2021-10-17 第32節(ホーム)仙台戦 2-0 新太先制・ダメ押し 2ゴール! サバイバルゲーム完封勝利!

2021-10-19 17:54:00 | 大分トリニータ
トリニータ 勝ちました~!
勝つって本当に良いですねぇ。
人にやさしくなりますね。
嫁になんでも買ってあげたくなるような、そんな気分です(あくまで気分ですが(笑))

ということで、勝った試合はなぜか写真が多いので先に謝ります、ゴメンナサイ(笑)



//////////////////////////////////////////////////////////

子供ができました!
といっても特大ニータンの事ですが(笑)
名前は『おーちゃん』
孫が命名したのですが(大きいから)というのがその理由。
今日はその子と初参戦です。
見た目よりは軽いのですが、それでも無理は禁物。
キャリーに乗せると、あ~ら不思議ピッタリです(笑)


ただ、この日ドームに連れていくにあたって一つだけ大分FCさんに確認しました。

『特大ニータンをドームに連れていきたいのですが、大きいので席を一つ取ることになります、そこは大丈夫でしょうか?』

答えは
『大丈夫です。
ニータンではありますが本物のニータンは下にいますので、あくまでも"大きな荷物"という認識でお願いします』

私の中では(おそらく大丈夫だろう)と思っていましたがモヤモヤしたままでは嫌だし、その事で何か言われるのも嫌なのでそこはあえて聞きました。
とはいえ、大きいことに違いはありません。
そこで後ろの席のサポさんにはひと言『大きいので迷惑をかけます』と声かけをしました。
『大丈夫ですよ、可愛いですね』と快く承諾してくれました。

これで次からも連れて行くことができます。

『後ろの席のご夫婦さん、ありがとうございました』



コロナ禍の中でなかなかドームに来れなかった県外の仲間が今日はたくさん来てくれました。
(仲間がお菓子を口に入れて遊んでました(笑))


///////////////////////////////////////////

幼稚園の頃から知ってる子ですが立派な青年になって、心の中はウルウル。



///////////////////////////////////////////

お久しぶりです。
お元気そうでなにより、本当にお会いしたかったです。


///////////////////////////////////////////

こぱんつちゃん。
最初にあったのはまだ赤ちゃんやったのに。
大きくなって!
(顔出しはお父さんから許可をいただいています)

試合前は泣いていたのに(笑)


試合後はこぱんつちゃんに『ピースして』と言うとちゃんとしてくれました。
子供はすぐに慣れてくれるから嬉しいですね。


///////////////////////////////////////////////

子供といえばこの日は”おーちゃん”を連れているからか、たくさんの子供さんから声をかけられました。
こちらは髪が長い可愛い女の子。


ハロウィンが可愛い子供さん2人。
(顔出しはお母さんから許可をいただきました)


お揃いのコーデの可愛い女の子2人。


こちらも可愛い女の子と5人の美女(笑)


え~と、た~くさんの美女!
(けっして手抜きで書いているのではありません、念のため(笑))

その他にも数人の方から「ヒロボーさんですか」と声をかけていただきました。
「ありがとうございます」

コロナも落ち着いてきましたし、これからも気軽に声をかけてください。


ゴール裏にも「特大ニータン」発見!


