王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

マススタートで高木菜那選手 金 !!

2018-02-24 11:29:39 | 平昌冬季五輪
高木菜那、新種目マススタートで金メダル「転倒した佐藤の分も獲りたかった」

何の根拠もなくパシュートで金を取った後、残った競技で金を取ってくれると「我が軍 有利!」みたいな報道の割にメダルが取れないのでもやもやした気持ちなので「あと1週間でどのスポーツでも良いから金を取ってくれないか!!」とど素人の希望を書きました。
何と平昌五輪競技最終日の今日24日に五輪新種目の女子マススタートで何と高木菜那選手が金メダルを取りました。
オメデトウございます!!

準決勝ではパシュート金組の佐藤選手が転倒に巻き込まれて決勝進出ならず二人組んでの駆け引きもできない状態になりました。
そんな中高木選手は最終周回で前を行くオランダ選手をさっと抜くと追いすがる韓国選手を引き離し見事に金を取りました。
大変な努力の上にこの結果があると思います。
おかげで何だかすっきりしました。
ありがとう!!
ついでながら女子カーリングも英国を破り3位の銅メダルを獲得、これも女子カーリングとしては最高記録だそうです。
日本の女子は強いですね!!
戦後73年 アメリカからもたらされた「男女同権」が地に着いた結果かも知れません。
東京五輪では男子ももう少し頑張ってください!


写真:金メダルを掲げて喜ぶ高木菜那選手

スポニチ:
◇平昌冬季五輪 スピードスケート女子マススタート(2018年2月24日)

 平昌五輪は24日、新種目のスピードスケート女子マススタート決勝が江陵オーバルで行われ、団体追い抜き(パシュート)で世界の頂点に立った高木菜那(25=日本電産サンキョー)が今大会2個目となる金メダルに輝いた。これで日本のメダルは冬季五輪史上最多を更新し「12」となった。

【高木菜那と一問一答】

――初代女王に輝いた。

 「この種目が始まってから銀メダルや銅メダルで表彰台に上ったことはあったが、金メダルという一番高いところに上ったことはなかったので、五輪という最高の舞台で一番上に上ることができてうれしい」

――オランダ選手にずっとついていた。どんな作戦だったのか。

 「オランダ勢が2人いたので、おそらく最後は仕掛けてくると思ったので、そこについていって狙えるところで狙っていこうと考えていた」

――2個目の金メダル。

 「日本でワンツーフィニッシュを狙っていたが(1回戦で転倒に巻き込まれた)佐藤が転んでリタイアしてしまったので、佐藤の分まで金メダルを獲りにいくぞという気持ちだった。パシュートで金メダルを獲れたので、落ち着いてマススタートに臨むことができた」

――今大会を振り返って。

 「一番最初のレースで悔いの残るレースをしてしまい申し訳なかったが、残り2本のレースで最高のレースができた。本当に最高の五輪になってよかった」
(引用終わり)
『イベントニュース』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 俳優 大杉漣さん 心筋梗塞... | トップ | 俳優 左とん平 さん 逝去... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

平昌冬季五輪」カテゴリの最新記事