ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記

たわいのない日常事をしたためております。

「酔麗花」 面白かったです。  中国時代ドラマ

2020年01月08日 12時40分58秒 | 日記
今年の正月は中国ドラマ「酔麗花」を見ました。

意外と楽しめるドラマでした。

中国人の見方が変わりました。

美男美女ばかりの出演の上に上品な身のこなしなど、言葉も静かで、私の中国観が変わりました。

ドラマだから美女ばかり集めているのでしょうが、隅々の女官にいたるまでが美女でした。

香港の暴動など見ているとなりふり構わない、身なりを気にしない、主張を通しているのか、言葉も乱暴に聞こえてくるのですが・・・

ドラマは魏王朝の優雅な世界でした。

ウィリアム チャンさんがとっても男前で、ドラマを見るのがとても楽しかったです。

3Dを駆使して、少しやりすぎな面もありましたし、話のつじつまが?という場面もありましたが、

全体的にファンタジーの世界ですが、ストーリーの中の聖巫女が自分はどうなろうと愛する人のために時代をさかのぼっても

彼のためによりよい道となれるよう、四苦八苦して未来への道へと導く様は感動でした。

自分の身をすり減らし、聖巫女は彼(凌王)のために時代を切り開いていくドラマでした。

さて最後はどうなったのか・・・見てみてください。

皇子が7人出てきますが、そのいずれも、イケメンでした。

女性も皇子の母役をするような年代の女性もみんなきれいな女優ばかりで、私の中国の見方が変わりました。

いいドラマです。3Dが嫌でなければぜひ見てください。


Comment   この記事についてブログを書く
« 令和二年 新年を迎えて | TOP | 「ミーユエ」  中国ドラマ »
最新の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 日記