こちらは150人の仙台サポさん。
遠いところをありがとうございます。


////////////////////////////////////////////////////////////

この大事な一戦にはやはりベテランが必要です。
5試合ぶりの司。


そして15試合ぶりのスタメンのレイチェル。


あの苦しいJ3を知っている選手の名前がスタメンにあると、それだけで嬉しくなります。


ハロウィンのニータンと


リッジー。
リベンジのリッジーがドームに来てから負けなしというから凄い。



いつものように北斗のほっぺプーに伊佐の変顔に高木の気合から始まった絶対に負けられない仙台戦。


ドームに来れない仲間から託されたこの想いと共にサポも戦います。
                     
「絶対残留  生き残るのは俺たちだ!!」



     
「試合開始」


レイチェルとのマッチアップは福森選手(フック)
懐かしさはあっても試合中は敵。


もし、レイチェルのクロスで伊佐がゴールを決めたら・・・



躍動するレイチェルにワクワクは止まらない。


前日16位の徳島が敗れたのでこの時点で勝ち点差は「5」


もしこの日勝てばその差は「2」となり背中が観えてくる。
もちろん選手もそのことは十分わかっていること。


ゲームを支配しているのは大分。
ただ慎重になりすぎているのかシュートが無い。
得点をしなければ勝ち点「3」は奪えない。


怖いのは仙台の引いて守ってからのチャンスとみるや素早いカウンター。
いくらゲームを支配していてもこの1発が怖くて仕方がない。


先制点がどうしても欲しい。
惜しかったのは「39分」
レイチェルからのマイナスのボールに北斗がクロス。


伊佐がバックヘッドで合わせたが枠の外。


40分過ぎ、レイチェルにアクシデント。


1度は立ち上がったが・・・


すぐに痛そうにしていた。
大丈夫だろうか?
何事もなければいいが・・・
無理はしないでほしいもの。


43分
松本 怜 → 刀根 亮輔に交代。



//////////////////////////////////////////////////////////////
      
「ハーフタイム」

前半を終わって 0-0 
帰ってくる選手にねぎらいに走ったのはノム。
優しさにもいろいろあって、大きく分けて声をかける優しさと黙って見守る優しさがある。
彼は前者なんだろう。



//////////////////////////////////////////////////////////
    
「後半開始」


円陣を組み高木が気合を入れる。
前線でプレスをかけ続ける選手。


セカンドボールを奪い仙台のチャンスをつぶし守備から攻撃へとチェンジする。


大分のゴール前にはエンヒキが立ちはだかる。
仮にそこが突破されても守護神高木がゴールを守る。
鉄壁のDF陣が頼もしい。


さぁ何としてもゴールをこじ開けるぞ!
ヤマトが


香川が躍動する。


「50分」
ついに試合が動いた。
それは北斗のロングフィードから始まった。
北斗のゆっくりした動きから放たれたボールに抜け出したのは伊佐。


GKと1対1に。
左足から繰り出された強烈なシュートがポストに当たり大きく跳ね上がった。


万事休す!
と思われたその時、走りこんだ選手がいた。



新太だ!


体ごとゴールに飛び込んだ新太の気迫。
よくぞ詰めた!


いつものように(笑)ヤマトがおんぶ(笑)
少しよろける新太(笑)


2人で伊佐の元に駆け寄る。


ここで新太が伊佐にハグ・・・ではなくヤマトが一番だった(なんでやねん 笑)


新太は少し照れたように遅れてハグ。


そしてゴール裏に向かってパフォーマンス!


ビックリ顔の先には・・・


サブ組が待ち構えていた。


ワチャワチャの中に北斗が加わり、何が何だか状態に・・


数年前ならここで悪いことをしていた選手が何人かいたが、今はどうなんだろう(笑)
いないかも?


いやいやそうでもない。
長沢とノムの笑顔が怪しいぞ(笑)


大分先制!
大きな大きな先制ゴール!
こじ開けたのは開幕ゴールからなかなか得点ができなかった新太。
しかし彼はいつも「全力でプレー」をしていた。
ある時はそれが空回りしているようにも感じ「もう少し力を抜いたほうがいいのになぁ」と思わないでもなかったがそれが彼のプレースタイル。


毎試合、こんなに一生懸命に体を張ってプレーしているのにゴールという結果が出ないのは悔しいだろうな、とよく嫁と話をしていた。
この大事な一戦で先制ゴールを決めた。
それも自分のプレースタイルで走り、詰めて気迫でもぎ取ったゴール。
貴重な先制ゴール!
       
「ナイスゴール! ナイス新太! ナイス伊佐!」

「新太選手 先制ゴール おめでとうございます!」





///////////////////////////////////////////////////////////////////////

さぁ次の1点をどっちが奪うのかで勝負の行方が変わる。



それはヤマトの献身的なプレーによって生じた。


58分のことだ。
ヤマトがGKにプレスをかけ交錯したと思った瞬間ヤマトの体が吹っ飛んだ。


GKに抗議する伊佐。


もう一人。
主審と共に冷静に抗議する新太。


主審に詰め寄ろうとするGKをなだめているようにも思えるし、諭しているようにも思える。
どちらにしても新太の人柄が出ていて面白い。
正義感が強いんだろうなぁ、って思う。


倒れているヤマトを心配する伊佐とフック(福森選手)
ヤマトに何もなくて良かった。


「50分」
大分に追加点のチャンス。


キッカーはこの日先制ゴールを決めている新太。


落ち着いて蹴れば大丈夫。


GKに読まれてはいたが見事に決めた。



すぐに伊佐とハイタッチ。


そして1ゴール目と同じように少し照れたようにハグ(笑)


優しさにもいろいろあって、大きく分けて声をかける優しさと黙って見守る優しさがある(どこかで書いたような(笑))
北斗はおそらく後者なんだろう(どこで書いたのか忘れてしまった(笑))


そして笑顔で向かった先には「隠れた悪」がいるだろうサブ組(笑)


再び始まったワチャワチャ(笑)



長沢とノムの笑顔を見て疑惑から確信に変わった(笑)


新太、この日2ゴール目!


