湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

北海道マラソン、やっぱり暑いです~。

2014-08-31 23:59:59 | ランニング

朝、実家の窓から空をみると快晴。絶好の観光日和・・・しかし、今日はフルマラソン。ウ~ン。

実家で冷凍保存してあった赤飯を一折胃にねじ込み、6:20の小樽駅発のJRで札幌に移動。

懐かしい景色を見ながら



昨晩買っておいた新倉屋団子でお腹一杯。


札幌駅はランナーさんがぞろぞろ。ウォームアップがてら大通まで歩き、西3丁目のCブロック指定エリアで荷物を預ける。


地下街のトイレに行くとガードマンが誘導がてら監視業務。お疲れ様です。日差しを避け地下街にいたが8時過ぎたのでCブロックに移動。



何と既にブロック後方。


ここで高校の同窓生二人が激励に駆けつけてくれ感激。ありがとう、頑張ります!

さて、おんたけ100km後の疲労回復後、急いで足づくりに励んだが、右足甲と足首が不定期に浮腫み、右足底の筋の強ばり、右足アキレス腱痛も慢性的で結局快方せずにスタートブロック入。

スタート時の気温は22℃だが昼には27度℃になるそうで、結局は暑さとの戦いを強いられる。

目標は足つらずにサブ4。課題はネガティブスプリットに終始してみる。

設定ペースとラップ

5km    5:45   28:45
10km   5:35   27:55
15km   5:30   27:30
20km   5:30   27:30
25km   5:25   27:05
30km   5:25   27:05
35km   5:25   27:05
40km   5:45   28:45
goal    6:00   13:10

3:54:50

と、3:54:00くらいでサブ4を目標とするが、暑さと大汗による痙攣、熱中症が恐怖・・


対策は芍薬甘草湯をスタート前と中間地点で飲み、中間地点以降は練りうめをチビチビ摂取。ジェルは10km以降摂り続けてガス欠のタイムラグを回避していくことにする。冷却はマグダビッドのアームスリーブとレッグスリーブ。

これ、保水してからの気化熱冷却がよいです。

 

シューズはadizero Japan

で、カウントダウンでスタート。Cブロック、ロスタイムは1:09。意外に早かった。





駅前通りをススキノに向かって南下するがブロック入り前に一気に飲んだペットボトルのお茶がキャパオーバーか尿意に坑しきれず、まだ始まったばかりなのにススキノを1km過ぎた辺りの中島公園手前のコンビニに飛び込む。

ところが、先客2名。2分半ロス。外出るとCのゼッケンはほとんどいない。集団に入ったが流石にこのスローペースはまずい。結局、追い抜きで無駄なエネルギーを使わないでおこう、と心に決めておいたのに既に計画倒れ。トホホ。

ところが、D、E集団の密集度は手強くなかなか前に進まない。中島公園を過ぎ、幌平橋を登って降りて・・・

結局

<colgroup><col span="3" width="72" /> </colgroup>
  5km  
  計画 結果
1km 6:00 6:50
2km 5:50 7:40
3km 5:45 5:15
4km 5:35 5:10
5km 5:35 5:35
  28:45:00 30:30:00

げ、いきなり、マズイ・・・10kmで56:40くらいで帳尻をあわせることにする・・・


平岸通りを北上していき、創成川アンダーパスに入る。日陰で涼しいかと思いきや・・・風切る発熱体で満員のトンネル。熱気がこもっていてあまり涼しくない・・・がっかり~~。

10km

計画 5:35ペース ラップ27:55

結果 5:18         26:32

 

と、10kmラップで57分。う~ちょっとマズイ。Cブロックの後半組とDブロック前半組、E,FブロックのなぜE,Fブロックかわからないスピードで走る人たちでまだ集団があまりバラけない・・・なんとか脱出しなくては・・・

 

札幌駅横のJR高架をくぐって西に転じて新川通りを目指す。北大の外周通りを北上していき、新川通りを進み琴似栄町通りに入って

15km

計画 5:30ペース ラップ27:30

結果 5:23         26:57

やっと計画ペース付近に復帰。

 

