王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

春風亭昇太「遅すぎ婚」お相手40歳は元宝塚の娘役

2019-07-02 06:50:20 | 芸能

今になると3日も前の話、先月30日夕刻でしたが落語家の春風亭昇太(59)師匠がTVに映っていて「結婚する」と報告をしてそれを周りがあれこれ「お祝いを言ったり」「還暦前にお相手が決まった事」等をネタに突っ込みを入れた入りからかったり、昇太師匠も照れながら嬉しそうに応対していました。お相手は一般人で40才とかで写真の披露は有りませんでしたがスケッチブックに手書きの似顔絵がお披露目されました。ショートボブの目がぱっちりした方の様です。
昇太師匠も「笑点」の司会を歌丸師匠から引き継いでざっと一年、見事に「笑点」の悪どもを纏め新風を起こしているうえに27日には落語芸術協会の会長就任と芸人として公人として大活躍の予兆です。
ここで若いお嫁さんが来れば「鬼に金棒」「追い風に乗る」勢いでしょう!!
仲の良い夫婦になって欲しいと願っています。😊 

写真:嫁さんの似顔絵を披露する昇太師匠

日刊スポーツ:
落語家春風亭昇太(59)が6月30日、40歳の一般女性と結婚することを発表した。
この日、一部生放送された日本テレビ系「笑点」(日曜午後5時30分)などに出演して報告した。相手の女性は妊娠しておらず、今後、婚姻届を提出し同居する。
   ◇   ◇   ◇
昇太は「笑点」の最後に「ついに、ついに結婚することになりました。還暦前になんとかなりました!」と満面の笑みで報告した。続いて「真相報道バンキシャ!」(日曜午後6時)でも結婚について語った。
2番組出演後に取材に応じた昇太は、ぱっちりした目でショートボブの女性の似顔絵を披露しつつ、相手は現在40歳であること、知人の紹介で14年前に出会ったことなどを明かした。最初の出会いから約10年間会っていなかったそうだが、3年ほど前に昇太が出演する舞台「熱海五郎一座」を観劇に来てくれたことがきっかけで、2人で食事に行くようになったという。
19歳差婚。交際は今年に入って始まり、結婚は1〜2カ月前に決まった。昇太は「『付き合ってみますか』と言ったら『ハイ』と。結婚の時も『しますか』と言ったら『ハイ』と」と照れくさそうに語った。
結婚の決め手について「そろそろしないと死んじゃう。第1発見者」と笑ったが、相手の好きな点を聞かれ「いつもにこやかにしているところ。和な人が好きなんですけど、和なことをしてくれる。梅干し作りましたとか漬物漬けましたとか言っている。着物も好きでよく着ている」とした。
照れ隠しで包んだ結婚報告で、自ら「遅すぎ婚」と名付け「春風亭昇太の結婚とかけまして、焼き肉でいろんなお肉が出てきた時とかけます。そのこころは、モツ(持つ)かな?」と笑わせたが、「幸せで普通に暮らせればいい」という言葉に、落ち着いた大人同士の結婚を思わせた。
日刊スポーツの取材によると相手は元タカラジェンヌ。約4年間娘役で活躍した。その後ドッグプロデューサー、トリマーとして活動し現在、老舗ペットショップとペット関連学校の役員。犬関連著書がある清楚(せいそ)な美女という。披露宴は夏にも都内ホテルで予定している。
先月27日に落語芸術協会会長に正式決定した時には「人生は勢いなので、この波に乗っていきたい」と話していた昇太。独身キャラを卒業し、公私ともに勢いに乗っている。
(引用終わり)
コメント (1)