王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

22日 NYダウ平均 137ドル安 欧米景気の悪化懸念で

2022-07-23 07:51:35 | 為替 ドル 株式
【NQNニューヨーク=川上純平】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日ぶりに反落し、ここをクリック⇒前日比137ドル61セント(0.4%)安の3万1899ドル29セントで終えた。欧米の景気悪化を示す経済統計の発表を受け、リスク資産である株式を売る動きが強まった。
今朝早朝閉まったNY株はダウ平均が4日ぶりに反落、前日比137ドル安で引けました。欧米の景気悪化を示す経済統計の発表を受け、リスク資産である株式を売る動きが強まった。 。市場予想を下回る四半期決算を発表した一部ハイテク株の急落が相場全体に波及したそうで、ナスダック総合も225ポイント安とはっきり下げました。
下がれば、景気不安、上がれば利上げ警戒感の薄れとか、お気楽に見える日替わりのコメントです。

写真:22日 NYダウ平均の株価ボード

日経新聞:
【NQNニューヨーク=川上純平】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日ぶりに反落し、前日比137ドル61セント(0.4%)安の3万1899ドル29セントで終えた。欧米の景気悪化を示す経済統計の発表を受け、リスク資産である株式を売る動きが強まった。 。市場予想を下回る四半期決算を発表した一部ハイテク株の急落が相場全体に波及した。 米S&Pグローバルが22日発表した7月の購買担当者景気指数(PMI、速報値)で米国の総合指数は4カ月連続で低下し、好不況の分かれ目になる50を割り込んだ。ユーロ圏の7月の同指数も3カ月連続で低下し、50を割り込んだ。インフレの高止まりが消費などを抑え、欧米の景気後退入りが近づいているとの懸念が強まった。航空機のボーイングや建機のキャタピラー、化学のダウなど景気敏感株が下落し、ダウ平均の下げ幅は300ドルを超える場面もあった。 
(中略)
ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4日ぶりに反落し、前日比225.497ポイント(1.9%)安の1万1834.112で終えた。 
(引用終わり)


最新の画像もっと見る

コメントを投稿