沿道の力強い声援を受けながら住宅街を琴似2条通りに転じ、西野屯田通から再び新川通りに入る。

20km

計画 5:30ペース ラップ27:30

結果 5:21          26:47

エイドでスイカが出る。旨い! さてここから日陰のない新川通ストレート往復。暑い・・

2kmちょっと毎に給水所があり水には困らないが、皆さんふらふら。飲みながらコース上で立ち止まってしまう人、目の前を横切って水をとりに来る人、カップの回収箱が少なすぎて路上に散乱し溶け出す紙コップ・・・

さながらカオス状態。とにかく前田森林公園を過ぎた折り返しになかなかつかない・・・練り梅ちびちびと、足攣り対策。お~酸っぱい!

途中。先頭集団が折り返して必死の形相・・この暑さで凄いですね~~。

 

25km

計画 5:25ペース ラップ27:05

結果 5:21         26:48

 

やっと折り返しす。来た道の反対車線を遠くにJRタワーを見ながら進む。暑い、暑い~~。

30km

計画 5:25ペース ラップ27:05

結果 5:19          26:38

エイドでまたスイカ! ただ、種を吐き出すと呼吸が乱れる~~。(苦笑)

 

右足裏のバネがなくなる。このまま35kmまで頑張れるか・・・

琴似2条通りの終わりかけで

35km

計画 5:25ペース ラップ27:05

結果 5:28         27:23

やっぱり35kmの壁到来。と、ここで高校の別の同窓生がエール! ありがたい、頑張るぞ~~。

と言っても大汗で、目にも入り痛い・・

 

2kmくらい走ると、沿道のオジサンが「もうすく日陰だ!頑張れ!」と激!

そうこうすると北大構内に入る。ポプラ並木で一気に涼しくなる・・・よし、スパートだ!

と力んだが全然力が出ない。ありゃりゃ・・・。

 

40km

計画 5:45ペース ラップ28:45

結果 5:49         29:06

 

北大構内を抜けるとビル街。道庁に向かい。そこから大通り西8丁目のゴールをめざし最後の踏ん張り。

ラスト!

計画 6:00ペース ラップ13:10

結果 5:48          12:47

 

ゴール!

計画 3:54:50

結果 3:53:23(ネット)

 

ゴールしたら、スタートで応援してくれた同窓生がまた激励!ありがとう!!

 

タオルをかけてもらい、メダルをもらい、

荷物預かり所でまたスイカ補給。旨い。


 

暑さにビビリながら参加した北海道マラソン。練習はボロボロであったが、気温は27℃くらいでなんとか乗り切れた。

それより、最初からサブ4狙いでペース配分の訓練ができたことは大きい。収穫はあった。(トイレが悔やまれるが・・笑)

 

<colgroup><col width="84" /> <col width="81" /> <col span="2" width="72" /> </colgroup>
  計画(ネット) 結果  
Start   0:01:09  
5km 0:28:45 0:30:29  
10km 0:27:55 0:26:32  
15km 0:27:30 0:26:57  
20km 0:27:30 0:26:47  
21.0975km 0:05:56 0:05:59  
25km 0:21:07 0:20:49  
30km 0:27:05 0:26:38  
35km 0:27:05 0:27:23  
40km 0:28:45 0:29:06  
Finish 0:13:10 0:12:42  
       
  3:54:48 3:54:31  
    3:53:22 ネット

 

この後、応援に駆けつけてくれた同窓生と何十年ぶりで旧交を温めることに・・・ビール、うまかったです!

