食の旅人

~ 食べることは生きること、生きることは旅すること、そうだ食べることは旅すること~
  野村洋文

民衆を導く自由の女神

2017-10-18 06:53:11 | 日記

 フランス革命、ナポレオンの登場、失脚後、フランスはルイ18世の王政復古(王様の政治)時代に戻ります。しかし、その圧政に耐えきれなくなったパリ市民が、7月、3日間、市街戦を繰り広げ、ついに、ルイ18世を亡命させて、革命に勝利します。これが、7月革命。現在のフランス国旗、いわゆるトリコロールは正式に、この7月革命で誕生しました( 万が一、間違っていたらすみません)   ルーブル美術館で、ひときわ人々の目を引く巨大な絵の一つに、「 民衆を導く自由の女神 」というのがありますが、まさに、この7月革命を、ロマン派の巨匠、ドラクロワが描ききったものです。 絵画中、中央の女性は、フランス共和国の象徴であるマリアンヌでして、トリコロールを振りかざし、観るものを、200年以上威圧しております。 このマリアンヌは、アメリカの「自由の女神」と同一人物です。 浅田真央ちゃんが、「 民衆を導く自由の女神 」の前で、イケメンフランス人とデート~ なる記事を読みまして、とりとめもなく書き込んでみました。 あしからず。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 休日の朝の雑感 | トップ | 意外と知られていない事実~ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事