管工清田龍也容疑者(39)が、7月の事件について「金がほしかったからやった」と供述していることがわかった。清田容疑者は消費者金融に120万円を超す借金があり、自宅から押収した16通の通帳もほとんど残高がなかったという。

 清田容疑者は7月の事件の容疑を全面的に認めており、渡辺さんの部屋から見つかった遺留物と清田容疑者のDNAもほぼ一致している。県警は、二つの事件はいずれも清田容疑者が金銭目的で犯行に及んだ可能性があるとみている。

 県警はこれまでに清田容疑者の自宅から消費者金融の120万円の借用書を押収。国民健康保険料も400万円以上の未納があったとされる。(引用終わり)

写真:手配写真


コメント   この記事についてブログを書く
« 小沢氏 胡錦濤主席と会談 | トップ | ライフル銃暴発 2歳児死亡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事