王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

足利の山火事で177世帯に避難勧告中学校は臨時休校栃木

2021-02-26 10:54:05 | 米国(トランプ)関連
数日前から足利市で山火事が起きた事はTVの夕刻のニュースショーで同じ日の青梅市の山火事の報道と併せてみましたから覚えています。
今朝もTVのニュースショーで見ましたがまだ燃えているのですね。記事を読むと昨日24日の記事で
4日目ですから今朝26日だと6日燃えているのですね!
大きな自衛隊のヘリが水を入れたバッグを吊り下げて来て空中でそれを開いて火元に落としているようですがなかなか収まらない様です。
下野新聞24日の記事から(多分前日夜の写真)

青梅市の山火事は全焼した民家の男性の焚火の日の不始末の様でしたが足利市の山火事も似たような原因ですかね? 風のある日のあり、消火はなかなか難しいようです。避難勧告或いは命令と言われても建物は火が来ると燃えてしまいますから立ち退くにしても断腸の思いでしょうね。
早く収まってくれることを願っています。


写真:出火から4日目も延焼が続く山火事=栃木県足利市で2021年2月24日午後2時34分、本社ヘリから滝川大貴撮影 

毎日新聞:
栃木県足利市の両崖山(りょうがいさん)(標高251メートル)で21日、山火事が発生し、出火から4日目となった24日も延焼が続いた。同日午後5時半現在で山林約76・5ヘクタールを焼失。市はさらに拡大する恐れがあるとして、付近の住民約177世帯に避難勧告を出したほか、中学校1校を臨時休校にした。けが人や民家への被害は確認されていない。
 市などによると、火災は21日午後、同市西宮町の両崖山山頂付近で発生。強風などの影響で西側の天狗山(同259メートル)にも燃え広がった。火元は山頂の休憩所付近とみられ、21日は多くの人が訪れたという。自衛隊や消防が消火活動に当たっているが、鎮火の見通しは立っていない。現場はJR両毛線足利駅から北西に約2・5キロで市街地に近い。
 群馬県太田市の長女宅に避難した足利市今福町の無職、黒沢かづ子さん(73)は「『パチパチ』という音が聞こえ、煙の量も増えてきて怖い。昨夜は不安で眠れず、この状況が続くと(体調的にも)厳しい」と心配そうだった。【太田穣、玉井滉大】
(引用終わり)

コメント   この記事についてブログを書く
« 26日 日経平均 大引け ... | トップ | 高2男子ら、エスカレーター... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

米国(トランプ)関連」カテゴリの最新記事