王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

29日 日経平均 大引け 続落、欧米コロナ懸念 押し目買いで下げ限定、ソニーは急伸

2020-10-29 10:06:07 | 為替 ドル 株式
29日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落し、ここをクリック⇒前日比86円57銭(0.37%)安の2万3331円94銭で終えた。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に欧州で外出制限の動きが広がり、経済活動が停滞するとの懸念から売りが出た。ただ、投資家の押し目買い意欲も強く、日経平均は午後に下げ渋った。
解説を素人なりに読み解くと午前中は「利益確定売り」午後から大引けにかけて「押し目買い」も出て86円の下げまで戻したようです。
どちらの判断があたりでしょうかね?
NYの市場はあと2日で終わります。

日経新聞:
29日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落し、前日比86円57銭(0.37%)安の2万3331円94銭で終えた。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に欧州で外出制限の動きが広がり、経済活動が停滞するとの懸念から売りが出た。ただ、投資家の押し目買い意欲も強く、日経平均は午後に下げ渋った。 
日経平均は250円近く下げて始まった。前日の米ダウ工業株30種平均が900ドル超下がったことでリスク回避の姿勢が強まり、売りが先行した。米国で新規感染者数が7万人を超えたことや、追加経済対策を巡る与野党の協議が膠着していることへの警戒が東京市場でも引き継がれた。
(以下省略)

ここからは前引け:
29日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比156円53銭(0.67%)安の2万3261円98銭で前場を終えた。欧米で新型コロナウイルスの感染拡大し、欧州各国政府が外出自粛などの措置を相次いで決めた。経済活動が悪化するとの懸念から短期筋によるリスク回避の売りが出た。









ここからは寄り付き:
29日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続落し、ここをクリック⇒前日に比べ190円ほど安い2万3200円台前半で推移している。フランス政府が少なくとも1カ月間の外出制限を全土で実施すると発表するなど、新型コロナウイルスの感染拡大による欧州での経済活動の抑制が懸念されている。 
NYの投資家の中には大統領選が終わるまで「高値の株を売って利益確定をして様子見」を決めた人が多いようです。その割に日経平均の投資家は「高値に期待して売りに出る人の割合が少ない」様に見えます。
取り敢えず前引けと後場を追ってみます。

日経新聞:
29日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日に比べ190円ほど安い2万3200円台前半で推移している。フランス政府が少なくとも1カ月間の外出制限を全土で実施すると発表するなど、新型コロナウイルスの感染拡大による欧州での経済活動の抑制が懸念されている。 
前日の米ダウ工業株30種平均が900ドル超安となったことで、リスク回避姿勢が強まり、日経平均は一時250円近く下げた。

米国では1日あたりの新規感染者数が7万人を超えた。追加経済対策を巡る与野党の協議が難航していることも重荷。米国株の変動性指数(VIX)の急上昇もあり、日本株には下落圧力が強まっている。

景気の先行き不透明感が米国で急速に高まり、景気に敏感な業種で売りが目立った。東京市場でもその流れが引き継がれ、東証株価指数(TOPIX)の業種別株価指数では空運や鉄鋼が下落している。原油先物相場の下落で鉱業も下げが大きい。
(以下省略)

主要な半導体関連銘柄で構成する米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が大幅に続落したため、東エレクなど半導体株が安い。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【国内感染】28日 5人死亡 73... | トップ | 自宅アパートで豚を解体容疑... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

為替 ドル 株式」カテゴリの最新記事