王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

タイとカンボジア間の鉄道 45年ぶりに復旧 !!

2019-04-23 07:00:29 | 海外
タイとカンボジア間の鉄道が復旧 45年ぶり、内戦で破壊
昨日22日タイの東部アランヤプラートで同地とカンボジアの西北部のポペイトを結ぶ列車の運行を45年ぶりに再開し復旧式典にはタイのプラユット首相とカンボジャのフン・セン首相が参加しポペイト行の1番列車に同乗して祝ったそうです。

フン・センの名前で思い出しましたがクメール・ルージュによるインテリ400万人の虐殺とか?!そんな騒動を乗り越えて近頃国際列車の運行の合意がなったのでしょうか?!
適当な地図が見つかりませんでしたがアランヤプラテートのカンボジャ側の町がポペイトで歴史的に交易の要衝だそうです。
これが2018年の街中の様子(ネットより)

鉄道に関係なくトラックや自動車場合によって三輪車や担ぎ屋迄物流の盛んなところであり又ポペイト側にはIRでありませんが一大カジノと歓楽街がありタイから遊びに来る金持ちが絶えないのだとか(バンコクから車で3時間半ほど)

まあこれを転機に堅気のビジネスが一段と進むと良いですね。
日本のメーカーも進出している様です。頑張ってください。


写真:一番列車を見送る人々

共同:
【アランヤプラテート共同】タイ東部アランヤプラテートで22日、プラユット首相とカンボジアのフン・セン首相が、カンボジアの内戦で破壊された両国間の鉄道の復旧式典に参加し、カンボジア北西部ポイペトに向かう一番列車に乗車した。タイ政府によると、1974年に列車運行を停止して以来、45年ぶりの再開となった。

 式典は国境近くに新設された駅で開かれた。フン・セン氏は「鉄道復旧は両国の経済発展に貢献するだろう」と述べ、歴史的・戦略的な意義を強調。プラユット氏も「両国民に新たな機会を与える」と演説した。

 この日は、両国を結ぶ新しい橋の開通式も行われた。
(引用終わり)
ジャンル:
海外ニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« スリランカで連続爆発事件 ... | トップ | 孫正義氏 仮想通貨で145... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外」カテゴリの最新記事