 

コメント (5)

in 札幌、小樽

2014-08-30 23:59:59 | 旅行・グルメ

四年ぶりの帰省。

前日、午前中仕事して、奥さんと米原で合流。中部国際空港へむかう。空港ロビーで何と旭川物産展に遭遇。誘惑に負けて稚内の豪華お弁当を購入。機内で既に北海道モード。





翌日の午前中、小樽の実家から近い墓地で墓参り。不義理お許し下さい。それにしてもよい景色。


その後、札幌の大通公園に移動し、北海道マラソンの受付。





受付後、大通公園の西外れでイサム・ノグチの滑り台オブジェに遭遇。





実家で借りた車を突っ込んだパーキングに向かう途中に北大植物園があったので実は入ったことが無いことに気付き、散策。大都会の中の深い緑を満喫。






ビジネス街なのですぐに入れるお店が見当たらず、京王プラザホテルの和食屋でランチメニュー。鱧の柳川丼。アッサリしていて美味しかったです。(カーボローディング1)


帰路はイサム・ノグチのオブジェを見たんだから、ついでに・・・ということで、2005年にできたモエレ沼公園に寄ってみる。基本設計は存命だった時分に彫刻家イサム・ノグチが手掛けがけ、「全体をひとつの彫刻作品とする」というコンセプトのもとに造成が進められたそうです。


モエレ山。標高62メートル階段階ルート145段。かけ上がったら足がパンパン。大会前の最後の追い込み? 頂上には二等三角点があってビックリ。




ちょうど札幌国際芸術祭2014をやっていて現代芸術作品も展示中。









緑と空の青さで心がリフレッシュ。ところで、湿度は低くヨーロッパみたいからっとしているが日差しは強く痛い。明日はやはり暑さとの戦いか・・・・

夕方
小樽に戻り、ジギスカンで夕食ごはん大盛り2膳とお肉たらふく。(カーボローディング2)




パーキングに戻る途中で懐かしい老舗の新倉屋で明日の車中用の団子を調達。

ひさびさの実家で爆睡でした。両親もそれなりに元気で安心。

コメント (4)

真夏の10km走 撃沈~。

2014-08-23 20:45:32 | ランニング

なんで、8月に梅雨入りするんだ!おまけに、サラリーマンの唯一の距離走積める土日がすべて雨。(激甚災害の地域が気の毒でニュース見るたびに心が痛みます)

本日休日出勤。帰宅後、雲行きが相当怪しいが、10km走敢行。ペース走を考えていたが、今月全然走れてないので勇気を振り絞って追い込み走に変更。

気温27℃。漕艇場-帰帆島-パナソニック保養所手前 折り返し。



で結果は

4:18 え、
4:22
4:18 すでに心臓バクバク
4:26 橋
4:32 もたないのでペースダウン
4:32
4:43 橋
4:43 バテバテ
4:39 何とか45分切れないか!
4:28 必死

で10.01km 45分17秒

やっぱり無理だった・・・(*_*)

今まで一番早い時期のフルマラソン直前練習

20130926  大阪 直前1ヶ月 153km
29140831  北海道 〃      現在150.5km

何とか間に合ったか・・・あとは暑さとの闘い。とにかくサブ4狙い、欲張らない。

コメント

弱気の20kmペース走・・・

2014-08-16 10:17:14 | ランニング

梅雨に戻ったよう天気が続き、北海道マラソンの練習が進まず、日だけが迫る。
今回のレースの最大の課題は熱中症にならずにサブ4できるか?
で、やっと休みになった今日、雨の間隙を縫って朝6時40分から練習開始。

気温27℃。20kmペース走。

5:30/km、27:30/5kmペースで様子みようと琵琶湖岸漕艇場をスタート。烏丸半島方面位に

北上して折り返し。

1 5:14
2 5:15
3 5:15
4 5:20
5 5:15  26:19:00


6 5:20
7 5:20
8 5:20
9 5:20
10 5:20  26:40:00


11 5:26
12 5:19
13 5:20
14 5:20
15 5:15  26:40:00

16 5:20
17 5:25
18 5:25
19 5:15
20 5:15  26:40:00

終了したら1時間46分。気温29度。湿度95%。この状態でビルドアップはしんどい。

判ったこと。

この気温で今の実力ではサブ4は相当厳しい・・・サッポロの新川のストレート往復20kmを乗りきれるだろうか・・

漕艇場前のコンビニで比叡を見ながら一息。

ああ、山に登りたい!