大分追加点「2-0」

                   
「新太選手 この日2ゴール目 おめでとうございます!!」 



///////////////////////////////////////////////////////////////////

サッカーでは一番危険な「2-0」というスコア。
仙台が1点取れば勝負の行方は分からなくなる。
伊佐が


ヤマトが前線で体を張る。


ヤマトの凄いところは自分の一つのミスに対して物凄い悔しさをみせるところ。
気持ちの強い選手だし、自分に妥協することが嫌いなんだろう。
このプロ魂には尊敬以外の言葉が見つからない。


新太が足をつった。


「75分 」
伊佐 耕平 → 呉屋 大翔
渡邉 新太 → 野村 直輝に交代。


伊佐から代わった呉屋も前線からプレスをかける。


ゴール前ではエンヒキとトニーが高木をアシストし、スキをみせない。



85分、司が呼ばれた。
伊佐とのグータッチで・・・



司に頭を下げながらグータッチをする伊佐。
トリニータの大先輩にたいする伊佐のリスペクトの姿勢が胸を熱くさせる。


88分
町田 也真人 → 梅崎 司に交代


ピッチに感謝し


さぁ、戦え! 梅崎 司!


アデショナルタイム 6分。

いつもなら緊張で息ができなくなる時間帯だが、少しだけ余裕をくれた2点差に感謝(笑)


主審の終了を告げる長い笛が鳴った。


その瞬間、振り返った片野坂監督が突然ワッキーのモノマネの「芝刈り機」を始めた・・・ら面白かったのになぁ、と心の中でつぶやいた(笑)
現実にはそんなことをするわけもなく(笑)



この試合を勝ちにいった必死の形相の片野坂監督の姿がそこにあった。
(片さん、ゴメンナサイ)


終わってみれば2-0。
公式のスタッツは大分シュート8本。
仙台はシュート1本だった。
生き残りをかけたこの試合。
前線でプレスをかけ仙台にサッカーをさせなかった大分の完封勝利に終わった。


少し遠慮がちのスタッフの小さなガッツポーズが好き(笑)

             
「大分よりの使者」

ヒーローインタビューから走ってゴール裏に来た新太。


エンヒキに押し出された(笑)


が、照れながら帰った(笑)


ということで、代わりに陽気なペレイラが登場。


選手は大盛り上がり(笑)


これで終わりかと思ったら新太が再登場。


照れながらもよくぞ踊ってくれた。
それにしてもシャイだなぁ(笑)


今度こそ終わりかと思ったら真打登場!


これぞ正真正銘、ワッキーの真似をする片さんの真似をする高木(笑)

最後にきちんと締めたところはさすがはキャプテン高木だった。


直近5試合の成績を振り返ると。
湘南から始まり鳥栖、名古屋、セレッソ、仙台の5試合で失点はわずかに「1」
DFがいかに安定しているかがわかる。



今季初の2連勝!
ホーム3連勝!



勝ち点は5試合で「10」
得点は「5」と1試合平均「1得点」



MOMは新太と


ヤマト

おめでとうございます。



///////////////////////////////////////////

試合後のフック(福森選手)


残留争いの勝負の後だけに挨拶に来づらかったと思うけど来てくれて「本当にありがとう」

                       
「フック 頑張れ! いつも気にしているよ!」 




////////////////////////////////////////

試合の後。
いつものように選手バスを見送りました。


伊佐くんの伊佐スタグラムにまさかの片さんの登場で思わず吹きました(笑)
さらに刀根君のヒゲの短さは・・気づかなかった(笑)

伊佐くん、いつもありがとう。



さて今節勝ったことで次のアウェー徳島戦がますます面白くなってきました。
その勝ち点差「2」
湘南の結果次第では降格圏脱出も可能な数字になってきました。



ということで、試合前にいつも行く臼杵の福良天満宮へ「必勝祈願」に行ってきました。
10月23日 アウェー徳島戦
10月27日 天皇杯 磐田戦
11月3日 アウェー福岡戦


明日10月20日出発し徳島戦へ。
そのまま帰らずに磐田戦からの福岡戦までの14泊15日の”自走車中泊遠征旅”です。


うちの子(おーちゃん)も一緒に連れていきます。
現地に行かれる皆さん、よろしくお願いします。

絶対に勝ちましょう!!
       
頑張れ! 大分トリニータ!!
頑張れ! 大分12番!!


今節も席までご挨拶に来ていただいた皆さん
声をかけていただいた皆さん
ありがとうございました。










この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2021-10-3 第31節(ホーム)... | トップ | 第33節 徳島戦(アウェー) ... »
最新の画像もっと見る

大分トリニータ」カテゴリの最新記事