王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

年金横領 3億4千万円

2007-09-04 08:45:54 | 税、年金、国保
年金の横領、3億4千万円 社保庁・市町村で99件(朝日新聞) - goo ニュース

昨日夜のTVニュースはどこも遠藤農相の辞任問題で持ちきりであった。その後、鳥越俊太郎氏がゲストで出ているのでテレビ朝日?かどうかあやふやなのだが、年金掛け金の横領事件でその金額が3億4千万円に上ると報道していた。

社保庁によれば1962年以来、職員による横領が50件1億4千2百万円。市町村役員による横領が49件2億77万円で両者で99件3億4千万円に達した。

報告を受けた「年金記録問題検証委員会」の座長は「報告のない都道府県に不満を漏らしていた」
単純に考えてももっと有るという事である。

ここで鳥越俊太郎が「こういう状態だから5000万件のデーター照合など、出来ないから自分の記録と社保庁の記録の食い違う人は全て税金で負担を」見たいなコメントをして話の腰を折った。

おいおい、そのために社保庁が年金手帳を持つ人に1億通ものはがきを出したり、第三者検証委員会?で幅広く資格者の言い分を聞く事になったばかりでないのか?
検証の結果、すでに申し出が認められた方が出て、否定された方も出ている。
横領の出た社保庁の出先や市町村の申し出でには特に精査すれば当面は良いのでなかろうか?

人口が漸減していく中で年金制度を「世代間の担い合い」から「同世代間の担い合い」に変える。制度の切り替えに「税金の投入を」との意見は横領と別の話であろう。

問題はむしろ社保庁や市町村が「横領した人間全員を刑事事件で告発」した様子がない。まず半数しか公表していない。例によって「退職をしてしまったから」なーんて無責任管理があるようだ。

爺の様に民間企業にいた人間には、そもそも現金を収受する時にどんな形であれ「領収証もしくは預り証」の類を渡すのは常識である。部内の処理にしても「現金の受け入れ係り」と「確認して領収証を出す係り」が分かれて不正が防止できる。
もう社保庁も市町村の窓口も組織を挙げて狂っていたとしか思えない。

取敢えず、人を入れ替え制度を変える。「役人は不正をしない」との虚構をぶち壊す。「役人を辞めたら犯罪は追及されない」なーんてあほな考え方とそれを支える法律制度にメスを入れて行かねばならない。


朝日新聞:
社会保険庁は3日、1962年の発足以来、職員による年金保険料や給付などの横領が判明したケースが50件あり、横領金額は1億4197万円だったと発表した。市区町村職員の国民年金保険料の横領は49件、2億77万円。両者で99件、3億4274万円に達した。また、過去の未納保険料をさかのぼって支払える「特例納付」では、市区町村職員が社保庁の代わりに保険料を受け取っていた自治体が少なくとも80~90カ所あった。領収書を本人に渡していないケースなども見られた。

 同日開かれた総務省の「年金記録問題検証委員会」(座長・松尾邦弘前検事総長)に報告した。

 社保庁職員の横領は、保険料が22件で3365万円、年金給付が13件で8047万円、医療保険の高額療養費の払い戻しなどが15件で2784万円。保険料横領で最も高額だったのは、98年に処分した東京・蒲田社会保険事務所(当時)の年金専門官による1266万円の横領のケース。着服が発覚しないよう、オンライン上の年金記録のデータも改ざんしていた。(引用終わり)

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 遠藤農相  3日に辞任 | トップ | 自民党 小林温氏が参議院議... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうもです~ゥ! (野次喜多)
2007-09-05 12:07:51

私も見ました。
鳥越俊太郎氏の言、では「5000万件突合に含まれぬ、記録なき搾取であるから、」
という意味であると受け取りましたが?
また、年金手帳やハガキには「過去の納入実績」は記載されていません。
社会保険事務所に出向いて過去の納入実績を聞かなければ、自分の
未納期間は判明いたしません。
つまり、申し出て判明した検証自体が「氷山の一角」ということです。
 そこで、民主は年金通帳という一目瞭然の通帳方式を提案しているのでは?

自分の年金ですから (浜の偏屈爺)
2007-09-05 14:25:49
野次喜多様 今日は 社保庁と年金を支給される側と双方から手を伸ばし繋がらない年金データーをつなげるしかない様です。猫糞された掛け金は受給者の側から見れば未払いの期間に該当するのでしょう。とりあえずは始めたばかりですから、第三者検証何チャラを増員してでもやって貰いたいものです。受払いの明確化は「通帳方式」でも何でも納得行く方法ならよいと思います。 100年安心の年金がが2046年には危ういと言ってますから、1970年以降に生まれた人には新しい年金案が必要で、データーをつなげる話と比較的若い人の年金制度をどうするか? この辺り2件を扱って舛添厚労相の貫目が出ようと言うもの。舛添氏が本物かどうか見守っています
又お立ち寄り下さい。
Unknown (hontino)
2007-09-05 19:19:04
TB有難う!日本の官僚や地方自治体公務員の乱脈は目を覆うものがありますが、現在年金だけが槍玉に上がっています。
その他の役人もみんな同じようなものでしょう。
この機会に出来る限り摘発して再発の防止に努めてもらいたいものです。
年金機構なんてものを作って、社保庁の人間を採用しないと仕事が分からないといっているようですが、之はネコババの方法まで持ち込まれる恐れがあります。
年金は税無関係各所に任せるのがいいのではないでしょうか。
郵便局でも (浜の偏屈爺)
2007-09-07 08:00:51
honntino 様 お早う御座います。台風9号の影響はどうですか? 全体像はわかりませんが爺の住む横浜の界隈はさほど被害は無かったようです。
さて年金ですが、郵便局の窓口でも着服というかネコババがでたそうです。
仮に20歳の人に45年後に支給をするとして、その実現をどの様に保証するのか? これを今の政治家と役人にしっかり説明してもらう事が肝心です。若い人は現実問題、年金掛金を税金にされたら払えません。
40歳以下の若い人の意見を聞くべきでしょう。
従来方式と新方式と、そして国の年金に入らない人と
いろいろ組み合わせはあると思います。
又どこかで論じましょう

コメントを投稿

税、年金、国保」カテゴリの最新記事