王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

横浜のゴルフ場で樹林伐採中、JRの高圧線に接触し2人死亡横浜線運休

2021-06-10 09:43:07 | 社会
昨日9日朝8時過ぎ横浜市戸塚区のゴルフ場「戸塚カントリー倶楽部」で、高所作業用のゴンドラに乗ってコース内の樹木を伐採していた男性作業員2人がJRの高圧線接触したそうです。2人は5時間後に救出されたそうですが、死亡が確認されました。死因は感電死だそうです。救出のため、高圧線を止めたため、正午から2時間横浜線が止まったそうですが、遅きに失してはいませんかね? まあ、ゴンドラと衝突の際に現場付近ブレーカーでも飛んでいたら良いのですけどね。亡くなった2人の作業員の方はお気の毒でした。謹んでお悔やみ申し上げます。    合掌

写真:名門戸塚CCの入り口

神奈川新聞:
9日午前8時10分ごろ、横浜市のゴルフ場「戸塚カントリー倶楽部」(戸塚、旭区)で、高所作業車のゴンドラに乗ってコース内の樹木を伐採していた男性作業員2人が高圧線に接触した。2人は約5時間後に救助されたが、死亡が確認された。感電死とみられる。
 戸塚署によると、2人は東京都渋谷区にある造園会社の40代と50代の従業員とみられる。横浜市戸塚区名瀬町のコース内で、作業車を止めて伐採作業を実施。接触したのはJRの高圧線で、アームを伸ばした状態でゴンドラを旋回させると触れる高さにあった。高圧線1本が切断されていた。
 ゴンドラ内に操作盤があり、作業車の運転席は無人だった。署は2人のうちどちらかがゴンドラを操作し、誤って高圧線に接近したとみて、業務上過失致死容疑も視野に捜査する。
 伐採作業は同日午前7時ごろから同社の従業員5人で始め、死亡した2人以外は事故現場から離れた場所にいた。事故直後の様子を目撃した人は「バーンという大きな音が聞こえ、その方向を見るとゴンドラから火と煙が出ていた」と署に説明したという。
 JR東日本によると、救助活動で送電を停止したため、JR横浜線は同日正午から東神奈川ー八王子の全線で運行を見合わせた。午後2時過ぎの運行再開までに上下線27本が運休するなどし、約1万1千人に影響した。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 菅首相「ワクチン接種こそ切... | トップ | 10日 【国内感染】新型コ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
失礼いたします。 (tenjin95)
2021-06-10 10:24:40
> 管理人様

気の所為なら良いのですが、最近、現場での初歩的なミスにより失われる命が多いような感じがして、現場の作業員の質が下がっているのかな?と思っております。
現場のミスかも (浜の偏屈爺)
2021-06-11 10:25:43
tenjin95の和尚様 おはようございます。ご指摘の様に最近は現場のプロと驚くような方が減ってきています。時間的に1組がスタート終わっている時間ですから作業を急がされて事故に繋がったら気の毒だなーと思いました。

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事