王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

キラキラネーム 王子様 改名許可 !!

2019-03-13 09:31:29 | 社会
山梨の18歳、「王子様」改名 キラキラネームに疑問、家裁許可
今週はいろいろな事が起きそうな週です。
ヴェネゼラの米大使館員の国外退去、英国議会の政府離脱案否決そして何と日本では13日未明「いだてん」出演のピエール瀧さんがコカイン使用容疑で逮捕と大騒ぎです。それらは少し様子を見て今朝は緩い話を一つ載せました。

親が子供の名前を付ける「命名」に付いてです。
25-6年前昭島市で親が子供に「悪魔」と命名しその有効性が高裁で争われる事になった例がありました。
最後は親が「悪魔」を変えて「亜駆」に変えてお開きだったような気がします。

今日の話は山梨県の高3年生赤池肇さん[18]が親から付けられた「王子様」から改名を申し立て今月5日甲府地裁が変更を許可したそうです。
オメデトウ御座います!

母親の期待は分からないでもないけれどいつまでも生まれた子供は子供のままではありません。
赤池君は中3の時に自己紹介で「王子様」と披露、女子生徒から大笑いされたのが改名を考えるきっかけだったようです。

日本では名字は変える方法がいくつかありますが名前を変えるのは結構難しいのですよね。
甲府家裁のグッジョブでした。
恐らく赤池君は「王子様」から「肇」に改名がかなったのだと思います。
写真で見るといまどきの良い若者に見えます。
新しい名前に肖って素晴らしい人生を送ってください。


写真:元王子様こと肇さん

共同通信:
山梨県に住む高校3年の赤池肇さん(18)が、親に付けられた名前「王子様」から改名を申し立て、今月5日に甲府家裁が変更を許可したことが12日、分かった。極めて個性的な「キラキラネーム」とも呼ばれる名について「本人が嫌なら行動できる」と話し、これから親になる人々に「よく考えて」と訴える。

 元の名は「唯一無二の王子様のような存在」という母の思いが由来。「子どもの頃ならかわいいのかもしれないが、80歳になっても『王子様』とはいかない」と疑問だった。

 改名を意識し始めたのは中学3年以降。自己紹介した時、女子生徒から噴き出すように笑われるのがショックだったという。
(引用終わり)
コメント