チュエボーなチューボーのクラシック中ブログ

人生の半分を過去に生きることがクラシック音楽好きのサダメなんでしょうか?

小澤征爾・日フィルの第九プログラムより(ベートーヴェン生誕200年記念)

2020-05-27 23:45:22 | メモ

今年2020年はベートーヴェン生誕250周年ですが、50年前、200周年の時の日フィル第九のプログラムを見てみます。

↑ 表紙

 

↑ このコンサートは生誕200年である1970年の直前、1969年12月23日と24日に東京文化会館で開かれています。

豪華な独唱陣。
片野坂 栄子(1941年生)
春日 成子(1944年生)
砂川 稔(1930年生)
平野 忠彦(1938-2014)

 

↑ 23日のチケット。裏面の印によると10月20日に東京有楽町の交通会館チケットビューローにて購入。

 

↑ 小説家・安岡章太郎(1920-2013)。日フィル夏季合宿にて思い出話を披露。

このプログラムに寄せた文で安岡氏はこのように書かれています。

(前略)とにかく音楽は芸術であり、それが文化的土壌の異質な国に、これだけ急速に、これだけ広範囲にひろまるといふことは、おそらく一種の異変なのではあるまいか。霞が関の三十六階ビルや高層自動車専用道路の出現で、古い東京の景観が根こそぎ引っくり返ったといふ人たちは、戦後の洋楽普及によってどれだけ日本人の音楽的感性が変ってしまったかということも、注意すべきだろう。

(中略)昨年、東響がやった「第九」は独唱も合唱もアマチュアだったといふが、それなりに良かったと思ふ。たしかに私がきいても独唱は素人くさかった。しかし、バリトンが直立不動の姿勢で顔面紅潮し、近衛さんの指揮棒一閃、声をはり上げた瞬間は、さながら新品中尉が老師団長の命令一下、
「全員、突然に前へ・・」
と絶叫して、二百何十人かの全員が総攻撃で敵陣にとびこむ如く、その意気は素人らしくて、かへって良かったのである。

→ Freude! いまの時代でもアマチュアたちは総攻撃していますよ~

↑ 1970年日本フィル春季定期。
6月17日は小澤征爾指揮でマーラー8番。

↑ 当時の日本フィルの団員表。コンサートマスターはルイ・グレーラー(Louis Graeler 1913-1987)、アシスタント・コンサートマスターは瀬戸瑶子さん。

 

以下、小澤征爾さんのレコードの宣伝です。

 

↓ 裏表紙のステレオ広告(トリオIDS6700)

 

↓ 生誕200周年にベートーヴェン特設コーナーを作った「コタニ」という新宿のレコード店(『芸術生活』1970年2月号)

。。。情報を追加していきます。

コメント (8)

アポロン蓄音機試聴会(名古屋・大阪1932年)

2020-04-10 16:21:51 | オーディオ

【2015年7月30日の記事に画像を追加しました】

『レコード音楽』1932年6月号より、大阪と名古屋におけるアポロン蓄音機の試聴会の様子です。

まずは5月15日の夜、大阪は長堀の「日鮮会館」における試聴会。

主催は心斎橋筋の「酒井公声堂」。




次に名古屋5月17日夜、YMCA大ホールにおける「名曲レコード愛好会」及び「美濃喜蓄音機商会」主催の試聴会です。

ステージ上のえらそうなおじさんは上の写真と同一人物?



曲目はといえばHMV当時の傑作レコード、ドビュッシーの前奏曲第1巻(コルトー)をはじめ、パガニーニの第1ヴァイオリン・コンチェルト(HMV)、ベートーヴェンのスプリング・ソナタ(英国コロムビア)等、日本未発売の優秀レコードで飾られたそうです。


。。。大阪・名古屋とも満席に見えますね。88年前の日本にはすでに熱心な音楽・オーディオファンがたくさんいたようで、うれしくなります!

 

(参考) 同じ雑誌から、大阪での試聴会の主催者である酒井公声堂の広告。

 

↓ 毎日年鑑1921年(大正10年)版より。「結極は酒井でなうては調ひませぬ」およそ100年前の良き時代の雰囲気が伝わります。

コメント (2)

NHKスタジオで演奏した来日演奏家(1936~37年)

2020-04-08 21:10:06 | 来日した演奏家

日本放送協会『ラヂオ年鑑』昭和11年及び12年版からNHKラジオのスタジオで演奏した際の来日演奏家の画像です。豪華な顔ぶれ。

 

1936年5月13日
エマーヌエル・フォイアーマン(Emanuel Feuermann, 1902-1942)

 

1936年5月31日
ジャック・ティボー(Jacques Thibaud, 1880-1953)

 

1936年10月7日
グレゴール・ピアティゴルスキー(Gregor Piatigorsky, 1903-1976)

 

1937年1月29日
ミッシャ・エルマン(Mischa Elman, 1891-1967)

↑ ピアニストは誰だか調査中

 

