王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

萩原健一さん 68才で 逝去 !!

2019-03-29 07:09:42 | 芸能
萩原健一さん死去 68歳 「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」など
去る26日俳優で歌手でもあった萩原健一さんが都内の病院で病気のため亡くなっていた事が28日に分かったそうです。
「ショーケン」とくればGSの歌手その後に俳優と来て女優いしだあゆみさんと夫婦も同然の生活だったよなーと思い出します。とにかくあの頃は良く女性にもてた人だったとの思いがあります。
現在は奥様もいらっしゃるのでこれ以上は思い出さない様にします。

難しいがんをここ8-9年患っていた様で容体が急変したとか! 下に2年ほど前の写真が載っていますがすっかり爺になって昔の細面のイメージはすっかりなくなっています。

ここ数年昭和の二けた10年代の方がなくなるのは平均寿命の関係で止むを得ませんが終戦後(昭和20年以降)の方がなくなるのは浜爺から見ると末の弟が亡くなった様で「早いなー、残念」との思いが一入です。
平均寿命はあくまでも平均でそれより早い人が居るのは同級生を見ても居るのですから運命ですかね?

謹んでお悔やみを申し上げます。         合掌

写真:2016年当時の萩原さん

スポニチアネックス:
ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」など数々の作品で知られる俳優で、グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルも務めた萩原健一(はぎわら・けんいち、本名・敬三=けいぞう)さんが26日午前10時30分、GIST(消化管間質腫瘍)のため都内の病院で死去したことが28日、分かった。68歳。埼玉県出身。所属事務所が発表した。「ショーケン」の愛称で親しまれ、一時代を築いた。

 所属事務所によると、2011年から闘病していたが、本人の強い希望で病名の公表を控えていた。容体が急変し、モデルのリカ(本名・理加)夫人に看取られて息を引きとった。故人の遺志により、葬儀は家族のみで営まれ、27日に都内の斎場でだびに付された。

 1967年、17歳の時に「ザ・スパイダース」の弟分バンド「ザ・テンプターズ」のボーカルとして「忘れ得ぬ君」でデビュー。「神様お願い!」「エメラルドの伝説」などの大ヒット曲を生み、グループサウンズ全盛期を支えた。

 ザ・テンプターズは70年に解散。72年、映画「約束」に助監督として参加したが、降板した俳優の代役を務め、岸惠子(86)の相手役を演じた。これが高く評価され、本格的に俳優に転身。同年、日本テレビ「太陽にほえろ!」の初代新人刑事・マカロニ役で人気を決定的に。74年に同局「傷だらけの天使」、75年に同局「前略おふくろ様」と立て続けに連続ドラマに主演した。

 映画も「八つ墓村」「影武者」「誘拐報道」「恋文」「いつかギラギラする日」「居酒屋ゆうれい」など多数出演。

 昨年3月に放送されたテレビ朝日の2時間「明日への誓い」に主演。同年9〜10月に放送されたNHK総合「不惑のスクラム」(全7話)に出演した。

 私生活は80年から女優・いしだあゆみ(71)と事実上の結婚生活を送り、96年にはヘアメーク担当だった女性と結婚したが06年に別れた。11年に理加夫人と再婚した。
コメント