王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

電気大で飛び降り自殺 巻き添え

2006-10-12 08:08:35 | 社会
東京・電通大で飛び降り自殺、巻き添えの女子学生重傷(読売新聞) - goo ニュース

昨日夜TVを見ていたら大学の構内で飛び降り自殺した人に当たられ重傷を負った女子学生の話をしていた
現時点で女学生は頭蓋骨骨折の重傷である 自殺のトバッチリを受け迷惑だしお気の毒な話である
7月12日にも新宿南口でも飛び降り自殺があり3人が重軽傷を負った

場所は調布市の電気通信大 構内の10階あたりの外付け階段から30メートルほど下の道路に飛び降りたらしい 地上まで3秒ほど掛かるそうだ 
ちょうどそこへ女子大生が通りかかり直撃 狙って飛び降りてもぶつかるのは難しいであろうに 飛び降りの本人(55歳女性)は死亡 うつ病の治療中で警察は自殺と見ている
さて直撃を受けた女子学生は頭蓋骨骨折の重傷を負った

自殺者は死亡、家族の事は触れられていない 重傷の学生は誰に文句を言ったらよいのであろうか? 彼女が無過失(自分に落ち度が無くても)の交通傷害保険に加入していたか或いは学校が構内の事件事故に対して何らかの保険を掛けていれば金銭面では不幸中の幸いである

まだ米国の様に学校内やキャンパスで銃の乱射に至らないが注意が肝要である
といっても上に向いて目は付いていないから何と無く注意するに留まるのだけど

あと自殺する様な人は読まないと思うけど;電車の飛込みとか、昨日のように高い所からの飛び降りは人を巻き添えにするから出来れば避けて欲しい お願いします

読売新聞:
11日午前5時40分ごろ、東京都調布市調布ヶ丘1の電気通信大で、敷地内の10階建て総合研究棟から同市内の無職女性(55)が転落し、下を歩いていた同大2年の女子学生(20)に体が直撃した。
 女性は間もなく死亡が確認され、女子学生も頭部に大けがを負った。女性が転落したとみられる同棟外階段の9階と10階の間の踊り場に、サンダルが残されていたことや、うつ病で通院中だったことから、警視庁調布署は女性が飛び降り自殺したとみている。

 同大によると、巻き添えになった女子学生は、来月17日から開かれる文化祭の実行委員で、午前6時に始まる実行委員会に出席するため登校している最中だった。総合研究棟には図書館などが入り、キャンパス内は正門に警備員が配置されているが、夜間でも出入りは自由だったという。 引用終わり


最新の画像もっと見る

コメントを投稿