【追加: 海外音楽家以外】

1936年1月3日
諏訪根自子(1920-2012)

 

1936年5月20日
ジャン・コクトー (Jean Cocteau, 1889-1963)
堀口大學(1892-1981)と

 

1937年2月11日
映画『新しき土』の監督アーノルト・ファンク(Arnold Fanck, 1889-1974)と原節子(1920-2015)

 

情報を追加修正していきます。

コメント (2)

ケンプ初来日・演奏会日程(1936年)

2020-02-14 19:10:35 | 来日した演奏家

【2016年8月15日の記事にポリドールの広告とそれに基づく情報を追加しました】

ピアニスト、ヴィルヘルム・ケンプ(Wilhelm Kempff, 1895-1991)はドイツ政府の音楽使節として1936年4月1日(水)に初来日しました。戦前のケンプ来日はこのときだけです。
『レコード音楽』1936年4月号と5月号に公演日程が記載されています。

↑ 来日記念・皇帝のレコード。ペーター・ラーベ(Peter Raabe, 1872-1945)指揮ベルリン・フィル。

 

↑ この画像を2020年2月14日に追加しました。大切な情報が含まれています。

 

↑ 「さよなら演奏会」第一夜、第二夜。

 

以下、判明した範囲内での日程と曲目です。

1936年(昭和11年)

4月 7日(火)東京・ドイツ大使館(歓迎演奏会)

4月10日(金)リサイタルに先立って東京NHKによりラジオ放送。曲目不詳

4月11日(土)午後2時~3時 サイン会 銀座3丁目ポリドール宣伝部にて(皇帝のレコード購入者対象)

4月13日(月)東京・日比谷公会堂 午後7時
【ベートーヴェンの夕】
月光ソナタ、ワルトシュタイン、ロンド ト長調 Op.51-2、バガテルOp.33より2曲あるハ長調のうちのどちらか、エコセーズ(スコットランド舞曲)、熱情ソナタ

4月14日(火)東京・日比谷公会堂 午後7時
【ベートーヴェンの夕】 貴志康一指揮新交響楽団
「エグモント」序曲、ピアノ協奏曲第3番、ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

(4月13日、14日の入場料 5円、3円、2円)

4月15日(水)仙台・文化キネマ

4月20日(月)札幌 ←会場調査中

4月22日(水)午後7時30分 東京・新交響楽団第166回定期(指揮/貴志康一)
ベートーヴェン:「コリオラン」序曲、バッハ:ピアノ協奏曲ヘ短調、モーツァルト:ピアノ協奏曲ハ長調K467(ブラームス:ピアノ協奏曲第2番の予定を変更?)、ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番

4月23日(木)東京丸の内・明治生命講堂 午後7時
【バッハ研究の夕】

フランス組曲第1番、平均律クラヴィーア曲集(どっち?)よりプレリュードとフーガ嬰ハ長調、ニ長調。ゴルトベルク変奏曲

4月25日(土)東京・明治生命講堂
【ベートーヴェン研究の夕】
後期ピアノ・ソナタ4曲(Opp.106,109,110,111)

(4月23日、25日の入場料5円、2円。二日共通券8円)

4月26日(日)名古屋市公会堂

4月27日(月)京都・朝日講堂

4月28日(火)大阪・中央公会堂

4月29日(水)大阪・中央公会堂

5月 2日(土)広島 ←会場調査中

5月 5日(火)博多・仏教会館

5月 7日(木)神戸・海員会館

5月11日(月)東京・明治生命講堂
バッハ-ケンプ編曲:イタリア協奏曲、ベートーヴェン:悲愴ソナタ、モーツァルト:ソナタ イ長調K331、ベートーヴェン:ハンマークラヴィーアOp.106

5月12日(火)東京・日比谷公会堂
貴志康一指揮新交響楽団
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番、モーツァルト:ピアノ協奏曲ニ短調K466、ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

 

。。。情報を追加していこうと思います。戦前ケンプのライヴでゴルトベルク変奏曲やハンマークラヴィーアを聞けた聴衆はラッキー! ちなみに2度目の来日は18年後、1954年です。ケンプは全部で10回も来日しているそうですね。

↑ 4月号より当時のケンプ。

コメント (2)

マーラー「復活」、3番のベートーヴェン引用?

2019-11-24 01:09:26 | メモ

1. マーラーの交響曲第2番の第3楽章にベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第10番の第3楽章のメロディが引用されていませんか?

↑ マーラー復活の第3楽章よりヴィオラの旋律(練習番号32、楽章開始から1分40秒くらい)

 

↑ ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ第10番第3楽章トリオ

 

 

 

2. マーラー交響曲第3番第6楽章

↑ 9小節からのチェロの歌(とても表情豊かに、音の長さを十分に保って)

 

 

↑ ベートーヴェン、選帝侯ソナタ第2番ヘ短調WoO 47-2の第2楽章冒頭。これはちょっと無理がありますかね

 

。。。いろいろなところで指摘されていると思いますが一応メモっておきます。

コメント (2)