コメント

大いなる野望 石山寺ー音羽山ー比叡ー比良 4(1)

2014-08-10 21:32:01 | ランニング

2014年7月6日に和邇の霊仙山から比叡の山並みを繋いだが、石山寺ー音羽山ー比叡ー比良の可能性を確認できただけで、ルートの確認・整理はしておかなければならない。

ましてや、今日の台風11号のような暴風雨にさらされると、土砂崩れ、杉の倒木で、あれれ???という状態になってしまうことは想像に難くない・・・・

 

以下、2014年7月6日、前半の記録。

毎度のこと、JR和邇駅発の江若バスを7:32に出発。運転手さんが気を利かせてくれ、栗原バス停を少し過ぎたバスの転回場で下車。

田んぼを少し過ぎて登山道へ

7:55

蒸し暑い~~。と言いながら頑張って走る!

ぜーぜー。

8:20 登山届を出す。 昨年8:21 既に大汗! 左に登っていき

赤テープから登っていく。

相変わらず急登・・・

8:55 登頂! 昨年は8:49 登頂後のルートをキョロキョロ探しながら登ったので少し遅い。まぁ、今回は探査なのでどうでも良いが・・・

 

 頂上から、本日の課題のルート探索。前日立てた計画は尾根伝いに南下していく・・・

9:10 ①

9:20 ② 標高520m付近 道は無いが杉林の管理で踏み跡と赤テープがたまにあり、飛ばし過ぎずないよう地図で確認して降りていく。

走れます!

9:26 ③ 標高550m付近上部 ここを下ってみると・・・

9:28 ④ 旧25000分の1地図には無い林道にいきなり出る。(降りる)

途中崩壊はあるが、ガレ場林道が続き、進むと右に下る分岐を進む(まっすぐ進むと霊山を北から巻いて登れそう・・・・)

9:34 ⑤ 新25000分の1にある林道に出くわし東に道なりに下っていく・・・

 

9:45 ⑥ この林道は地図では東に巻いて上がっていくので途中で降りるルートを斜面を見ながら探索していくと途中に踏み跡と赤テープ。作業ルートだが、これを下っていくことにする。

だんだん沢っぽくなってきて・・・

10:08 ⑦ 標高330m」付近

下って右斜面をトラーバース気味に下っていく。踏み跡しかないのでさすがに走れない・・・

ほんとに沢になってきて、ところどころ沢を縫いながら踏み跡を追う。

10:27 ⑧ 沢から上り返して、標高250mの斜面に乗る。振り返ると尾根沿いにずっと道が・・・実はここが正解か・・・

鬱蒼とした林を道なりに下っていくと

10:36 ⑨ 上龍華の集落に降りる分岐に出くわし、右の再び登り返す・・・

集落の取水地を過ぎて

分岐を左に進んで降りると・・・

 

10:46  むむ、なんだ???

げ! 出くわさなくてよかった~~~。

罠をやり過ごすと新しい林道に出る。途中崩落、改修工事・・・

11:00 ⑪ そうこうして降りていくと・・県道に接続。前回の挫折の際はここを横目に見ただけ。道があるとは思わなかった。

11:05 還来神社到着

悪戦の結果は登って降りての9km

還来神社、由緒ある神社です。

 ここで、食事休憩。トイレの水は飲めそうなのでハイドレに水を補給。

比叡の山を目指して国道477を渡るのだが・・・

ところで、こうして地図と睨めっこして振り返ると、比叡から霊仙にトレランで昇には青線が正解みたい・・・・

 大いなる野望 石山寺ー音羽山ー比叡ー比良 4(2) に続きますが、次回はいよいよ比叡の山並みに突入。

といっても、期待する人は京滋地域で数名くらいか・・・・

コメント (2)